トップページ > 社会科学研究科とは(在学生の声)

山梨学院大学大学院社会科学研究科とは

在学生の声

  • 【在学生】グエン ティ ホン フック

【在学生】グエン ティ ホン フック(社会科学研究科公共政策専攻2年)

  私は、本大学院でマーケティング理論を学びながら、アリペイ(Alipay)に関する研究を進めています。

  山梨学院大学では、様々な海外留学生が在籍しているため、身近に異文化コミュニケーションを楽しむことができます。私は、2016年に短期留学生として、1年間の留学生活を楽しく過ごさせていただき、勉強以外にも学校が行う様々なイベントに参加しました。そこでは、色々な国の友達ができ、また、身近に異文化に触れ合うことができ、友だちも増え、とても充実した1年間を過ごせました。このような人との関わりが沢山ある山梨学院大学が大好きなので、再び大学院生として戻ってきました。私は東京の賑やかさより、山梨ののんびりとした居心地良さの方が好きなので、山梨の魅力を感じながら、大学院生活を過ごしています。

  また、本学の授業のプログラムも魅力的だと思います。それは、働きながら通える社会人のために、夜間に講義が行われるからです。それだけではなく、社会人ではない方にとっても、昼間の時間を活かせるメリットがあります。授業は、少人数授業で、学生のレベルやニーズに合わせて授業を効率よく展開しています。指導の先生からもより詳しく指導していただいています。

  さらに、大学院棟はいつでも利用でき、パソコンの設備が整った院生専用の自習室が2つもあるなど、研究に専念できる環境を提供してくれています。

  このような素晴らしい環境下で充実した大学院生活を送ることができ、心から感謝しています。