トップページ > 教員一覧 > 森 幸也

山梨学院大学 教員プロフィール

スポーツ科学部スポーツ科学科 教授

森 幸也(もり ゆきや)

担当科目
基礎生物学
科学史Ⅰ
科学史Ⅱ
人間と科学Ⅰ
人間と科学Ⅱ
現代科学論Ⅰ
現代科学論Ⅱ
講義日
水曜日・木曜日・金曜日
研究室
40号館(経営情報学部棟)4F 4-15研究室
専門分野
科学史、生物学史
最終学歴
東京大学大学院理学系研究科科学史・科学基礎論博士課程退学
取得学位
理学修士(東京大学)
主な所属学会
日本科学史学会、エントロピー学会、山梨科学アカデミー

主な研究業績

論文「平均律と楕円軌道―「ゆがんだ真珠」の2変奏―」『山梨学院大学経営情報学論集』
論文「教育成果におけるエヴィデンス主義・実証主義の限界―ガリレオの倒錯―」『山梨学院生涯学習センター紀要』
論文「17世紀前半における、近代科学の確立とバロック音楽誕生の共通構造」『山梨学院大学経営情報学論集』
論文「科学論争における固定的自然観の影響―常識的・日常的自然観の呪縛―」『山梨学院大学経営情報学論集』
論文「IPCCレポート(2007)におけるコンピューター予測の問題点」『山梨学院大学経営情報学論集』
論文「IPCCレポート(2007)における論理構成上の問題点」『エントロピー学会誌』
論文「科学史の視点から見た地球温暖化要因論争の構図」『山梨学院生涯学習センター紀要』
論文「ラマルクとベートーヴェン」『生物学史研究』
論文「18世紀生命科学と西洋古典音楽における生命観・音楽観の変遷の並行性」『生物学史研究』
論文「18・19世紀における科学史と音楽史に見られる並行性」『山梨学院大学一般教育部論集』
論文「ラマルクの自然発生説の検討」『科学史研究』
論文「ラマルクの分類概念の謎」『生物学史研究』
論文「ラマルクの目指したこと」『科学史研究』

教育のヴィジョン

 学生にとって、大学での4年間の意義は、まず第一に、人間的に成長して、立派な社会人になる準備をすることでしょう。自ら主体的に考え、自ら学び、自ら判断して将来を切り開いていく、そのような自律的な人間に成長して、卒業していってほしいと私は願っています。
 教員の最も重要な役割は、学生の成長を後押しすることだと考えます。授業やゼミは、その手段であって、主役の学生の脇役、との位置づけと理解しています。

主な教育・指導

 かつて、「総合基礎教育セミナー」において、「科学史」という学問分野の方法論・研究方法を、少人数の学生に、具体的に、詳細に指導した。(現在、この科目は担当していない)

主な学内活動・社会活動

[学内]
以下の全学委員会の委員を務めた経歴がある。
・大学教育改革委員
・新入生研修企画運営委員
・カレッジ・アスリート支援委員
・生涯学習センター運営委員

[学外]
東京国際芸術協会主催、2010年TIAA全日本作曲家コンクールに入選。
入選曲:森さちや作曲「蝶の覚醒―オーボエのための六重奏曲―」