トップページ > 教員一覧 > 倉澤 一孝

山梨学院大学 教員プロフィール

経営情報学部経営情報学科 准教授

倉澤 一孝(くらさわ かずたか)

担当科目
経済学Ⅰ
経済学Ⅱ
統計学演習Ⅰ
マクロ経済学Ⅰ
マクロ経済学Ⅱ
ファイナンスⅠ
ファイナンスⅡ
保険論
専門ゼミナールⅠ
専門ゼミナールⅡ
講義日
月曜日・水曜日・木曜日
研究室
新9号館2F 2-3研究室
専門分野
マクロ経済学、ファイナンス、応用統計学
最終学歴
ニューヨーク市立大学大学院経済学部博士課程修了
取得学位
Ph.D. in Economics (The Graduate Center, The City University of New York)
主な所属学会
American Economic Association

研究のヴィジョン

金融市場についてマクロ経済学とファイナンスの観点から研究しています。

主な研究業績

査読付論文
・"Do the Summer Olympics Games Accelerate Economic Growth? A Dynamic Panel Analysis" Empirical Economics Letters (2017)
・"Uncertainty and Consumption: Evidence from the VAR-DCC-GARCH Model", Empirical Economics Letters (2017)
・"Why Random Walk Forecasting Works Well in Forecasting the Japanese Inflation", Empirical Economics Letters (2017)
・"Policy Uncertainty and Foreign Exchange Rate: The DCC-GARCH Model of the US / Japan Foreign Exchange Rate", International Journal of Economic Sciences (2016)
・"The Lead-Lag Relationships between Construction Investment and GDP: Granger Causality Tests and Impulse Responses Using Japanese Data", Economics and Finance Letters (2016)
・"Chinese Economic Growth and Visitors to Japan: A Bivariate Cointegration Analysis", Asian Journal of Economic Modeling (2016)
・”Optimal Inflation under Dollarization", Journal of International Money and Finance (2007)


紀要論文等
・"Data Frequency and Recession Forecasting: An Evaluation of the Probit Forecasting Model with Monthly Data", 経営情報学論集 (forthcoming)
・"Economic Policy Uncertainty and the Volatility in the Foreign Exchange Markets: An Analysis the Autoregressive Distributed Lag and Error Correction Models.", 経営情報学論集 (forthcoming)
・"The Time-Varying Effects of Monetary Aggregates on Inflation and Unemployment: An Application of the Bayesian Vector Autoregression with Time-Varying Parameters and Stochastic Volatility", 経営情報学論集 (2017)
・"Forecasting Chinese Visitors to Japan: An Application of Cointegration and the Vector Error Correction Model", 経営情報学論集 (2017)
・ A Behavioral Framework of Mergers and Acquisitions", 現代ビジネス研究 (2016)
・"Teaching the New Keynesian Model to Undergraduates", 現代ビジネス研究 (2016)
・"背理法をアナロジーとして使った仮説検定の指導法",現代ビジネス研究 (2015)
・"ノーベル賞を受賞した証券投資理論"、現代ビジネス研究 (2014)
・"A Note on the Welfare Gain from Stable Inflation in the Years of Great Moderation", 現代ビジネス研究 (2013)
・"日本の公的債務と財政上の政策フロンティア", 現代ビジネス研究 (2012)
・"Are Precious Metal Investment for an Inflationary Hedge?: A Resampling Approach", 現代ビジネス研究 (2011)
・"モデルに基づいた地球統計学(model-based geostatistics)による公示地価の補間-山梨県内の公示地価を例として", 現代ビジネス研究 (2010)
・"階層ベイズモデルを使った小地域推定-県内市町村の死亡率の推定を例として",現代ビジネス研究 (2009)

教育のヴィジョン

経済学やファイナンスの理論を理解し、実務に応用できる人材の育成を目指しています。

主な教育・指導

・1999−2003  ニューヨーク市立大学 非常勤講師 
(Baruch College、Queens College, Brooklyn College)
・2002−2003  ラトガーズ大学 非常勤講師 (Newark Campus)
・2003−2004  ニューヨーク市立大学 専任講師 (Lehman College)
・2004−2005  ニューヨーク市立大学 非常勤助教授 (City College)
・2006−2016  山梨学院大学現代ビジネス学部 非常勤講師 
・2016−現在   山梨英和大学人間文化学部 非常勤講師

主な学内活動・社会活動

<ラジオ出演>
・FM FUJI 「Evening Rush: ニュースな時間」
  「日銀の出口戦略について」 2017年5月17日 
  「ビットコインについて」 2017年7月27日
・エフエム甲府「てっぺん: Road to Teppen」 (国際政治経済の解説) 2016年12月~現在 毎月第3月曜日  
・エフエム甲府「生涯学習の時間:アメリカ大統領選挙・特にトランプ現象について」 2016年6月7日