トップページ > お知らせ一覧 > 遠隔授業(オンライン授業)の受講方法について(2020.5.8更新)

山梨学院大学お知らせ一覧

2020年5月8日(金)

遠隔授業(オンライン授業)の受講方法について(2020.5.8更新)

本学では、5月11日から前期の授業を開始し、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、オンラインによる遠隔授業を実施します。以下では、遠隔授業の受講に向けて、学生が用意しておく必要があるソフトや機器、通信環境などについて簡単に説明します。なお、遠隔授業の受講に際しての注意事項などは manabaの「学生向け情報公開ポータル」コースのコースニュース「オンライン授業の受け方」を事前に参照してください。


(1)使用ソフトについて
本学の遠隔授業では、主に manabaの使用を予定していますが、授業によっては、Zoom等で行う場合もあります。
Zoomの使い方については、参考となるサイトを以下に記載しますので、事前に確認してください。
■Zoomの使い方  外部サイト:リービズ「The lead Biz」

(2)Zoomを利用する必要な機器
Zoomを利用するためにはwebカメラとマイク機能のあるパソコン・タブレット・スマートフォンが必要となります。スマートフォンは画面が小さいため、配布資料などが見にくい可能性がありますので、パソコンや大画面のタブレットの利用を推奨します。

(3)インターネット環境について
Zoom等の双方向型の授業では、多くの通信容量を使用するため、安定的なインターネット環境を確保する必要があります。LANネットワークやWi-Fi環境がある場所において授業を受講してください。住居環境によって、インターネット環境の条件が異なりますので、各自の責任においてWi-Fi環境を確保してください。

※スマートフォンなどのモバイルデータ通信を利用する場合、高額な通信料が発生する可能性がありますので、十分に注意してください。携帯電話会社によっては、遠隔授業受講のための通信環境確保を目的とした学生向けサービスを実施しています。
■携帯電話会社各社の学生向け通信サービスについて

※十分な通信環境がない場合は、大学の一部の講義室やPCルームの開放を行います。利用には事前予約が必要です。来校する際には、マスクの着用等感染予防・感染拡大防止の対策をお願いします。
■遠隔授業(オンライン授業)用講義室・PCルームの利用について


【問い合わせ先】
お問い合わせフォーム【入力画面】


Page Top