トップページ > 教員一覧 > 齋藤 雅代

山梨学院大学 教員プロフィール

法学部法学科 准教授

齋藤 雅代(さいとう まさよ)

担当科目
公務員の仕事
商法総則
商行為法(企業取引)
企業法Ⅰ(企業法入門)
企業法Ⅱ
司法実務
会社法Ⅰ
会社法Ⅱ
基礎演習Ⅰ
基礎演習Ⅱ
演習Ⅱ
演習Ⅲ
商法基礎1(大学院法務研究科)
講義日
水曜日・木曜日・金曜日
研究室
50号館(大学院棟)3F 3-8研究室
専門分野
商法
最終学歴
早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程満期退学
取得学位
法学修士(早稲田大学)
主な所属学会
日本私法学会

研究のヴィジョン

 私の専門分野は商法とくに会社法です。
 会社法は企業社会のグローバリゼーションの影響を受けて変遷していきますが、他方で変わらない考え方や原則もあります。その調和をいかに図るべきか、とくに世界共通の株式制度等を中心に研究しています。

主な研究業績

「フランスにおける自己株式取得に関する立法の展開(1)」早稲田大学大学院法研論集110号

教育のヴィジョン

 商法は伝統的な法学部の基幹科目であり、六法のひとつでもありますが、企業に関わる法である点に特徴があります。法学を学びたいという人だけではなく、大学を卒業し企業で働きたいという人にも商法を意欲的に学んで欲しいと考えています。学生のうちは企業は遠い存在のように思われるかもしれませんが、いずれ社会人になったときに役立つような講義をしたいと思います。

主な教育・指導

演習Ⅱ・Ⅲでは会社法の判例を検討したり、会社法のさまざまな論点につき検討しています。
部活動では、ユリステンサークルの顧問をしており、サークル活動で指導をしたり学園祭の準備のサポートをしています。

主な学内活動・社会活動

(学内)FD委員会委員
(学外)山梨県景観審議会委員