トップページ > 教員一覧 > 片田 興

山梨学院大学 教員プロフィール

法学部法学科,大学院社会科学研究科 教授

片田 興(かたた こう)

担当科目
財政学A
財政学B
財政学Ⅰ
財政学Ⅱ
演習Ⅱ
演習Ⅲ
〈教〉経済学
地方行財政特殊講義Ⅰ(大学院社会科学研究科)
地方行財政特殊講義Ⅱ(大学院社会科学研究科)
財政学特殊講義Ⅰ(大学院社会科学研究科)
演習Ⅰ(地方行財政)(大学院社会科学研究科)
演習Ⅱ(地方行財政)(大学院社会科学研究科)
講義日
水曜日・木曜日・金曜日
研究室
50号館(大学院棟)3F 3-11研究室
専門分野
財政学・地方財政論
最終学歴
早稲田大学大学院法学研究科・慶應義塾大学大学院商学研究科・立教大学大学院経済学研究科修了、法政大学大学院社会科学研究科博士後期課程単位取得満了退学。
取得学位
修士(法学)(早稲田大学)  修士(商学)(慶應義塾大学)  修士(経済学)(立教大学)
主な所属学会
日本財政学会  日本地方財政学会  公共選択学会  日本自治学会  経営行動研究学会  日本FP学会 
ブログ・ホームページ等
http://blog.ygu.ac.jp/seminar/katata/blog/index.html

主な研究業績

主要著書等
 Ⅴ「経済事情」現代経済研究センター編『経済科目のオールチェック』実務教育出版社、1996年、224~243ページ(共著)。
 第9章「危険回避的レントシーカーと独占力の社会的費用」ロバート・トリソン、ロジャー・コングレトン編、加藤寛監訳『レントシーキングの経済理論』勁草書房、2002年、164~174ページ。

主要論文等
 「山梨県における自治体病院の経営状況と課題」『研究年報 社会科学研究』、第36号、2016年、15~62ページ。
 「過疎地域医療における自治体病院の役割と課題(下)」『法学論集』、第71号、2013年、137~194ページ(横書き:41~98ページ)。
 「過疎地域医療における自治体病院の役割と課題(上)」『法学論集』、第70号、2013年、88~150ページ(横書き:1~63ページ)。
 「地方政府の最適規模と戦略に関する分析」『法学論集』、第63号、2009年、319~358ページ(横書き:1~40ページ)。
 「財政活動の現状と戦略の視点」『法学論集』、第60号、2008年、157~197ページ。
 「財政活動におけるニュー・パブリックマネジメントの役割」『経営研究』、第15号、2006年、1~24ページ。
 「市町村の職員数と人件費からみた最適人口規模の分析」『経営研究』、第14号、2005年、15~28ページ。
 「地方政府における地方税収入構造の現状とその要因」『立教経済学研究』、第56巻、第3号、2003年、27~44ページ。

主な学内活動・社会活動

(学内)
・大学院社会科学研究科 自己点検・評価委員会