出入国管理手続き Immigration  Procedure

取次申請

留学生の在留関係の申請手続きを、大学が本人の代わりに入国管理局へ提出する申請方法です。申請書類は本人が準備します。必要書類を全てそろえて、国際交流センターに提出してください。
大学が行う代理申請は以下の通りです。

  1. 在留期間更新許可申請
  2. 資格外活動(アルバイト)許可申請

注意事項

  • 在留期間更新許可申請は、必ず在留期間が満了するまでに手続きをしなければなりません。1日でも期限を過ぎると不法在留となってしまいます。この申請は在留期間が切れる3か月前から手続きが可能です。各自で在留期間を確認して、早めに手続きを行ってください。
  • 成績不振者や取得単位数が少ない学生は、期間更新申請前に個人面談を行う場合があります。個人面談の呼び出しに応じなければ、申請手続きができませんので、掲示板などを各自でチェックしてください。
  • 期間更新申請及び資格外活動許可申請は、原則として大学での取次申請を行いますが、成績不振や単位不足等の事情により、個人で申請を行っていただく場合があります。
  • 申請時期によっては、時間がかかる場合があります。申請手続きは余裕を持って行いましょう。

在留期間更新許可申請に必要な書類

  1. 在留期間更新許可申請書3枚・・・国際交流センターで用意しています。
  2. 証明写真(3cm×4cm)1枚
  3. パスポートの原本とコピー
  4. 在留カードの両面コピー
  5. 手数料:収入印紙 4,000円
  6. 資格外活動許可申請書(アルバイトを希望する学生)
  7. 在留カード漢字氏名表記申出書
  8. 預金通帳のコピー

入学後1年以内に手続きをする場合

入学後1年以内に手続きをする場合は、上記の書類に加えて以下の書類も必要となります。

  • 入学許可証の原本
  • 経費支弁立証資料
  • 最終学歴校の成績証明書及び卒業(修了)証明書

各種手続き書類ダウンロード

必要書類は国際交流センターブログをご確認ください。

在留期間更新手続き書類