陸上競技部〔中長距離・競歩・駅伝・マラソン〕

陸上競技部〔中長距離・競歩・駅伝・マラソン〕TOP > 陸上競技部〔中長距離・競歩・駅伝・マラソン〕よくある質問

よくある質問

山梨学院はどんな所にあるのですか?
山梨県の県庁所在地、甲府市内に大学のキャンパスはあります。山梨県は人口約80万、甲府市は約20万と小さな地方の町です。しかし、東京からは約1時間半でアクセスできる便利さと、常に富士山や南アルプスの雄大な景色を目にしながら、トレーニングや生活ができる素晴らしい環境にあります。
例えば富士五湖や、映画「いま、会いに行きます」のエンディングシーンを撮影したひまわり畑のある明野村まで車で約40分くらいです。天候は京都とおなじような盆地の気候ですが、年間を通して雨も少なく 全国的に見ても日照時間が長い気候条件 です。
時々「雪は大丈夫ですか?」などと質問されますが、冬の降雪もほとんどありません。爽やかに澄んだ空気と、走るのに適した自然環境は最高 だと思います。
▲Page Top
練習や学生生活の中心になる甲府市や寮の環境について教えてください。
寮はJR甲府駅から徒歩10分ぐらいのところにあり、映画館やデパート、県庁・市役所など、街の中心部にも自転車で10分もあれば、何処にでもいける便利さがあります。トレーニングをするトラックや芝生の河川敷までジョギングで約5~10分。起伏を使ったクロスカントリーコースや林道までもおなじ位の距離で行けます。
山梨学院は田舎で不便なところにあると思わないで下さい。もしかすると、東京や千葉、埼玉、神奈川にある他大学よりも、街と自然が調和したいちばん住みやすく、練習に集中しやすい環境であると言えます。
▲Page Top
寮の生活や食事はどのようになっていますか?
寮の各部屋はバス・トイレ・キッチン付きで冷暖房完備です。すべての部屋のベランダには洗濯機が有ります。TV・DVD/ビデオや冷蔵庫、必要に応じて食事を軽くなんでも自分でも作れるように、炊飯器やガスコンロなどの 生活用品一式がすべての部屋にそろっています 。
トレーニングウェアー等の衣類をたくさん持っているので、靴や着替え類を整理するための収納スペースも広く取ってあるので便利です。寮生活はトレーニングから開放されて憩えるパーソナルな空間でなければなりません。そのためにそれぞれの部屋で独立して生活スペースを確保できるようになっています。
寮の中にトレーナールームが有ります。そこでトレーナーの先生から治療・ケアを受けることができます。トレーナーの先生方には寮で宿泊していただくので、マッサージ以外にもいろいろとコンディショニングやリハビリのアドバイスについて相談に乗ってもらえるので助かります。またトレーナールームには整形外科にあるような治療器具もある程度揃っています。寮の近くの温泉は無料開放して頂いているので、トレーニング後に疲れた身体を癒すのに最適です。また、大学校内にも専用トレーナールームがあり、選手たちのコンディショニングをサポートしています。
食事は、火曜日から土曜日までの、朝と夜がクラブハウスです。
クラブハウスには厨房設備が整っており、選任の調理師と栄養士が現場調理で温かく気持ちのこもった料理を出してくれます。大学によれば、給食センターから取り寄せた食料を分けて出すところもあるようですが、やはり目の前で調理した食事のほうが、温もりがあり家庭的でうれしいですよね。
昼は、大学のカフェテリアが安くてボリュームもあるので、その日のトレーニングと体調に合わせて食べることができます。
日曜日は遠征や大会が多く、練習がフリーになる月曜日とあわせて、食事は自由にしています。自分自身の時間を楽しんで、大会の後や午前練習の後は、リラックスできる時間が明日へのやる気にも繋がってきます。
良いトレーニングを積み重ね、強くなるためには、身体を休めて翌日の鋭気を養わなければなりません。その基本となる場所が、寮であり食事だと思います。そしてチームメイトとの楽しい時間を過ごし、互いの結びつきを更に強固なチームワークとして作り上げる場でもあると思います。我が家でいるような安心感とリラックス、そして陸上に賭ける情熱が、湧き上がる雰囲気があると言えます 。
▲Page Top
スポーツトレーニング施設などはどのようになっていますか?
・SPORTS CENTER
大学のキャンパス内にスポーツセンターと言う建物がありそこが山梨学院大学スポーツ強化の心臓部です。各強化スポーツの指導者の研究室やミーティングルーム・測定室、トレーニングルームとロッカールームがあります。 (パンフレットをご覧になってください)
上田監督や飯島コーチもこの建物の 陸上競技研究室 にいます。授業の合間等に、スケジュールや体調管理、又は就職の相談などで、いつでも気軽にも応じてくれます。特にトレーニングルームは、脚の故障などで走れないときに利用するエルゴメターやトレッドミルがあり各自の 身体レベルに応じた故障復帰のリハビリトレーニングが可能になっています。
・未来の森運動公園陸上競技場 (公認陸上競技場・トレーニング走路・芝生広場)
大学のすぐ近くに、6コースの全天候型公認陸上競技場が2006年10月に完成しました。クラブルームやロッカールームも併設され、来年からは真新しい陸上競技場でトレーニングができます。また 1周約1kmの練習走路 も競技場を取り巻くように作られています。ロードトレーニングは故障の危険性と事故の危険性を秘めています。このコースは緩やかな起伏があり、リズム良く走るには最適です。世界のトップランナーは、このようなスピード型のクロスカントリーコースと、激しい起伏のファルトレクをミックスしたトレーニングで力をつけてきています。今後は箱根を目指すだけではなく、このコースを始めとする山梨の地の利を生かしたトレーニングを土台として、世界を目指せる選手の育成を目指したいと思います。
・室内プール (シドニーオリンピック記念室内水泳場)
オールシーズントレーニングができる室内プールが完成しました。
スポーツセンターのすぐ裏にあり故障者はもちろんスピード練習や走り込みで疲労した筋肉をほぐしたり、クーリングダウンで利用したりとトレーニングに幅が出てきました。水泳部の活躍と言えばシドニーオリンピック背泳ぎ4位の萩原選手やアテネオリンピックバタフライ代表の長田選手もこのプールで鍛えています。世界のトップを目指す選手が身近にいるのでそれだけでも良い刺激を受けます。
・学内トレーナールーム (アスレチックコンディショニングセンター)
選手のケアをしっかりとサポートするために、学内診療所 (トレーナールーム) が体育館の中にあります。朝9時からよる9時まで3名の専属スタッフが治療やケアにあたります。
学内にあることで、授業の空き時間やトレーニング後、すぐに対応できるので選手からは好評です。スタッフは、スポーツマッサージ・鍼灸・リハビリ等の資格を持っており、アメリカの大学スポーツや、オリンピックでのトレーナー活動の経験者です。治療だけではなく、故障からの復帰プログラムや、弱点部分やフォームの欠点部分の強制プログラムの指導もして頂けるので、単に痛みを取るだけではなく、復活に向かうまでのプログラムとケアを行ってくれます 。
また陸上部がお世話になっている、学外トレーナーの諸先生型との連携もしっかりしているので、高校時代から継続治療を行っているような、地方の先生から治療情報を得て、効率の良い治療ができるよう配慮されています。
その他強化育成クラブにはそれぞれ専用のグランドが、大学キャンパスの周りにあり活気に満ちています。
▲Page Top
陸上部は 強化育成クラブ だと聞きましたが...。
大学は柔道やレスリングなど13つのスポーツを強化育成クラブに指定しています。これらのスポーツクラブは、単に夢を追うことに終始するのではなく、夢を現実のものにするクラブ として存在しています。
陸上部も箱根駅伝と言うメジャー競技があるから存在するのではなく、それを目指し更にその先の、日本や世界の桧舞台で活躍することを夢見る選手たちに、大学を挙げてその環境を整備し要求するレベルの指導をする ためにあります。
箱根を目指し日本や世界の水準を目指す選手がいるから大学を挙げてサポートし指導体制を整えていると思ってください。
もし君が将来マラソンで世界水準を目指すとしたら、18歳で入学したその時に何がいちばん必要であるかが指導の基準です。対校戦や駅伝の持ち駒としての指導ではありません
当然、関東の多くの選手は箱根駅伝を夢のステージと考えて、モチベーションを高めていることに疑う余地はありません。それならば、そのモチベーションの延長線上の、もっと先を見た指導 をしているのが山梨学院のトレーニングシステムです。これらの指導育成体制が日本オリンピック委員会 (JOC) から認められ、昨年度は第1回の "トップアスリートサポート賞" を受賞しました。別紙にもあるとおり、過去のオリンピックにおいて今年のトリノオリンピックを含め夏季17名・冬季17名の選手を輩出しています。
強化育成クラブや選手たちに対するトレーニング環境整備・指導体制の確立・経済的サポート・単位習得やキャリアアップに対する支援・就職決定に至るまでのトータルバックアップを行い、競技活動や学生生活に集中できるサポートが受けられるのが強化育成クラブであると認識してください。例えば上田監督は大学の専任教員 (法学部教授) ・飯島コーチは大学専任教員 (現代ビジネス学部・講師) であり、君たちを選手としてだけではなく一人の学生として、常に責任をもって対処できる立場にあり、安心して学生生活を送ることができます。
▲Page Top
実業団で活躍している選手やその他の就職先はどうですか?
2008年の夏に行われた北京オリンピックのマラソン代表に尾方 (中国電力) と大崎 (NTT 西日本) の2名が選ばれました。オリンピックのマラソン代表におなじ大学から2名以上が同時に出場した事例は、1920年アントワープ大会に認められますが、当時のマラソン代表は5名枠であり、3名枠になってからは初の快挙です。
主な実業団でスタッフとして活躍している卒業生は、
三菱重工長崎 黒木監督
四国電力 瀬戸コーチ
トヨタ自動車 辻マネージャー
スズキ自動車 里内コーチ
日清食品 岡村マネージャー
富士重工 尾下マネージャー
アイデム 木村コーチ・福沢マネージャー
チームQ 藤井コーチ (高橋尚子ランニングコーチ)
などがスタッフとして活躍しています。
これまでにお世話になった実業団は、トヨタ自動車、富士通、スズキ自動車、富士重工、愛三工業、八千代工業、小森コーポレーション、日立電線、コニカ、ヤクルト、四国電力、中国電力、中電工、九電工、三菱重工長崎、JFE、山陽特殊製鋼、NTT東日本、NTT西日本、YKK、綜合警備保障、東京電力、トヨタ紡織、トーエネック、NEC、本田浜松、本田栃木、HOKUREN、(旧) 富士銀行、(旧) 神戸製鋼、各地方自衛隊、警視庁、大阪府警をはじめとする各県警などです。
現在活躍をしている選手は、岩永 (九電工) 、尾方・尾崎 (中国電力) 、西川・岩田(YKK) 、尾池・井幡 ・松本(大塚製薬) 、清田・栗原 ・小山(中電工) 、大崎・小椋・大越・中川 (NTT西日本) 、安藤・森本 (山陽特殊製鋼) 、井幡 (愛三工業) 、松田 (日田町役場) 、森・飯上 (八千代工業) 、モグス(アイデム) 、山本 (スズキ自動車) 、山本・荒木 (自衛隊体育学校) 、片貝・松村 (三菱重工長崎) 、大谷健太・康太(JFE)、小山(東京電力)、後藤(西鉄) など、年々その数を増やしています。
東京都庁を始め各都道府県警察署、消防署等でも各地域で活躍している選手も多数在籍しています。特に大阪府警の大坪選手は高校時代演劇部出身でありながら、卒業の年に箱根駅伝8区を走る選手となり、10000mも当時29分45秒台まで記録を伸ばしました。そしてなんと卒業後6年目でハーフマラソン1時間01分55秒・10000mを28分21秒と大阪府警で成長続けています。
教員免許の取得もでき、ほぼ毎年教職の道や指導者として歩み始める卒業生もいます。法学科と行政学科では社会科公民の、現代ビジネス学科では商業の、経営情報学科では情報の、それぞれ教員免許が取得できます。
また、岩手県の富士大学陸上競技部監督、石川県の金沢星稜大学陸上競技部監督・沖縄県のコザ高校監督や鹿児島種子島高校顧問、福岡自由ヶ丘高校顧問、愛媛英明高校顧問、佐久長聖高校顧問、鹿児島商業高校顧問、徳島県中学教員、富山県高校教員、千葉県高校教員、茨城県高校教員、茨城県小学校教員、和歌山県小学校教員も卒業生です。インターハイや各地区総体の会場で卒業生の指導した高校生ランナーに声援を送るのも楽しみのひとつとなっています。
シドニーオリンピック女子マラソン金メダリスト、高橋尚子さんの高校時代の顧問も、山梨学院大学が箱根駅伝初出場したときの6区を走った中沢OBでした。また、かつてチームQ (高橋尚子チーム) のトレーニングコーチも山梨学院大学出身です。その時アンカーの10区を走った高橋真君は現在漫画家として活躍しており、ビックコミックスピリッツで人気だった連載漫画「最終兵器彼女」が映画化されました。また、司法書士として事務所を開いているOBや、NHKやTV局で番組作成に携わっている者もいます。
▲Page Top
先日の新聞に卒業生の公務員就職率が高いと言う記事が載っていましたね?
山梨学院大学の地方公務員合格率は、2002年度全国大学別で第4位となっています。陸上部の2009年度でも卒業生4名が公務員試験に合格しています。就職先情報は陸上専門月刊誌等に掲載されますが、他大学と比較しても安定して優良企業に就職ができていることが理解できると思います。4年間の競技生活はとても重要ですが、一人の学生として卒業後の就職先をしっかりと指導して決めることもとても重要です。そのために山梨学院では陸上指導スタッフはもとより、大学の就職キャリアセンターの専任スタッフが大きな力となっています。日本の経済状態が低迷している現状から見れば、とてもしっかりとした進路就職指導が行き届いていると言えます。
▲Page Top
強化育成クラブ活動をしながら単位習得などの問題点はありませんか?
強化育成クラブ活動をしている者は、特に実力のある選手ほど、遠征や合宿で授業を休まなければならない場合があります。ただ単に出席が足りないために単位が取得できないということがないよう、所定の手続きを行うことによって配慮がなされるようになっています。
まず、選任の指導者のもと、朝夕しっかりとしたトレーニングを積み、専門教育を受けているので、2年と3年で課外活動として単位を認められ、4単位の取得ができます。
また、外国語のクラスでは、スポーツ選手専門のクラス (スポーツ英会話) が開設されており、遠征で役立つ英語を学習しながら単位を取得できます。
すべての学部に共通して、法学や商学の専門教科だけではなく、スポーツの専攻科目の "現代スポーツ論"、"スポーツマーケティング論"、"健康と体力"、"スポーツ文化史"、"健康と運動の科学" などが受講でき、運動選手として必要な知識を体育学部同様に身に付けることができます。その他、今の社会情勢からも興味深い "マスコミと文化"、"科学技術と環境問題"、"生涯学習と文化"、"教育と人権"、"動物の行動と環境" など、これら以外にもたくさんの講座が用意されています。
さらには、体育実技科目の免除も受けられるので、空いた時間にトレーナーなどで身体の手入れを行えます。
どこの大学でも卒業するのに124単位以上の取得が義務付けられています。日夜がんばっている選手たちがこの単位数を効率よく取得できるよう、カリキュラムも配慮されています。
▲Page Top
アスリートのための学生支援室があるときいたのですが?
Study Support for Athletes (略して SSA) とは、強化育成クラブに所属する学生を勉学面から支援する「アスリートのための学習支援室」です。学習に関する基本的な事柄から、より高度な専門知識の修得まで、大学院生を中心とする講師陣が Teaching Assistant (TA) として学習面の様々な要望を親身になって支援しています。
例えば、学習面で分からないことが出てきたときは、TA がマンツーマンで学生をサポートします。テスト勉強のサポートでは勉強の仕方から具体的な内容まで、課題レポートの際には関係資料の探し方からレポートのチェックまで、きめ細やかなアドバイス・サポートを行っています。
大学での学習をサポートすることだけが SSA の役割ではありません。大学での勉学を通じて、アスリート学生が「考える力」や「一般教養」を身につけることをサポートすることも大切な役割であると考えています。さらには、アスリート学生が社会へ出ても通用する「力」をつけるきっかけが得られるような場も目指しています。
▲Page Top
どのような選手育成をされているのですか。
強くなりたいと願うならばある程度厳しく自分自身をコントロールして行く力がなければならないと思います。厳しいと感じる基準を何処に置くか、又は強くなるためにどれだけのことをしなければならないかを考えてみてください。山梨学院の指導の原点は、"判断力" "決断力" そして "実行力" を個人に求めることにある と思います。
周りの噂や想像で「厳しいだろう」と言う判断基準を持っているのではありませんか。理不尽で封建的な先輩後輩のしきたりがあるわけでもありません。トレーニングを頭ごなしに強制するわけでもありません。
例えば、トレーニングの進め方ですが、約2週間分の各パート別 (中距離パートからロングパート、故障回復間際のジョギング中心や、ペース走を中心にやるもの、故障者で水泳やウエイト、また自転車エルゴならできるグループなど) に分かれ、更に能力別にわかれています。トレーニングメニューが提示されたら、まず自分の行うパートとグループを選択し、それを更にそれぞれどのように、変更を加えるかを指導スタッフと相談しながら、日々のトレーニングを進めて行きます。
重要なことは 「何をやったかではなく、なんのためにその日のトレーニングを行ったか」 を考えることだと思います。与えられたもののみのトレーニングは進歩しません。
常に自己判断の領域があるので、その点において厳しさを求めていますが、高校生の皆さんが思っている厳しさは、今のチーム風土には当てはまらないでしょう。何より無理難題を押し付けるようなチーム運営や、トレーニングで今日の実績が築けるスポーツの世界ではありません。例えば、今年を含め24回の箱根駅伝連続出場の中で、優勝3回/2位5回、全日本大学駅伝は準優勝11回。出雲大学駅伝優勝7回。また関東学生陸上選手権では1部校 (順大・早稲田・東海など16校) です。
部員相互の連帯と、個人を尊重し個性を重んじる文化の中でこそ、逞しい選手の育成ができると思います。
"勝手・気まま・わがまま" は指導の対象になるでしょうが、強い信念と理論に裏づけされた行動を規制するものは何もありません。むしろそのような人材を育成するために、この競技部があるくらいです。
「トレーニングは科学的に・寮生活は家庭的に・個人としては学生として又は社会人としての常識と良識をわきまえて」 がわたしたちのイメージだとおもいます。
▲Page Top