トップページ > 教員一覧 > 今井 久

山梨学院大学 教員プロフィール

現代ビジネス学部現代ビジネス学科,大学院社会科学研究科 教授(学部長)

今井 久(いまい ひさし)

今井 久
担当科目
経済学概論
スポーツとビジネスⅠ
女性とキャリア形成
地域課題総合研究
投資と資産形成
フィールド・リサーチ
現代経済事情
演習Ⅰ
演習Ⅱ
演習Ⅲ
演習Ⅳ
経済学特殊講義Ⅰ(大学院社会科学研究科)
経済学特殊講義Ⅱ(大学院社会科学研究科)
演習Ⅰ(経済学)(大学院社会科学研究科)
演習Ⅱ(経済学)(大学院社会科学研究科)
講義日
月曜日・火曜日・水曜日(後期)・金曜日
研究室
50号館(大学院棟)2F 2-2研究室
専門分野
医療経済学、社会疫学
最終学歴
メンフィス大学大学院経済学部修了、山梨大学大学院医学工学総合教育部修了
取得学位
博士(経済学)(メンフィス大学) 博士(医科学)(山梨大学)
主な所属学会
International Health Economic Association、日本疫学会、日本公衆衛生学会、日本病院管理学会
ブログ・ホームページ等
http://blog.livedoor.jp/hisashi_imai

研究のヴィジョン

・医療の分野における、経済的な分析
・特に社会経済的な環境が、健康や健康行動に及ぼす影響を検証
・その他にも、健康や健康行動に影響を及ぼす、様々な要因の追求

主な研究業績

論文
1995年 『The Production of Health: Japan and the U.S. Compared』 The University of Memphis
1997年 『Comparing Health Production in Japan and the United States: A Fixed Effect Approach』 山梨学院大学 商学論集
1999年 『歯科医による医師誘発需要』 山梨学院大学 商学論集
2000年 『米国における病院経営の歴史と現状』 山梨学院大学 商学論集
2001年 『中国における医療保障制度改革』 山梨学院大学 商学論集
学会発表
1996年3月 Missouri Valley Economic Association Annual Meeting(Memphis):The Production of Health: Japan and the U.S. Compared
1996年11月 Southern Economic Annual Conference(Washington D.C.):Comparing Health Production in Japan and the United States
2000年9月 第14回私立大学情報教育協会大会 発表事例:デジタルメディアを活用したゼミナール活動
2000年11月 第39回日本病院管理学会学術総会 発表事例:外来患者における来院のきっかけ及び継続受診意志に関する調査研究
2003年10月 第62回日本公衆衛生学会 発表事例:長寿に関する意識のパイロット研究:意識が長寿に与える影響
2004年7月 平成16年度 全国情報教育方法研究発表会 発表事例:関数機能を利用した会計システムの構築
2004年10月 第63回日本公衆衛生学会 発表事例:経済的な要因が健康寿命に与える影響:山梨県健康寿命実態調査より第3報
2005年9月 第64回日本公衆衛生学会 発表事例:社会経済的状況とストレス保持状況との関連
2006年1月 第16回日本疫学会 発表事例:Impact of Economic Factors on Memtal Stress in Japan

教育のヴィジョン

各授業における目標は、自分の専門的な知識を学生に還元することであるが、学生のインセンティブを刺激することを最優先の課題としている。
特に、ゼミナール活動においては、(1)医療や健康に関する経済的または社会的な問題を扱う、(2)それらに関するプロジェクトを推進する、(3)プロジェクトの中間報告を本学の学園祭である「樹徳祭」で行なう、(4)最終報告書を作成する、(5)最終報告をインターネット上で公開する、の5点を基本方針としている。
このようなゼミナール活動を推進していくことによって、(1)学生が何かに自信をつけ、(2)ゼミナール活動の評価を外部から受け、さらには、(3)ゼミナール活動の結果が社会に貢献できることを目指している。

主な教育・指導

1999年度「山梨学院学生チャレンジ制度」認定 今井ゼミナール研究プロジェクト 『今の医療サービスに満足ですか:病院別外来患者の満足度調査』
2000年度 今井ゼミナール研究プロジェクト 『地域格差ってなんなのさ:医療の地域格差に関する調査研究』
2001年度「山梨学院学生チャレンジ制度」認定 今井ゼミナール研究プロジェクト 『甲斐の中の蛙中国を知らず:日中における医療の社会問題の比較研究』
2002年度「山梨学院学生チャレンジ制度」認定 今井ゼミナール研究プロジェクト 『信濃長寿発見伝:男性長寿日本一の長野県から学ぶ』
2003年度「山梨学院学生チャレンジ制度」認定 今井ゼミナール研究プロジェクト 『子供に愛と医療を:小児医療に関する意識の日中比較』

社会活動のヴィジョン

自分の専門的な知識を社会に還元する。
また、ゼミナール活動の結果が社会に貢献できるよう、指導する。

主な学内活動・社会活動

1998年 - 1999年 山梨県サービス業振興検討委員会委員
2002年 - 2004年 関東財務局財務行政モニター
2003年 - 2004年 山梨県健康寿命実態調査分析研究会研究員
2002年 - 2003年 山梨産業保健推進センターより依頼研究 『平成15年度 産業保健実態調査報告書』
2002年 - 2006年 甲州リハビリテーショングループ医療・福祉オンブズマン
2004年9月     第15回テレビ山梨サイエンス振興基金 研究助成受賞 人文・社会科学部門 『サプリメント市場の特徴と経済効果:女子学生を対象としたパイロット研究』