山梨学院大学スポーツ科学部

TOP > 資格・進路

資格・進路

取得可能な教員免許状

中学校教諭一種免許状(保健体育)

高等学校教諭一種免許状(保健体育)

教員免許状の取得をめざす人は、必要な科目を履修して所定の単位を修得します。計画的に科目履修ができるように、入学後に詳しいガイダンスを行っています。

取得可能な資格

共通科目I・II・III

公益財団法人 日本スポーツ協会認定

地域スポーツクラブ等において指導にあたる公認スポーツ指導者の養成講座で開講される共通科目I・II・IIIの講習・試験が免除されます。

スポーツリーダー

公益財団法人 日本スポーツ協会認定

地域におけるスポーツグループやサークルなどのリーダーとして、基礎的なスポーツ指導や運営にあたる指導者のための資格です。

アシスタントマネージャー

公益財団法人 日本スポーツ協会認定

総合型地域スポーツクラブなどにおいて、クラブマネージャーを補佐し、クラブ運営のための諸活動をサポートするアシスタントマネージャーの受験資格が得られます。

ジュニアスポーツ指導員

公益財団法人 日本スポーツ協会認定

地域スポーツクラブ等において、幼少期の子どもたちの発育発達に応じた運動遊び・スポーツ指導に関わり、生涯にわたって豊かなスポーツライフを継続する礎を築く指導員資格です。

健康運動指導士

公益財団法人 健康・体力づくり事業財団

保健医療関係者と連携しつつ、個々人の心身の状態に応じた、安全で効果的な運動を実施するための運動プログラムの作成および実践指導計画の調整等を行う指導士です。養成校の認定を受けています。

健康運動実践指導者

公益財団法人 健康・体力づくり事業財団

医学的基礎知識、運動生理学の知識、健康づくりのための運動指導の知識・技能等を持ち、健康づくりを目的として作成された運動プログラムに基づいて実践指導を行う指導者です。養成校の認定を受けています。

トレーニング指導者

特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会認定

一般人からアスリートまで幅広い目的や対象に応じて、科学的根拠に基づくトレーニング指導を行う専門家です。資格取得後、上位資格となる上級トレーニング指導者や特別上級トレーニング指導者を目指すことができます。

障がい者スポーツ指導員(初級・中級)

公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会

主に初めてスポーツに参加する障がい者に対してスポーツの喜びや楽しさを重視したスポーツの導入を支援する初級の資格と、地域における障がい者スポーツのリーダーとして現場で充分な知識・技術と経験に基づいた指導ができる中級の資格が取得可能です。

想定される卒業後の進路

スポーツに関わるあらゆる分野での活躍が期待されます。

スポーツ科学の知と技(スポーツに関する体系的理論や学際的知識、スポーツ競技力や運動能力、指導能力、研究能力、科学的サポート能力、マネジメント能力など)を実践的に身につけることによって、卒業後、スポーツに関わるあらゆる分野での活躍が可能です。

  • 競技スポーツの場におけるマネジメントスタッフ、トレーナーなど
  • 子どもや高齢者・障がい者のスポーツの場における指導者、サポートスタッフなど
  • スポーツ関連企業
  • 競技スポーツや生涯スポーツにおける国際的活動の場
  • 中学校・高等学校における保健体育教員
  • 地方自治体などのスポーツ行政の場で活躍する公務員
  • 身体能力が要求される警察官、消防官、自衛官など
  • 大学院進学など