山梨学院大学
山梨学院大学 陸上競技部OB・OG会通信
2018.04.01
山梨学院大学 陸上競技部OB・OG会通信
発行 平成30年 4月 1日 第 26 号
発行者 山梨学院大学陸上競技部OBOG会

これからもOBOG会への協力、OBOG会費の納入にご協力をお願いいたします。

「山梨学院大学陸上競技部OB・OG会会則」

第1章総則

第1条(名称)

本会は、山梨学院大学陸上競技部OB・OG会と称し、事務局を山梨県甲府市酒折2−4−5 山梨学院大学スポーツセンター内に置く。

第2条(目的)

本会は、山梨学院大学陸上競技部OB・OG会は、次のことを目的として活動を行うこととする。

(1)山梨学院大学陸上競技部の発展に寄与すること

(2)会員相互の親睦を図ること

第2章会員・役員

第3条(会員)

1 本会の会員は、山梨学院大学陸上競技部を卒業したOB・OGを本会員とする。

2 本会の目的に賛同する次の者を、特別会員、賛助会員として会員とすることができる。

(1)特別会員第2条1項に規定する目的について賛同する者。ただし、本会の総会及び役員会において承認を得た者とする。

(2)賛助会員第2条1項に規定する目的について賛同する者。ただし、山梨学院大学に在籍したことがあり、かつ山梨学院大学陸上競技部に在籍したことがある者。

第4条(役員)

本会には次の役員を置く。

顧問1名・会長1名・副会長2名・監査2名・事務局長1名・事務局員2名・幹事8名

第5条(任務)

1 役員の任務は次のとおりとする。

(1)会長会務を統括し、本会を代表する。

(2 )副会長会長を補佐し、必要あるときにはこれを代行する。

(3)事務局長本会の事務局をつかさどる。

(4)事務局員事務局長を補佐し、本会の事務及び会計をつかさどる。

(5)幹事総会及び交流・親睦事業を企画・運営する。

(6)監査会計事務を監査し、総会においてこれを報告する。

2 前項(5)幹事については、会の運営上増員が必要と思われる場合には、役員会において増員することができるものとする。

第6条(任期)

役員の任期は、必要に応じて総会にて決定する。

第3章総会及び親睦・支援・応援事業

第7条(総会)

総会は、本会の最高決議機関であり、定期総会と臨時総会がある。

1 定期総会会長が招集し、原則として5月に開催し、次の事項を審議・決定する。

(1)活動計画、活動予算に関する事項

(2)活動報告、決算報告に関する事項

(3)会計監査報告に関する事項

(4)役員の承認に関する事項

(5)会則の変更に関する事項

2 臨時総会会長が必要であると認めたとき、会長がこれを招集する。

3 議決総会の議決は、出席者の過半数をもって決定する。ただし、特別会員及び賛助会員については議決権を有しない。

第8条(役員会)

役員会は、役員により随時開催し、その決議については総会に準じて行う。会長は、役員会の決議について本会員に適宜報告するものとする。

第4章支援・応援・親睦事業

第9条(支援・応援・親睦事業)

1 本会は、山梨学院大学陸上競技部の発展に寄与すること及び会員相互の親睦を目的に次の事業を行う。

(1)山梨学院大学陸上競技部に対する支援事業

(2)山梨学院大学陸上競技部への応援事業

(3)本会員、特別会員及び賛助会員による親睦会などの親睦事業

(4)その他、前号までの事業を補完するための事業

2 第9条1項の各事業の内容については、次のとおりとする。

(1)支援事業合宿、栄養費補助並びにユニホーム補助等の支援を行う。

(2)応援事業各種大会、合宿での選手への応援、激励等を行う。また、各支部(別表1)を組織し、支部地区内において大会等が開催される際、選手への応援激励等を行う。

(3)親睦事業関東学生対抗選手権大会・箱根駅伝・全日本大学駅伝・出雲駅伝・広島都道府県対抗駅伝・高校IHの開催の際にOB・OG間相互の親睦を深めることを目的にOB・OG会を開催する。

3 その他、必要とされる事業については、総会にて決定する。

第5章(会計)

第10条(経費)

本会の経費は、会費・寄付金・賛助金、その他の収入をもって充てる。

第11条(会費)

1 本会の会費は、年額1口5,000円とし上限は設けない。

2 特別会員及び賛助会員の賛助金は、5 , 0 0 0円とし上限は設けない。

第12条(徴収)

本会の会費は、本会の指定する期日までに指定する口座へ振り込むものとする。

第13条(会計年度)

本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年の3月3 1日までとする。

第6章慶弔

第14条(報奨金)

会員が、オリンピック・世界選手権の国際大会に出場する場合は、報奨金を贈呈する。

第15条(弔慰金)

会員が、疾病等により死亡した場合は、弔慰金を支給する。

第16条(その他)

慶弔金については必要に応じて役員が協議し決定する。

第7章その他

第17条本会の会則に定めるもののほかは、総会において定めることができる。

今年度もキャプテンの引き継ぎ式が行われました。永戸キャプテンのもと今シーズンがスタートしました。今シーズンは予選会2 本と厳しい状況ではありますが選手、チーム一丸となってやってくれることを信じ応援をしていきましょう!OBOG会の応援スケジュールを掲載いたしました。ぜひ多くのOBOGが応援にお越しいただければと思っております。よろしくお願いいたします。特に予選会の全日本、箱根には多くの方にお越しいただければと思います。まちがいなく選手の力となることでしょう。グラウンドでお待ちしております。今年度もO B O G会への新規加入がありました。3月14日の陸上競技部総会において加入の説明を高畑・山田OBが行ってきました。横のつながりだけでなく縦のつながりも太いものにしようと呼びかけました。卒業生に向けて上田監督よりお祝いの言葉が述べられました。社会へ出てからの心構えなど心温まる言葉でした。在校生から卒業生に向けて記念品の贈呈が行われました。4年間苦楽をともにした先輩との別れを惜しんでいるようでした。卒業後も競技を続ける者もおり実業団でも活躍する姿を見せてくれることを期待しています。世界大会等に出場の際には激励金がOBOG会から支給されます。頑張ってください。そして新入生です。19名の加入となりました。それぞれに目標もちこれから4 年間頑張るとの決意表明が行われました。良いときばかりではないと思います。ひとりで悩まず、先輩やOBに相談するのも良いと思います。これからの活躍に期待していきましょう。困っている後輩がいましたらOBOGの皆さん協力してあげてください。お願いします。先日の東京マラソンの後、OBからサイトの書き込みを見つけて連絡をしてくれました。井上OB、そのほかの現役OBの活躍を見ての書き込みと思います。陸上競技をよく見てみる方だということが伺えます。卒業後の活躍もそうですが、OBOGは、やはり大学時代の活躍も期待しています。頑張ってください。いつまでも応援をしています。

今年も電車応援隊の一員となって応援をしました。毎年集合してくれているO B O G 、家族の皆様そして関係者の皆様には感謝申し上げます。正月の風物詩とはいうものの正月の2日間、応援していただけることに感謝です。ありがとうございます。ここ数年、レースのペースや順位により電車での応援も過酷な状況となっています。前半の1・2・3区は電車の時間との闘いにもなっています。駅までのダッシュ、速歩は当たり前のになってきています。少しでも余裕のあるレース運びになることを期待しています。年齢とともにきつくなるのがわかるようになってきています。応援態勢も見直す時期に来ているかもしれません。若い力の加入でこの電車応援隊を存続していただければと思っています。この隊への参加お待ちしております。選手達も持てる力を出し頑張っています。沿道での「YGU」の旗がまだまだ少ない状況です。ぜひ多くのOBOGの応援をお待ちしています。ひと区間でも「YGU」の旗で埋め尽くそうではありませんか!ぜひぜひ応援にご協力をお願いいたします。O BOGだけでなく卒業生の保護者の皆様、ご家族のかたのご協力もお願いいたします。写真提供は中野・高畑OBから頂きました。毎年ありがとうございます。今年の悔しさを来年に向けて晴らして欲しいですね。そのためにも先ずは予選会となります。1 0月の立川市昭和記念公園で開催されます。応援計画について直前にお知らせさせて頂きますが、今から日程調整をしていただき応援にお越し下さい。お待ちしております。大会終了後には、O B O G会を開催いたしました。日本橋にあります「がんも亭」。毎年店長が箱根駅伝好きもあり何より山梨学院を好きでいてくれることから正月のこの時期にお店をわざわざオープンしてくれています。こちらにも感謝です。色々な方に支えられていることをひしひしと感じる瞬間でした。参加者も創部当初のメンバーが若い世代のメンバーも参加して欲しいと思うところです。来年はぜひ参加して頂ければと思っております。保護者の方もぜひ参加してみて下さい。お待ちしております。

ご存知のように井上OBが東京マラソンで活躍をされました。お疲れ様でした。アジア大会マラソン代表に決定しました。こちらも応援をしていきましょう!そんな井上OBが後輩の激励に甲府へ来てくれました。後輩達の刺激になったことでしょう。

そして、競歩で藤澤OBが世界競歩チーム選手権の代表に選出されました。こちらも応援をお願いします。その他にも琵琶湖毎日マラソンでは、小山・谷原OB、別大マラソン大谷OB、まだまだ様々なマラソンをテレビで見ているとOBOGの顔が見れたことがとても嬉しかったですね。これからも活躍されることを期待しております。地方でのマラソン大会でもO Bが集結しそれぞれに楽しんでいるようですね。( 熊本城・鹿児島・那覇・福岡・愛媛・岡山・姫路城・加古川・京都・金沢・富山・東京・つくば・水戸黄門・福知山・大阪・神戸・北九州マラソンなどなど)トレイルランでも荒木・牧野OBなどが活躍しています。情報をお寄せ下さい。ひとりで調べるには限界があります。ぜひご協力をお願いします。写真提供は梶川OB。関西で行われる大会には応援に行っていただいています。皆さんも応援にお越し下さいとのことです。お待ちしております。

思い出の場所シリーズ第2弾。甲府駅北口からまっすぐに伸びた道を行くとそこに神社が。そう「武田神社」にぶつかります。朝練でよくいきましたよね。それと一番は各種駅伝、インカレのメンバー発表の時に集合がありましたよね。皆さんはどんな思い出がありますか? 懐かしい一枚ですね。今回も手塚O Bの写真をしようさせていただきました。すみません、ありがとうございました。次回はどんな場所が届くか楽しみにしております。勝手にすみません。

OB会費の納入のお知らせ
OBOG会費の納入をお願いいたします。選手のユニホーム・合宿・各種大会での激励に使用していきます。ご協力をお願い申し上げます。
今年度より「ゆうちょ銀行」への振り込みも可能となりました。よろしくお願いいたします。
振込先:  山梨中央銀行 湯村支店 普通 450593
山梨学院大学陸上競技部OB  代表 伊東宣明

ゆうちょ銀行 058 普通 8147528
山梨学院大学陸上競技部OB会 代表者 伊東宣明
事務局からのお願い
「重要」
住所変更時には連絡をお願いします。
通知等を送付しても届かないことがあります。変更がありましたら、必ず事務局へ連絡をするようお願いします。
また、通信への情報提供についても事務局へ送信してください。
≪事務局≫
山梨県甲府市酒折2−4−5
山梨学院大学スポーツセンター内
陸上競技部 飯島
TEL 055ー224−1329/FAX 055−224−1387
E-mail m-iijima@ygu.ac.jp
編集雑記
今年度は勝負しなければいけない場面が多くなりそうで心臓に良くないですね。そこはOBOGの応援で乗り切っていければと思っております。現地へ応援にお越しください。今回初めてOBOG会の規約を掲載させて頂きました。これからも会員皆さんのご協力、ご支援が必要です。よろしくお願い申し上げます。関東インカレではOBOG会を開催します。北條OBが会場をセッティングしてくれました。多くの参加お待ちしています。6月全日本予選会。8月には車山へ合宿激励へいきます。希望者はご連絡下さい。これからも皆さんの協力により会の運営を行っていければと思っています。よろしくお願い申し上げます。
(S63卒H/Y)
平成30年4月1日 第26号 平成29年11月1日 第24号平成29年4月1日 第22号平成28年12月1日 第21号平成28年10月1日 第20号平成28年7月1日 第19号平成28年5月1日 第18号平成27年12月1日 第17号平成27年10月1日 第16号平成27年7月1日 第15号平成26年12月1日 第14号平成26年10月1日 第13号平成26年4月1日 第12号平成25年12月1日 第11号平成25年10月1日 第10号平成25年4月1日 第9号平成24年12月1日 第8号平成24年10月1日 第7号平成24年4月1日 第6号平成23年12月1日 第5号平成23年10月1日 第4号平成23年7月1日 箱根駅伝予選会特集号| 平成23年4月1日 第3号平成22年12月1日 第2号平成22年4月1日 第1号平成21年12月1日 箱根駅伝特集号
Yamanashi Gakuin
Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.