トップページ > 研究科長挨拶

研究科長挨拶

山梨学院大学大学院社会科学研究科 科長 丸山 正次

山梨学院大学大学院社会科学研究科 科長 今井 久

山梨学院大学大学院社会科学研究科 科長 丸山 正次

山梨学院大学は、現在、「全学的国際化」と「教育の質的転換」を大学の二大ビジョンとして掲げ、大学を挙げて新しい教育空間の創造にまい進しています。本大学院も、この全学的な方向性にそって教育を進めてきています。

さて、大学院の教育目標については、文部科学省は「大学院は、学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥をきわめ、又は高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培い、文化の進展に寄与することを目的とする」(学校教育法65条第2項)と定め、さらに本大学院が設置している修士課程については、専門職大学院の新設で平成15年に大きく改訂された大学院設置基準において、「広い視野に立って精深な学識を授け、専攻分野における研究能力又はこれに加えて高度の専門性が求められる職業を担うための卓越した能力を培うことを目的とする」と定めています。

この国による大学院修士課程の教育目的と、本大学の二大ビジョンとを組みあわせて、本学の大学院の教育ではとくに、社会人をも含めた、まさにダイバーシティのもとでの高度専門職教育を目指しています。専門学識の内容は、主として、経済・経営系、政治学・行政学系、そして税法系となっています。教育の質的転換の柱となる「主体的で対話的な深い学び」は、もともと大学院の学びそのものです。専門学識を使ってこうした学びをさらに深めたい人は、ぜひ本大学院に入学して、職務遂行に必要な能力をより一層高めて行ってください。