トップページ > 教員一覧 > 東 秀忠

山梨学院大学 教員プロフィール

現代ビジネス学部現代ビジネス学科 准教授

東 秀忠(ひがし ひでただ)

担当科目
イノベーション・マネジメントⅠ
イノベーション・マネジメントⅡ
経営戦略論Ⅱ
現代経営事情
基礎演習Ⅰ
基礎演習Ⅱ
演習Ⅰ
演習Ⅱ
経営情報総合研究Ⅰ(大学院社会科学研究科)
講義日
火曜日・水曜日・木曜日
研究室
50号館(大学院棟)2F 2-11研究室
専門分野
技術経営(ものづくり経営・イノベーションマネジメント・生産管理・製品開発など)・経営管理論
最終学歴
東京大学大学院経済学研究科企業・市場専攻博士課程単位取得退学
取得学位
修士(経済学)(東京大学)
主な所属学会
組織学会・国際ビジネス学会・Academy of Management (AoM)・International Motor Vehicle Program (IMVP)
ブログ・ホームページ等
http://twitter.com/hhigashi

研究のヴィジョン

私の研究活動における専門分野は「技術経営」です。これは「技術」をどのように利益に結びつけていくかを考察する経営学の分野です。具体的には生産管理や製品開発といった、「ものづくり」に関わる領域になります。

中でも、これまでは世界の自動車産業における「製品開発の組織・プロセス」と「製品開発のパフォーマンス」の相互関係についての研究を進めてきました。さらには自動車をはじめとする各種産業における生産システムに関する研究を行っています。

最近は、「開かれたものづくり」というコンセプトのもと、技術経営の知を農業へと移転することを目指した研究を始めています。

「答えは『現場』にある」という言葉を旨に、理論の構築と現場への知の移転を進めて行きます。

主な研究業績

<論文>
下川浩一・平賀英一・東秀忠(2010)「97年経済危機を乗り切り、グローバル輸出拠点となりつつあるタイ自動車産業の調査報告」東京大学ものづくり経営研究センター ディスカッション・ペーパー・シリーズ No.325

東 秀忠(2010)「米国のカーシェアリング事情から考える、「開かれたものづくり」と自動車産業の将来」 グローバルビジネスリサーチセンター
赤門マネジメント・レビュー 9巻2号 pp115-132

東 秀忠(2009)「製品開発における分業構造とプロセスの相互関係 -製品開発プロセスにおける重層的問題解決の構造-」東京大学ものづくり経営研究センター ディスカッション・ペーパー・シリーズ No.267

東 秀忠(2008)「「職務の幅」に見る派遣技術者の働き方 ―派遣技術者が担当する工程と製品開発組織における分業のあり方の検討―」, 佐藤博樹・佐野嘉秀・高橋康二・東秀忠『製品設計分野における技術者派遣企業のキャリア管理(2)-技術者個人アンケート調査から-』東京大学社会科学研究所人材ビジネス研究寄付部門研究シリーズNo.13,pp15-24

<著書>
東 秀忠(2008)「自立性を高めつつある北米戦略に組み込まれるトヨタ・メキシコ工場」, 山崎克雄・安保哲夫・銭佑錫編「ラテンアメリカにおける日本企業の経営」第Ⅲ部第1章2節, 中央経済社 (共著)

教育のヴィジョン

「理論と現場(=現実)の両側から論理的思考を重ね、問題を解決し、新たな知や物事を生み出すことの出来る人物」を育てていくことを目標としています。

「理論」と「現実」は敵対するものではなく、互いに高め合う存在である、という立場から、双方に通暁した人物になっていくことを目指します。

「演習」では、技術経営に関する理論的な理解を深めるための文献購読と、現場訪問を通じた理論的知識の消化をセットで実施していきます。加えて実例を探索し、理論的解釈を加えていく作業を通じて知識を深めていきます。

主な教育・指導

2008年4月~2010年3月:麗澤大学国際経済学部非常勤講師

2010年10月~:(財)海外技術者研修協会 タイ自動車産業R&D管理研修コース 主任講師

主な学内活動・社会活動

<学内活動>
FD(Faculty Development)委員会
カリキュラム委員会

<学外活動>
(財)海外技術者研修協会 タイ自動車産業R&D管理研修コース 主任講師
フランス国立社会科学高等研究院(EHESS)ヴァレオ・リサーチ・フェロー