インターンシップに参加しようと思った理由は?

私がインターンシップに参加してみようと思ったのは、これからの業界研究に役立てようと思ったからです。私は将来自分が就きたい職業が決まってなく、各業界での業務内容についても知りませんでした。インターンシップで業務を体験することで、その業界の業務内容や自分のしたいことと一致しているかを知ることができます。また企業からのフィードバックによって自分の能力や自分像を知ることができます。これを自己理解の一環として活用することで、自分のしたいことが見つかるきっかけになると思ったので参加しました。

実施内容は?

私が今回参加したのは5日間の課題解決型のインターンシップでした。中学校や高校における部活動問題が課題として挙げられました。今回の内容は、企業側が提供するサービスを用いつつ課題を解決する新規事業を考えるというものでした。課題解決型ということでグループディスカッションやグループごとのプレゼンテーションが主でしたが、3日目には中学校に訪問をしました。実際に訪問してみることで現状をより深く捉えることができました。

インターンシップを通じて成長できたと感じたことは?

今回のインターンシップを通して自分の長所や短所・改善点を知ることができました。自分の強みや改善すべき点を踏まえながら業務に携わることができたので、そこが成長したと感じました。また、これまで提案に対して収益を踏まえた議論をしたことがなかったので、今回のインターンシップではビジネスの観点から収益面を踏まえた提案をする事が重要であると感じました。ボランティアの発想だけでなく、企業のビジネスについても考えるようになりました。

この経験は、今後どう活きるか?

インターンシップをすることで実際の業務内容をより具体的に知ることもでき、社会勉強にもなりました。また、企業からのフィードバックにより自分の強みや課題を知ることができました。インターンシップで得た経験や自身の強みを企業選びの軸として、活かしていきたいです。また、インターンシップで得た知識を他の業界研究をする際に役立てていきたいです。

インターンシップを検討している学生にメッセージ

インターンシップに参加するか迷っている人は、参加してみたほうが良いと思います。特に少しでも気になる業界があるのなら、その業界のインターンシップには参加するべきです。インターンシップに参加してみて初めて分かることもあり、またイメージと実際とのギャップにも気づくと思います。自分の行きたい業種イメージとのギャップをはじめとしたミスマッチを防ぐことにも繋がります。色々な業界を知るという意味でもインターンシップを検討している人は参加してみるといいと思います。

宮川翼(みやがわ つばさ)ー 政治行政学科
インターンシップ先:アスフィール株式会社(山梨県甲府市・ https://www.asfeel.jp/

【センターご利用時間】  
窓口 午前9時〜午後5時  相談対応 午前9時〜午後5時40分