トップページ > 教員一覧 > 張 華

山梨学院大学 教員プロフィール

現代ビジネス学部現代ビジネス学科 准教授

張 華(ちょう か)

張 華
担当科目
基礎マーケティング
マーケティング概論
流通論Ⅰ
流通論Ⅱ
サプライチェーン・マネジメント
消費者行動論Ⅰ
消費者行動論Ⅱ
基礎演習Ⅰ
基礎演習Ⅱ
演習Ⅰ
演習Ⅱ
演習Ⅲ
演習Ⅳ
マーケティング論特殊講義Ⅰ(大学院社会科学研究科)
マーケティング論特殊講義Ⅱ(大学院社会科学研究科)
演習Ⅰ(マーケティング論)(大学院社会科学研究科)
演習Ⅱ(マーケティング論)(大学院社会科学研究科)
講義日
火曜日・水曜日・木曜日
研究室
50号館(大学院棟)2F 2-16研究室
専門分野
流通論、マーケティング論、ファミリービジネス論
最終学歴
神戸大学大学院経営学研究科博士課程後期課程修了
取得学位
博士(商学)(神戸大学)
主な所属学会
日本商業学会、日本マーケティング学会

研究のヴィジョン

 現代中国を代表する商人集団―温州商人。彼らは、人的ネットワークを活用して、中国国内だけではなく、フランス、イタリア、アメリカなど、欧米諸国でも、活躍して、ビジネスの成功を収めている。しかし、温州経済の発展モデルについて、数多くの研究は蓄積されているが、経済発展の担い手である温州商人に関する研究は、皆無に等しい。
 本研究、定性的な手法と定量的手法をうまく組み合わせて調査することによって、温州商人の人的ネットワークについて、多面的な理解を深めて、彼らの実態を捉えようとしている。

主な研究業績

【論文】
張華(2014)「温州商人の市場活動に関する研究の系譜」、『山梨学院大学現代ビジネス研究』第7号、3-12頁。
張華(2013)「温州商人の人的ネットワークの類型形成のメカニズムに関する考察」、『山梨学院大学現代ビジネス研究』第6号、39-51頁。
張華(2012)「温州商人のビジネスモデルに関する考察~人的ネットワークと経営特性を中心に~」、『山梨学院大学現代ビジネス研究』第5号、33-42頁。
張華(2011)「中国Eコマース企業のビジネスモデルに関する研究~淘宝網の事例を中心に~」、流通科学大学アジア流通研究センター研究ノート。
張華(2010)「温州商人の人的ネットワーク~商人家族と市場のダイナミズム~」、『神戸大学大学院経営学研究科博士論文』。
張華(2009b)「商人家族と市場社会のダイナミズム(後編)」、『六甲台論集』第 56巻第3号、35-47頁。
張華(2009a)「商人家族と市場社会のダイナミズム(前編)」、『六甲台論集』第56巻第2号、29-46頁。

教育のヴィジョン

マーケティングでは、顧客起点の物づくりが必要であると言われて久しい。
それと同じように、教育の現場でも、学生起点の教育活動が求められていると思われる。そのために、自身の教育・研究のレベルを向上させながら、そのプロセスで培ったものを、学生たちに「伝わる」ように、しっかりと教育活動に励んでいきたいと考えている。

主な教育・指導

基礎演習(留学生担当)
 小論文の書き方やプレゼンテーションの仕方を教える一方、自分の10年以上の留学経験を生かして、彼らは、同じような失敗を繰り返さないように、大学生活の良き相談相手になりたいと考えている。
 そして、学習のプロセスの中で、日本語能力の向上を目指すだけではなく、日本の生活習慣、相撲などの固有の文化等も知ってもらって、社会人としての最低限の教養を身に着けてほしいと考えている。
 現在、そういう実践に取り組んでいる真っ最中である。

専門演習(マーケティング・流通)
 ゼミでは、マーケティング・流通関係の文献輪読を通じて、基礎知識を習得してから、ケーススタディを行い、マーケティング・流通政策の立案や実行を指導する。そうしたゼミ活動を通じて、マーケティングの魅力を体感してもらいたいと考えている。

社会活動のヴィジョン

産官学連携がますます進む中で、研究成果の社会への還元として、地元山梨への情報発信を積極的に行おうと考えている。また、実務家との意見交換を通じて、研究に新しい視点を持ち込むことも考慮すべきところである。

主な学内活動・社会活動

(学内)
 入試委員、国際交流委員、留学生支援委員、経営学研究センター研究員 

(学外)
流通科学大学 アジア流通研究センター 専任研究員(2010年4月~2011年3月まで)
神戸大学国際交流プロジェクト―中国大学管理人材育成コース運営委員(2009年~)