トップページ > 教員一覧 > 齊藤 実

山梨学院大学 教員プロフィール

経営情報学部経営情報学科 教授(学部長)

齊藤 実(さいとう みのる)

担当科目
マルチメディア論Ⅰ
マルチメディア論Ⅱ
情報数学Ⅰ
情報数学Ⅱ
基礎数学Ⅰ
基礎数学Ⅱ
コンピューターリテラシー
経営情報ゼミナール
専門ゼミナールⅠ
専門ゼミナールⅡ
講義日
火曜日・水曜日・木曜日
研究室
40号館(経営情報学部棟)3F 3-8研究室
専門分野
IT全般(特に、誤り訂正符号理論・光ディスクシステム)
最終学歴
山梨大学工学部卒業
取得学位
工学博士(名古屋大学大学院)
主な所属学会
電子情報通信学会、情報処理学会、経営行動研究学会 、山梨科学アカデミー

研究のヴィジョン

電算機センター長として、コンピューターを利用した研究環境のさらなる充実を目指しつつ、私の専門分野である光ディスク記憶の符号理論の研究に取り組んでいきたい。

主な研究業績

著書:4編(アルゴリズム辞典等)
学術論文(査読済み):30点(電子情報通信学会及び米国電気学会など)
解説・書評等:32点
光ディスク国際会議・学会研究会における口頭発表:多数
特許出願:53件

NTT本社研究所(旧・電電公社武蔵野電気通信研究所)在職中、日本電信電話株式会社社長表彰(発明考案部門)を『高速大容量光記憶装置の実用化』という研究開発業務にて受賞しました。

光ディスクのグローバル・スタンダード(国際標準化)会議などに出席し、光ディスクのISO規格の作成・制定に寄与しました。

産学官連携IT研究プロジェクト『複合映像データベースネットワークシステムの研究開発』が通信放送機構(TAO)に採択されました(研究費:1億円)。この研究プロジェクトリーダーとして、総務省・山梨県・NECなどと共に研究開発事業を完遂しました。この成果として、特許出願や学会発表を果たすとともに、学生参加のネット・インターンシップの実証実験も実施しました。
平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(1)課題番号16510127「ジョブ・インターンシップと人材情報システムに関する研究」に関わる研究に従事しました。

教育のヴィジョン

授業やゼミナールの中で、私の研究内容をなるべく分かりやすく話すことにより、多くの学生がITへの興味を抱くよう指導していきたい。  

特に、ゼミナールでは、NTTという大企業で勤務していた様々な経験を学生に伝え、就職活動などゼミ生の将来に少しでも役立ったらと思います。

主な教育・指導

(1)山梨大学工学部非常勤講師を5年間務めました。
(2)毎年、3年生・4年生各々20名前後のゼミ生に対して、IT関係の研究に関する指導を行っています。これまでに約350名以上のゼミ卒業生を社会に輩出しています。
(3)山梨県・やまなし産業支援機構主催の第1回ビジネスプラン・コンテストにて3名のゼミ生がビジネスプラン優秀賞を受賞しました。彼らは本学の“Student of the year”にも選出されました。また、第4回ビジネスプラン・コンテストでもゼミ生が優秀賞を受賞しました。

社会活動のヴィジョン

生まれ育った郷土山梨のさらなる活性化のため、微力ながら尽力したいと思っています。将来ヴィジョンを共有する甲府一高の同窓生などと共にNPO化も構想しています。

主な学内活動・社会活動

(1)自治体等の依頼を受けて多数の委員等を歴任致しました。その主なものを以下に示します。
全国マルチメディア祭実行委員会幹事・中央コリドー高速通信実験プロジェクト推進委員会委員・山梨県新しい都市づくり委員会委員・山梨県研究開発助成事業審査委員会副委員長・山梨科学アカデミー賞選考委員等
(2)各自治体などが主催する生涯学習関係の講師を多数回引き受けました。
(3)山梨放送のYBSラジオセミナー講師および1年間番組キャス ターとして出演し、IT関係の解説などを致しました。
(4)朝日新聞・山梨日日新聞などの取材を受けて、産学官連携IT研究プロジェクト(複合映像データベースネットワークシステムの研究開発)に関わる記事を数回掲載されました。