水泳部

水泳部TOP > 2020年度ニュース・トピックス一覧 > 2020年度ニュース・トピックス

2020年度ニュース・トピックス詳細

2021.03.30
第185回 安達舜貴

かけがえのない4年間

 高校3年当時、私はとても山梨学院大学水泳部に入れる成績ではありませんでした。しかし、どうしても山梨学院大学水泳部に入りたかった私は、習っていた水泳のコーチ協力の下、神田監督に直談判し入学テスト練習を経てなんとか水泳部に入る事ができました。入学当時から私は入学にあたって協力して頂いた方々や神田監督、そして両親に絶対結果で恩返ししたいと考えていました。しかし日本選手権、ジャパンオープン、インカレといった大事な試合では一度もベストが出ずに終わってしまい申し訳ない気持ちいっぱいでした。しかし神田監督は、そんなどうしようもない私を見放さず最後まで指導して頂きました。その時間は今も私の財産になっています。
最後まで結果で恩返しをする事ができませんでしたが、私にとっての大学生活はかけがえのない4年間でした。


最後になりましたが丸山部長、神田監督、永井トレーナー、愛のあるご指導をありがとうございました。

そして優しく尊敬できる先輩、元気で頼もしい後輩、日々切磋琢磨した同期、これら全てがあったからこそ、大学の4年間水泳を続ける事ができました。
この出会いは私の一生の宝物です。

これからは、OBとして山梨学院大学水泳部を応援しつつ両親に少しずつ恩返ししたいと思います。

4年間本当にありがとうございました。

▲Page Top

2021.03.29
第184回 杉木光希

「主体性」
 
 経営学部経営学科
     杉木光希
 
大学水泳を思い返していると、ある選手と練習のダウンの時にした会話を思い出しました。
「今日は水が手から逃げていくみたいでした」と冗談まじりに言いました。「水はいつもと同じで水をとらえられないのは自分だよ」と返しました。彼は「たしかにそうですね」と納得して笑ってました。
 
思い返すとおかしなやりとりだったと思います。
彼が本気で水のせいしていたとは思いませんが、上手くいかないことがあっても環境や状況、誰かのせいにしても仕方がないと思います。
今の僕には、環境や状況に対して主体的に行動することが大切だという教訓のように思えました。
 
僕は泳いでいる時、水に対して反抗的な泳ぎや、がむしゃらだったり無闇な泳ぎをすると水はこちらに反抗するように体力を奪っていくと感じたことがあります。こちら側にも悪気がないと水のことを嫌いに思うかもしれません。けれども、視点を変えて水側にも何か理由や意図があったと考えてみれば、良くない泳ぎだと教えてくれているのかもしれません。変な例えですが、そのように考えてみると自分からも何か行動を起こそうと努力できるのではないかと思います。
 
僕が水泳を楽しめるようになった理由として水という環境に対しても主体的に行動したことだと思っています。行動よりも先に気持ちが整っていることこそが楽しんでいるということで、これはきっと水泳に限らず大切なことだと思います。
 
これからの環境は水の中ではありませんが、誰かがやってくれるではなく主体は他ならぬ自分であることを忘れずに頑張りたいと思います。
 
 
最後になりましたが、丸山部長、神田監督、永井トレーナー、見郷コーチをはじめ、私に携わっていただいた多くの皆様に心より感謝申し上げます。たくさんの経験をさせていただきました。本当にありがとうございました。

▲Page Top

2021.03.26
第183回 染谷英輝

これまでもこれからも最高の同期
4年間本当にありがとう!
じゃあな!


▲Page Top

2021.03.25
第182回 内藤大凱



この大学に入り、様々な経験をさせて貰いました。入学前は、日本選手権突破やインカレでの活躍を目標とし入学しましたが、実際にはどちらも達成できず、レギュラー落ちも経験しました。自分の不甲斐なさを痛感させられました。ですが、それでも最後のインカレまで諦めずに続けたことは、今後の人生に役立つ時が来るかもしれません。また、4年間チームメイトと暮らし、練習を行うことでチームで戦うことの素晴らしさも知ることが出来ました。これらの経験が出来たのは、この山梨学院大学に入学したからです。結果で応えることが出来ず、申し訳ないのですが、入学させて貰った両親、監督、コーチを始めご指導やサポートをして頂いた全ての方に感謝いたします。ありがとうございました。

▲Page Top

2021.03.23
第181回 小山健斗

経営学部 経営学科
小山健斗

 まず初めに、伝統ある山梨学院大学水泳部の一員になれたことを有り難く、また誇りに思っています。
 
 自分の人生の分岐点は、山梨学院大学水泳部に入部させて頂いたこと。そして、神田監督の推薦で学連に山梨学院大学の代表として加盟させて頂いたことだと思っています。学連ではインカレ、関カレをチームとして闘えない辛さはありましたが、選手もマネージャーも支えるチームの要とも言える役割は自分らしいチームの貢献でした。インカレの閉会式では、緊張と見渡す素晴らしい景色に言葉が消え固まってしまいました。やり切ったつもりですが、それでも少しは後悔もありましたが、それでもよく頑張ったと讃えてくれる同期の声はみんなが思っている以上に嬉しかったです。本当にみんなのお陰でここまでやり切ることができました。

最後になりましたが、丸山部長、神田監督、綿谷コーチ、見郷コーチ支えてくれたすべての皆様に感謝申し上げます。今後はOBとして山梨学院大学水泳部を応援しています。本当にありがとうございました。GG

p.s. 中野航平は元気に生きております。

▲Page Top

2021.03.22
第180回 岩永隆

岩永隆


私は今まで沢山の方の助力で大学まで水泳という競技に携われたことを誇りに思います。

何も分からない私に優しく声を掛けてくださり教えていただいた丸山部長、山梨学院大学水泳部へマネージャーとして入部させていただいた神田監督、選手への身体のケア・ストレッチを教えていただいた永井トレーナーへの感謝はずっと忘れません。また、4年間の間に関わった先輩方、同期、後輩たちにもたくさん感謝しています。最後のインカレは同期みんなで行きたかったです、それが出来なかったのは仕方ないですが悔しかったです。
最後になりましたが、山梨学院大学水泳部での出会いは一生忘れません。これからはOBとして山梨学院大学水泳部の発展、成長を心から楽しみにしています。今まで本当にありがとうございました。

▲Page Top

2021.03.19
第179回 塩島広規

「失敗からの成長」


スポーツ科学部スポーツ科学科

塩島広規


私にとって山梨学院大学で過ごした4年間はあっという間で濃い4年間でした。

4年間という短いようで長い時間の中でたくさんの経験をさせて頂きました。失敗もしましたし、人に迷惑もかけました。それでも周りに支えられて成長することができたと思います。


4年間で改めて水泳って難しいなって感じました。練習しても結果がでない時もあれば、タイムだけを見て苦しめられる時期もありました。ですが、日々の日常はとても楽しく周りに仲間がいることで心強かったですし、楽しかったです。試合では、仲間が活躍するのも喜びでした。最後年、コロナウイルスの影響で何もかもが例年通りに行かずに大変なことが多かったですし、練習ができないという時ありましたが乗り越えることができました。これもまた良い経験だと思います。


最後になりますが、選手としては結果が出ず、マネージャーとしてもうまくいかないことも多かったですが、監督や仲間に支えられ同期に支えられ成長することができなんとか4年間やり抜くことができました。感謝しかないです。ありがとうございました。


▲Page Top

2021.03.17
第178回 片桐由起

片桐由起


日ごとに暖かさが増し、春めいてまいりました。

無事に大学生活を終え、卒業を迎えることができました。

神田監督、永井トレーナー、OBOGの皆さまの時に厳しく、時に温かいご指導があってのことだと、感謝しております。


まだまだ未熟者ではありますが、入学時と比べて、努力する喜び、考える力、行動力など、大きく成長できたことを自分自身でも実感しております。

神田監督のご指導のもとで水泳ができたことを人生の誇りにします。


短いながら濃い4年間を励まし合い、共に過ごした同期。ありがとうございました。


大好きなIMチーム。格好良すぎる先輩方と練習した日々は私の「競泳」に対する意識を大きく変えました。考える、創造することの大切さを教えていただきました。


後輩の皆さん、一緒に練習した日々を忘れません。これからの皆さんのご活躍を、心よりお祈りしております。


山梨学院大学水泳部に携わるすべての皆さまに感謝しております。

 

4月からは新しい環境に身を置きますが、大学生活で学んだこと・得たことを活かし、立派な人間になれるよう精進して参ります。



片桐由起

▲Page Top

2021.03.16
第177回 伊藤理乃

伊藤理乃


4年間を通じて、私自身とても色々なことがありました。専門種目が変わったり肩を怪我したり、振り返れば辛かった思い出ばかり思い出します。でも、そんな事を忘れさせてくれるくらい4年間はあっとゆう間でしたし、辛かった思い出よりも楽しかった思い出の方が沢山あります。

私は、当時種目を変えることを悩んでいた時背中を押してくれたのは同期でした。私の同期はお互いにあまり干渉するタイプではなく、簡単に言うと興味をあまり持たない人達だったと思います()。でも、そんな個性豊かで個人が強い14人だったからこそ、4年間ホントに楽しくて感謝しかないです。

また、入学した時に1つ上と2つ上の先輩の中に高校生の頃からお世話になっていた先輩が居て、練習やDryのコツを聞いたり、たくさん可愛がってもらえた事がとても嬉しかった思い出です。何かあると守ってくれたり、ちゃんと怒ってくれたり褒めてくれた、3人のお兄ちゃんたちが大好きだし、大大大感謝です。お兄ちゃんだちだけでなく、可愛がってくれたり支えてくださった先輩たちにもとても感謝しています。

それとこんな私にアドバイスを求めたり、話しかけてきてくれた後輩たちにも感謝したいのと、これからもっと辛いことや悲しいことがあるかと思いますが、それ以上に楽しいことや幸せに思えることがあるのでこれからも頑張ってください。応援しています。


最後になりましたが、ここまで指導して頂いたり成長させて貰えた神田監督、いつも笑わせてくれたりケアをして下さった永井さん、色んな話を聞いて下さりアドバイスをたくさんして下さった聡美さん、4年間ありがとうございましたと同時にたくさんお世話になりました。


そして、私の水泳人生と大学生活においてたくさんの色を付けてくれた方々や大学まで水泳を続けさせてくれたり、ずっと支えてくれていた家族に感謝を込めて終わらせて頂きます。


4年間とても濃くとても楽しかったです。

ありがとうございました。


ITRN☺︎

▲Page Top

2021.03.15
2020年度山梨学院スチューデンツ オブ ザ イヤー賞 表彰式

本日、山梨学院スチューデンツオブザイヤー賞 表彰式が行われました。
水泳部から平田美幸(スポ科1年)が選ばれ、表彰されました。

この賞は山梨学院大学院・大学・短期大学の学生の中から芸術・文化・スポーツのおいて特に功績を収めた学生に与えられる賞です。

彼女自身もこの賞を頂いたことに喜びをかみしめていました。更なる飛躍ができるよう精進していきます。

また、この賞を頂いたことに水泳部全体も刺激されています。今年の目標である「シード権獲得」できるよう日々精進していきます。引き続きご声援の程よろしくお願いいたします。

マネージャー神谷



▲Page Top

2021.03.15
第176回 河野優実

河野優美


私は選手とマネージャー両方の経験をさせていただいたこの4年間に、とても感謝しています。大学生になり今まではやってこなかった色々な事を経験する様になって、辛いことや悲しいことは本当に沢山あり、何のためにここで活動をしているのか分からなくなったこともありました。その度にたくさんの方に迷惑をかけてしまいましたが、同時に得たものも沢山あり、自分の成長を感じられる事がすごく嬉しかったです。今振り返ればあっという間で、とても良い思い出と学びになりました。
新しい環境に行く事への不安はいつも変わりませんが、これからは自分自身で強く進んでいける大人になれる様、日々精進していきます。
何よりもここまで苦労をして、高いお金を出し大学にまで通わせて頂いた家族に、これからは恩返しをしていこうと思います。長い長い学生生活を見守り、支えていただき感謝してもしきれません。
最後に、大学生活で関わってくださった全ての方々に心よりお礼を申し上げると共に、これからも山梨学院大学水泳部を応援しています。ありがとうございました。






▲Page Top

2021.03.15
令和2年度山梨学院大学水泳部卒部式

こんにちは。

本日、令和2年度卒業証書授与式・水泳部卒部式が行われました。
今年は男子10名、女子4名の計14名の卒業生を送り出しました。

卒業式では、堂々と立派な姿で参加しており、
最後に相応しいかっこいい後ろ姿でした。

卒部式では、4年生から大学生活を振り返り最後のメッセージをいただき、
どの先輩方も後輩に向け激励の言葉や今後の学校生活のためになるお話を
送っていただき、在学生一同感動いたしました。

来年度も引き続き、男子創部初のシード権獲得、女子シード権奪還に向け、
これまでの先輩たちが築いてきた、伝統を受け継ぎつつ、
日々進化し発展していけるように、より一層心身ともに引き締めて
強化していきます。

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
そして、大変お世話になりました。
水泳部で学んだことを今後の人生に生かし、更なる飛躍を
心より願っております。

今年も山泳心の方々からはお祝いの花を頂きました。
水泳部一同心より感謝申しあげます。



▲Page Top

2021.03.07
第37回日本パラ水泳選手権

第37回 日本パラ水泳選手権

結果は以下の通りです。※タイム決勝となります。

齋藤京香(2年)

200m個人メドレー

2分28秒46  BEST


100mバタフライ

1分7秒05  BEST

静岡県の富士水泳場で行われた日本パラ水泳選手権にスポーツ科学部2年齋藤京香が出場いたしました。結果は2種目ともBEST及び優勝することができました。
引き続き応援の程よろしくお願いいたします。

マネージャー青木



▲Page Top

2021.03.05
2020年度 東京都シニア春季公認記録会 2日目

東京都シニア春季公認記録会2日目

結果は以下の通りです。※タイム決勝となります


<女子>


400m自由形

佐之瀬  香花     4分30秒65


200mバタフライ

平田   美幸     2分17秒37


100m自由形

井山   美鈴      58秒73

袴田   有美      58秒85


200m個人メドレー

宮下   ももこ    2分22秒58



<男子>


400m自由形

長田   諒      4分04秒57

高橋   洸輝     3分58秒34

豊田   光      4分00秒23   BEST

菊地   大朗     4分06秒30

髙地   駿介     3分59秒75        BEST

高橋   洋貴     4分10秒75


100m背泳ぎ

伊藤   瑠希      58秒70

近江   颯       59秒81

塩塚   航太      58秒99

本保   勇斗      58秒43          BEST


200m平泳ぎ

吉松   滉輔     2分17秒48

児島   龍之真    2分21秒06

斉藤   大      2分20秒42

飯島   亮      2分20秒93        BEST

金山   功汰     2分17秒67         BEST


200mバタフライ

池端   俊哉     2分00秒89        BEST

吉田   朱佑     2分06秒91



100m自由形

伊藤   奨真      51秒82         BEST

田村   麗       52秒30         BEST

伊藤   裕馬      50秒21

間所   大貴      52秒03         BEST


200m個人メドレー

石井   健聖     2分10秒79

佐伯   一光     2分10秒77

塩塚   航太     2分03秒93

西原   悠真     2分09秒08       BEST


 東京都シニア春季公認記録会が終了いたしました。
 2日目の結果としてはあまりベスト率が高くありませんでした。しかし、2日間を通して課題が見つかる充実したレースとなりました。
 また、4月にはオリンピック選考会が行われます。OB、OGを含め本学から1人でも多くの選手が東京五輪への出場権を獲得できるよう、残り少ない日数ですが精進してまいります。ご声援の程よろしくお願いいたします。

スタッフ一同


▲Page Top

2021.03.04
2020年度 東京都シニア春季公認記録会 1日目

東京都シニア春季公認記録会1日目

結果は以下の通りです。※タイム決勝となります


<女子>


200m自由形

佐之瀬  香花     2分07秒50

袴田   有美     2分07秒27    BEST


100mバタフライ

平田   美幸     1分01秒93


400m個人メドレー

子安   明日香    5分10秒55

宮下   ももこ    4分59秒99


50m自由形

井山   美鈴      26秒68     BEST



<男子>

200m自由形

伊藤   奨麻     1分53秒04     BEST

豊田   光      1分53秒35     BEST

伊藤   裕馬     1分51秒95

髙地   駿介     1分52秒27     BEST


100mバタフライ

池端   俊哉      56秒05

吉田   朱佑      56秒19       BEST


100m平泳ぎ

吉松   滉輔     1分03秒76

児島   龍之真    1分03秒84      BEST

斉藤   大      1分03秒93

飯島   亮      1分06秒64      BEST

金山   功汰     1分03秒92      BEST


400m個人メドレー

石井   健聖     4分42秒97

佐伯   一光     4分39秒84

西原   悠真     4分35秒53      BEST


200m背泳ぎ

伊藤   瑠希     2分12秒52

近江   颯      2分11秒88

塩塚   航太     2分05秒91

勝山   大暉     棄権

本保   勇斗     2分07秒64      BEST


50m自由形

田村   麗       23秒93       BEST

間所   大貴      24秒17       BEST


1500m自由形

長田   諒      15分50秒15

髙橋   洸輝     15分32秒78

菊地   大朗     15分54秒35      BEST

髙橋   洋貴     16分02秒95



 辰巳国際水泳場で開催されています東京都シニア春季公認記録会に出場しております。
 1日目の結果として全体の半分以上がベストタイムを更新しました。特に1年男子のベスト率がとても高い結果となりました。1日目としてはいいスタートを切ることができました。2日目も引き続き競技が行われます。チーム一丸となり全力を尽くしていきます。ご声援の程お願いいたします。

スタッフ一同




▲Page Top

2021.02.07
第75回伊豆駿河湾選手権 2日目

第75回伊豆駿河湾選手権
2日目

結果は以下の通りです

【決勝】

女子100m自由形

井山 美鈴(2年)   58秒62

男子100m自由形

伊藤 裕馬(2年)           50秒01      選手権突破&BEST

女子400m個人メドレー

宮下 ももこ(1年)      4分59秒49

男子200mバタフライ  

池端 俊哉(3年)          2分03秒10

男子400m自由形

長田 諒(3年)       4分04秒21

菊地 大朗(1年)           4分07秒20

【予選】

女子100m自由形

井山 美鈴(2年)            58秒97

男子100m自由形

伊藤 裕馬(2年)            50秒67

女子400m個人メドレー

宮下 ももこ(1年)        4分59秒20

男子200mバタフライ

池端 俊哉(3年)           2分02秒74

男子400m自由形

長田 諒(3年)     4分04秒06

菊地 大朗(1年)            4分08秒10


第75回伊豆駿河湾選手権が終了いたしました。2日目の主な結果として男子100m自由形において伊藤裕馬(スポーツ科学部2年)が日本選手権の標準記録を突破しました。2日間のレースを終え、全体的にベスト率はあまり高くありませんでした。しかしながら、上位大会に出場するためには長水路での記録が必要となります。可能性は十分に残されています。少ないチャンスをものにするためにも日々精進してまいります。引き続きご声援の程よろしくお願いいたします。

マネージャー神谷・川本

▲Page Top

2021.02.07
2020年度 YAMAGAKU OPEN 4日目

4日目の結果です。

全て非公式タイム、タイム決勝です。

<女子>

100mバタフライ

齋藤  京香      1分04秒45



<男子>

50m自由形

田村  麗       22秒89      BEST

石井  健聖      22秒89


200m背泳ぎ

近江  颯       2分03秒22

勝山  大暉      2分01秒22

本保  勇斗      2分01秒10


100mバタフライ

吉田  朱佑      54秒68


200m平泳ぎ

吉松  滉輔      2分12秒80

児島  龍之真     2分14秒08

斉藤  大       2分13秒90

飯島  亮       2分16秒51

金山  功汰      2分13秒76


200m個人メドレー

陶山  周平      2分01秒30     BEST

伊藤  瑠希      2分06秒38
   






YAMAGAKU OPEN の全競技が終了いたしました。
今回の記録会ではほとんどの選手がベストを更新することができました。

各選手が課題を見つけることができました。課題解決に向けて自分自身に向き合って、これからの練習に取り組んでいけるよう、選手、マネージャーが一丸となり練習してゆきます。
マネージャー一同


本日のベスト更新者

▲Page Top

2021.02.06
2020年度 YAMAGAKU OPEN 3日目

3日目の結果です。

全て非公式タイム、タイム決勝です。

<女子>

100m自由形

佐之瀬 香花     58秒68     BEST

袴田  有美     57秒92     BEST


200mバタフライ

齋藤  京香     2分22秒06   BEST


200m個人メドレー

子安  明日香    2分28秒18




<男子>

50m背泳ぎ

伊藤  瑠希     25秒15


400m自由形

髙地  駿介     3分57秒26


200mバタフライ

陶山  周平     1分57秒58    BEST

吉田  朱佑     2分02秒07


200m個人メドレー

伊藤  奨麻     2分04秒17    BEST

吉松  滉輔     2分03秒24

石井  健聖     2分09秒66

近江  颯      2分10秒74

児島  龍之真    2分07秒44

斉藤  大      2分07秒55

佐伯  一光     2分03秒73    BEST

西原  悠真     2分05秒01    BEST

間所  大貴     2分05秒60    BEST

飯島  亮      2分10秒64    BEST

金山  功汰     2分08秒20    BEST

髙橋  洋貴     2分08秒51    BEST

本保  勇斗     2分03秒58    BEST




3日目が終了いたしました。
全員参加の200m個人メドレーではベスト更新者が多く出ましたが、専門種目でのベスト更新者が少ないという結果でした。
しかし、1,2日目でベスト更新できなかった選手も本日の200m個人メドレーで更新することができました。
明日の最終日もベスト更新者が1人でも多く出るよう、チーム一丸となって応援します。
マネージャー一同


▲Page Top

2021.02.05
2020年度 YAMAGAKU OPEN 2日目

2日目の結果です。

全て非公式タイム、タイム決勝です。

<女子>

400m個人メドレー

子安   明日香     5分01秒91


200m自由形

佐之瀬  香花      2分07秒41

袴田   有美      2分04秒62


200m個人メドレー

齋藤   京香      2分25秒22



<男子>

200m自由形

伊藤   奨麻      1分49秒76

豊田   光       棄権

佐伯   一光      1分53秒74    BEST

西原   悠真      1分52秒50    BEST

間所   大貴      1分50秒99    BEST

髙地   駿介      1分48秒80


100m背泳ぎ

伊藤   瑠希      56秒06

近江   颯       56秒61

勝山   大暉      56秒19

本保   勇斗      54秒33     BEST


200m個人メドレー

田村   麗       2分11秒40    BEST





YAMAGAKU OPEN 2日目の競技が終了いたしました。
昨日の1日目と比較するとベスト更新者が少ない結果でしたが、男子200m自由形では6名中3名がベスト更新しました。
残り2日間、選手全員がベスト更新できるようチーム一丸となって応援します。
マネージャー一同


本日のベスト更新者

▲Page Top

2021.02.04
2020年度 YAMAGAKU OPEN 1日目

1日目の結果です。

全て非公式タイム、タイム決勝です。

<女子>

400m個人メドレー

子安  明日香    4分34秒83


50mバタフライ

井山  美鈴     27秒39     BEST

宮下  ももこ    29秒83     BEST


200m個人メドレー

袴田  有美     2分24秒81

佐之瀬 香花     2分21秒34    BEST



<男子>

400m個人メドレー

石井  健聖     4分38秒99

佐伯  一光     4分30秒47

西原  悠真     4分28秒12


100m自由形

伊藤  奨麻     49秒82     BEST

田村  麗      49秒86     BEST

間所  大貴     50秒34     BEST


100m平泳ぎ

吉松  滉輔     1分02秒03

児島  龍之真    1分01秒83

斉藤  大      1分00秒97

飯島  亮      1分04秒08    BEST

金山  功汰     1分01秒80    BEST


1500m自由形

髙橋  洋貴     15分49秒33


200m個人メドレー

勝山  大暉     2分06秒68    BEST

髙地  駿介     2分03秒00    BEST

吉田  朱佑     2分08秒72    BEST



 2月4日(木)より本学水泳場にてYAMAGAKU OPENが開始しました。
コロナ渦の中、非公認ではありますが、皆様のおかげで記録会を開催することができました。
 東京・アクアティクスセンターにて行われているJAPANOPENと同日程で行っています。記録会に出場する選手もJAPANOPENに参加している選手に負けないよう、成果を発揮していってほしいです。
 1日目は約半数の選手がベストを更新しました。残りの3日間で、選手全員がベストを出せるようチーム一丸となって応援します。

マネージャー一同


本日のベスト更新者①

本日のベスト更新者②

▲Page Top

<前へ 1 2 次へ>