トップページ > 2020年度インフォメーション一覧 > 2020年度インフォメーション

インフォメーション

2020.05.08 オンライン授業の受講方法等について




 511日(月)より大学院の授業が始まりますが、新型コロナウイルス感染症の感染対策のため前期の授業は原則としてオンライン授業で実施します。以下では、オンライン授業の受講に向けて用意しておく必要があるソフトや機器、通信環境などについて簡単に説明します。
院生のみなさんのご理解とご協力をお願い致します。

(1)使用ソフトについて
大学院のオンライン授業では、主にZoomの使用を予定しています。詳細は「オンライン授業 Zoomマニュアル」を確認してください。
 ※ ユーザー登録にはが必要です。
「学生用コンピューターメールシステム等 利用マニュアル(P.6~)」を確認し、メールアドレスの初期設定をしてください。
メールは大学院事務室および先生方からの連絡に使用します。必ずメールの中身を見るようにしてください。

(2)Zoomを利用するために必要な機器
Zoomを利用するためにはwebカメラとマイク機能のあるパソコン・タブレット・スマートフォンが必要となります。カメラ機能のない機器でも受講は可能です。マイク付きのイヤホンがあれば会話は出来ます。

(3)インターネット環境について
 Zoomを利用するためには、安定的なインターネット環境を確保する必要がありますので、LANネットワークやWi-Fi環境がある場所において授業を受講してください。住居環境によってインターネット環境の条件が異なりますので、各自の責任においてWi-Fi環境を確保してください。

(4)コミュニティホールの一部開放について
大学院の施設(院生研究室、実習室、コミュニティホール等)の使用は、自粛をしてください。
 自宅にインターネット環境のない院生については、コミュニティーホールの一部を開放する予定です。希望者は大学院事務室に申し出てください。

スマートフォンなどのモバイルデータ通信を利用する場合、高額な通信料が発生する可能性がありますので、十分に注意してください。