トップページ > 教員一覧 > 野原 博淳

山梨学院大学 教員プロフィール

現代ビジネス学部現代ビジネス学科 教授

野原 博淳(のはら ひろあつ)

担当科目
経営管理論Ⅰ
経営管理論Ⅱ
国際経営論Ⅰ
国際経営論Ⅱ
演習Ⅰ
演習Ⅱ
講義日
水曜日・木曜日
研究室
50号館(大学院棟)3F 3-6研究室
専門分野
企業論 組織論 労働経済論 企業の国際比較研究
最終学歴
仏国立エクス・マルセイユ大学経済・経営大学院修了
取得学位
PhD-経済学学術博士  (仏国立エクス・マルセイユ大学)
主な所属学会
Society for Advancement of Socio-Economy, Industry Studies Association‐Sloan School of Management, Association Française de l`Economie Politique, 日仏経営学会

研究のヴィジョン

私の専門領域は、産業、企業そして労働の国際比較研究です。国際比較は統計や数字だけに頼らず、ミクロレベルでのフィールド調査が必須です。マクロとミクロをうまく調和させて、はじめて統計(数字)の真の意味が理解できます。また、分析対象が埋め込まれた社会文脈を理解するには、色々な学問分野から借りた方法論を必要とするため、必然的に学際的なアプローチをとることになります。手間と暇がかかりますが、現代の諸問題を分析するためには必要かつ有効な研究方法だと思っています。

主な研究業績

<査読付き論文>
(2014) Working Conditions, Satisfaction of front-line agents and their intent to quit or stay in French and Japanese call centers、Review of Human Resource Management 94, p.39-55 (with Nitta, M.)

(2013) Les conditions d’activité des femmes en couple: une comparaison entre la France et le Japon、  Revue Française de Socio-Economie, 12. p. 149-170 (with Dupray, A.)

(2013) Can hybrid organizations-- based on the combination of long-term employment and performance-related pay--operate effectively in Japan?、Evolutionary and Institutional Economics Review, 10、2. pp.217-243 (with Miyamoto, M.)

(2010) Employer Strategies and Wages in New Service Activities: A Comparison of Coordinated and Liberal Market Economies、British Journal of Industrial Relations, 48, 2. pp. 400-435 (with Batt R. & Kwon P.)

(2010) How well-rewarded is inter-firm mobility in the labour market for scientists and engineers? New evidence from the UK and France、Economics of Innovation and New Technology, 19,5. pp. 459-480 (with Mason G.)

(2009) Institutional Change and the Restructuring of Service Work in the French and German Telecommunications Industries、European Journal of Industrial Relations 15, 4. pp.373-394 (with Doeglast V. & Tchobanian R.)

(2009) How Institutions and Business Strategies Affect Wages: a Cross-National Study of Call Centers、Industrial and Labor Relations Review 62, 4. pp.533-552, Cornell University, USA. (with Batt R. )

(2009) Biopharmaceutical entrepreneurship in two Japanese and French bioclusters: differences in founder profiles and experience、Asian Business & Management Vol.8, N°4. pp.429–460 (with Lanciano C, Jolivet E, Pardo A)

(2007) フランス医薬品産業の再編:企業合併とアライアンス 『医療と社会』(Vol.17 No.1)   pp.71-89. 医療科学研究所 (野原博淳)


<口頭発表>
(2015) Wage careers of engineers in 6 OECD countries, UNI Global union annual meeting, Doshisha university Tokyo office, Tokyo, 20th November,  20th November

(2015) 労働条件、職場環境、職業満足度とキャリアー形成:日仏コールセンターの比較 「日仏経営学会 第65回全国大会」, 専修大学,  5月13日

(2013) The production of young scientists in France and in Japan with a special reference to the life sciences, The Conference 「Regional Innovation and Technology Transfer in Biotech Clusters」organized by Kyoto University & Alsace University, Alsace、 France,  21-22 September

(2013) Partager les savoirs pour intégrer les réseaux de co-production de connaissances dans la firme multinationale : le cas Canon, 「Conférence annuelle d’Atlas/AFMI」, Université de Lyon、Lyon, France、31 May

(2012) Cross-Country Differences in Transition from Temporary Jobs at Labor Market Entry, 「The 24th annual SASE conference」, MIT, Massachusetts, Boston (with Yugami Y)、27-29 June

教育のヴィジョン

大学での講義は、単に知識を伝達する事だけにある訳ではありません。学生諸君自らが、問題意識を持って授業に参加し、活発な議論ができるようになれば良いと思います。未来を担っていく若者に知的好奇心を喚起できるような教育をすることを基本的な姿勢としたいと思います。

主な教育・指導

2002年-2003年 ケンブリジ大学 キングス・コレッジ フェロー
2009年-2010年 日本国際文化研究センター (日文研) 招聘教授
2014年‐     同志社大学 総合政策学科・ITEC  客員研究員
2016年-     フランス労働経済・社会研究所    共同研究員

社会活動のヴィジョン

自分の海外経験や、今まで蓄えてきた専門的な知識を地域社会に還元することで、大学人としての役割を果たしていきたい。

主な学内活動・社会活動

学外
2007年-2009年 マルセイユ商工会議所 外部評議委員 
2010年-2012年 エクス‐マルセイユ大学改革委員会 選任委員
2014年-2016年 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 調査研究委員会委員