トップページ > 教員一覧 > 麻場 一徳

山梨学院大学 教員プロフィール

スポーツ科学部スポーツ科学科 教授(学部長補佐)

麻場 一徳(あさば かずのり)

担当科目
コーチング論(運動学、運動方法学を含む)
実技実習a4(陸上競技:短距離・跳躍・投てき)
競技スポーツマネジメント論
競技スポーツ演習1(マネジメント)
保健体育科指導論
スポーツ基礎演習 他
講義日
月曜日・水曜日・木曜日
研究室
40号館(経営情報学部棟)4F 4-1研究室
専門分野
スポーツコーチング論 スポーツマネジメント論 陸上競技方法論
最終学歴
筑波大学大学院修士課程体育研究科コーチ学専攻
取得学位
体育学修士(筑波大学)
主な所属学会
日本体育学会 日本スプリント学会、日本コーチング学会、他

研究のヴィジョン

スポーツパフォーマンス向上のために有効なコーチングやマネジメントの方法をテーマとして、各種スポーツ競技種目の中でも特に陸上競技の短距離走(スプリント)を中心に研究を進める。

主な研究業績

・「運動生理学20講(第3版)」(勝田茂他編)、19トップアスリートの特性 陸上競技短距離選手の特性、朝倉書店、2015年
・「スプリント&ハードル」(宮下憲編著)、3-06 ロングスプリントの技術とトレーニング、陸上競技社、2012年
・「コーチングマニュアル USA Track & Field COACHING MANUAL(訳書)」(澤村博他監訳)、第10章 リレー、陸上競技社、2004年

教育のヴィジョン

学生の自律・自立を目指し、自ら課題を見つけ、自主的に学習活動が展開できるようにサポートする立場で関わっていきたい。

主な教育・指導

・山梨学院大学陸上競技部部長(2016年4月~現在)
・陸上競技日本代表監督・コーチ(1997年4月~現在)
 (2012年ロンドンオリンピック陸上競技日本代表選手団コーチ)
 (2016年リオデジャネイロオリンピック陸上競技日本代表選手団監督)
・都留文科大学陸上競技部監督(1987年4月~2016年3月)
 (2012年ロンドン五輪代表;佐野夢加、その他日本代表3名輩出)

社会活動のヴィジョン

大学での教育研究活動を通じて得られた成果を社会へ還元できるよう、積極的に活動していきたい。

主な学内活動・社会活動

・公益財団法人日本陸上競技連盟強化委員会強化育成ディレクター
・公益財団法人日本オリンピック委員会強化スタッフ陸上競技コーチングスタッフ
・公益財団法人山梨県体育協会スポーツ医・科学委員会委員
・一般財団法人山梨陸上競技協会理事
・総合型地域スポーツクラブ「都留アスリート倶楽部」副会長