トップページ > 教員一覧 > 名取 貴光

山梨学院大学 教員プロフィール

健康栄養学部管理栄養学科 准教授

名取 貴光(なとり たかみつ)

担当科目
基礎化学
有機化学
食品学総論
食品学実験
生化学
生化学実験Ⅰ
生化学実験Ⅱ
細胞生化学
生化学Ⅱ
健康栄養特講B(生化学・食品学)
基礎演習Ⅱ
専門演習Ⅰ
専門演習Ⅱ
講義日
月曜日・水曜日・木曜日・金曜日
研究室
45号館(短期大学棟)1F 1-2研究室
専門分野
神経科学、糖鎖生物学、食品科学
最終学歴
山梨大学大学院医学工学総合教育部人間環境医工学専攻博士課程修了
取得学位
医科学博士(山梨大学)
主な所属学会
日本農芸化学会、日本神経科学会、日本生化学会、日本生物工学会、北米神経学会(Society for Neuroscience)
ブログ・ホームページ等
http://blog.ygu.ac.jp/seminar/t-natori/blog/

研究のヴィジョン

生体や食品を構成している成分が私たちの体でどのような機能をもっているのか、脳神経系における役割を中心に研究を行っている。生体の神経機能に関して、食品のもつ新しい機能や現象を見つけることを目標としている。

専門分野: 神経科学、糖鎖生物学、食品科学

主な研究業績

1.学術論文
・Tauchi R, Imagama S, Ohgomori T, Natori T, Shinjo R, Ishiguro N, Kadomatsu K.:ADAMTS-13 is produced by glial cells and upregulated after spinal cord injury. Neurosci Lett. 2012 May

・Tauchi R, Imagama S, Natori T, Ohgomori T, Muramoto A, Shinjo R, Matsuyama Y, Ishiguro N, Kadomatsu K.:The endogenous proteoglycan-degrading enzyme ADAMTS-4 promotes functional recovery after spinal cord injury. Journal of Neuroinflammation.J Neuroinflammation. 2012 Mar 15;9(1):p53

・Wakao N, Imagama S, Zhang H, Tauchi R, Muramoto A, Natori T, Takeshita S, Ishiguro N, Matsuyama Y, Kadomatsu K.:Hyaluronan oligosaccharides promote functional recovery after spinal cord injury in rats.Neuroscience Letters, 488(3),p299-304,2011

・Yin J、Sakamoto K、Zhang H、Ito Z、Imagama S、Kishida S、Natori T、Sawada M、Matsuyama Y、Kadomatsu K: Transforming growth factor-beta1 upregulates keratan sulfate and chondroitin sulfate biosynthesis in microglias after brain injury. Brain Research, 1263, p10-22, 2009.

・Natori T, Nagai K: Endoplasmic reticulum stress upregulates the chondroitin sulfate level which thus prevents neurite extension in C6 glioma cells and primary cultured astrocytes. Cell Mol Neurobiol., 28, p857-866, 2008.

・Nagai K*, Natori T*, Nishino T, Kodaira F: Epigenetic dysregulation induces cell growth retardation rather than cell death in primary cultured glial cells. J. Biosci. Bioeng., 105, p470-475, 2008.*両者ともに筆頭著者である 

・Natori T, Kodaira F, Hirasawa T, Gao Y Y, Nagai K : Augmentation of polysialic acid (PSA) by valproate (VPA) in the early postnatal mouse hippocampus and primary cultured hippocampal neurons. J. Biosci. Bioeng., 105, p164-167, 2008. 

・Kasai H, He L M, Kawamura M, Yang P T, Deng X.W, Munkanta M, Yamashita A, Terunuma H, Hirama M, Horiuchi I, Natori T, Koga T, Amano Y, Yamaguchi N, Ito M: IL-12 Production Induced by Agaricus blazei Fraction H (ABH) Involves Toll-like Receptor (TLR), Evid Based Complement Alternat Med., 1, p259-267, 2004.

2.学会発表
(1)国際学会発表
・Takamitsu Natori, Yukio Komatsu, Kenji Kadomatsu:Extracellular matrix regulates ocular dominace plasticity in the adult rat primary visual cortex,The 25th International Carbohydrate Symposium、ICS 2010, Yokohama,August 2,2010.

・Natori T, Miyake K, Nagai K; ER stress directly upregulates chondroitin sulfate expression in glial cells. 37th annual meeting of the Society for Neuroscience. San Diego, November 3 - 7, 2007.

・Natori T, Nagai K, Kodaira F, Kubota T: Epigenetic regulation of polysialic acid and its abnormality in the brain of the autistic model mouse. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress. Kyoto, June 18-23, 2006.

(2)国内学会・シンポジウム発表
・Takamitsu Natori, Yukio Komatsu, Kenji Kadomatsu, Kaoru Nagai:The sulfated polysaccharides regulate neuronal plasticity in visual cortex. 第34回日本神経科学大会、2011年9月14-17日、横浜

・Takamitsu Natori, Yukio Komatsu, Kenji Kadomatsu:細胞外マトリックスによる大脳1次視覚野の神経可塑性制御、第33回日本神経科学大会、2010年9月2-4日、神戸

・Takamitsu Natori, Yukio Komatsu, Kenji Kadomatsu:Extracellular matrix regulates ocular dominace plasticity in the adult rat primary visual cortex,第28回内藤コンファレンス「糖鎖の発現と制御Ⅰ―機能から病態まで―」(The 28th Naito conference on Glycan Expression and Regulation (1) Function and Disease Mechanisms),2010年7月27-30日、湘南

・Takamitsu Natori, Yukio Komatsu, Kenji Kadomatsu: Expression analysis of proteoglycans in the rat primary visual cortex, 名古屋大学グローバルCOE第2回国際シンポジウム、2009年11月26-27日、名古屋

・Takamitsu Natori, Kenji Kadomatsu; Expression analysis of proteoglycans in the rat primary visual cortex, 第82回日本生化学会大会、2009年10月21-24日、神戸

・Takamitsu Natori, Kenji Kadomatsu; Composition of proteoglycans in the rat cerebrum and the cellular origin of their components. 第29回日本糖質学会大会、2009年9月10-12日、高山

・Takamitsu Natori, Kunio Miyake, Kaoru Nagai; Function of chondroitin sulfate in ER stress exposed glial cells. 第30回日本神経科学大会、2007年9月10-12日、横浜

・名取貴光、古我匠、須山建、米山誠、堀内勲「酵素処理のAgaricus blazei菌糸体機能性成分に及ぼす影響」日本農芸化学会2002年度大会、2002年3月25-27日、仙台
・名取貴光、宇井定春、松原寿樹、小又理恵、奥田徹、三村精男「ブドウプロトプラストの分裂阻害因子の分離同定」日本生物工学会1999年度大会、1999年9月16-18日、大阪

3.その他、著作、特許、受賞等
・新聞記事
 ともに学ぼう!知識を地域へ 時代を読む20
 「腸を活性化し放射能排泄」、山梨日日新聞、2012年3月16日

・特許公開2007-77102(出願日:平成17年9月16日)
 出願人:株式会社応微研、国立大学法人山梨大学
 発明者:西野 徹、名取 貴光、長井 薫、久保田 健夫
 発明の名称:「神経膠細胞増殖促進剤」

・特許公開2006-342077(出願日:平成17年6月7日)
 出願人:株式会社応微研、国立大学法人山梨大学
 発明者:西野 徹、名取 貴光、長井 薫、久保田 健夫
 発明の名称:「小胞体ストレス抑制剤」

・公開番号:特許公開2003-325196(出願日:平成14年5月13日)
 出願人:株式会社応微研
 発明者:堀内 勲、古我 匠、名取 貴光
 発明の名称:インターロイキン12産生促進組成物の製造方法

教育のヴィジョン

管理栄養士に必要な栄養や疾病に関わる基本的な知識を習得するためには生物や化学を総合的に理解していかなければなりません。生体の構造と機能を原子や分子、また細胞レベルで理解し、生体内でおこっている現象が科学的かつ体系的に説明できることを学んでほしいと思います。また、「食」と「健康」の関わり、食品のもつ成分の構造や性質、食品成分の変化について学び、健康における食品の役割について基礎的理解を深めてほしいと思います。
最終的には、地域社会の食生活と健康の向上に貢献する資質を養う人材を育成していけたらと考えています。

主な教育・指導

【プレゼンテーション指導】
学生チャレンジ制度認定の健康栄養学部管理栄養学科1年生の実態調査において、論理的な物事の思考やプレゼンテーションの方法について指導を行っている。

地域社会の食生活と健康の向上に貢献する資質を養う基礎力向上を目標に、大学で学ぶ目的を明確にし、適切な学習・生活環境を構築すること、実践的な活動を通して主体的に取り組む姿勢や社会貢献への意識を養うことを目標とします。


・平成23年度山梨学院学生チャレンジ制度(春季)認定企画「山梨を中心とする中部地方の「食」産業と郷土食の紹介」

・平成22年度山梨学院学生チャレンジ制度(春季)認定企画「山梨県の郷土料理・農畜産物の実態調査及び資料の作成」

社会活動のヴィジョン

健康と栄養に関する事柄を科学的にまたわかりやすく伝えることを目標としている。

主な学内活動・社会活動

【学内】
・入試委員(2011.4.1~)
・FD委員 (2011.4.1~2012.3.31)

【学外】
・YGUラジオセミナー「知って得する!栄養学入門」(2011年5月)
・YGUラジオセミナー「原発問題を受けた食品の新基準~今こそ、食生活を見直そう」(2012年5月)