トップページ > 教員一覧 > Alberto de Melo ALBUQUERQUE

山梨学院大学 教員プロフィール

現代ビジネス学部現代ビジネス学科 准教授

Alberto de Melo ALBUQUERQUE(アルベルト デ メロ アルバカーキ)

担当科目
英語セミナーA
英語セミナーB
英語セミナーC
英語Ⅰ
英語Ⅱ
英語Ⅲ
英語Ⅳ
講義日
月曜日・火曜日・水曜日
研究室
新9号館2F 2-1研究室
専門分野
国際関係、ジェンダー、多様性、異文化コミュニケーション
最終学歴
オレゴン大学(米国オレゴン州ユージーン市)
取得学位
異文化コミュニケーションプログラムPhD(候補生), ユヴァスキュラ大学(フィンランド), 米国オレゴン大学国際関係プログラム修士号(2001年6月)
主な所属学会
ICA・国際コミュニケーション学会(International Communication Association), NCA・ブラジルコミュニケーション学会(Nacional Communication Association), IAFOR・国際学術フォーラム(The International Academic Forum)

研究のヴィジョン

企業家精神、いじめ、多文化論、言語、ジェンダー、文化、多様性

主な研究業績

• 地域の多様性と固有性を対象とするユニーク・ヤマナシ – 多文化グループを
主催。
• 国際認定資格を持つマスターライフコーチ

教育のヴィジョン

教育者として、私は自分の役割を同僚や学生と常に情報交換をする助言者である
と考えています。特に私は学生を同輩とみなし、彼らの新鮮なものの見方や意見
に耳を傾けたいと思っています。私は学生たちに大学で学ぶことが人生の準備と
なるだけなく、現にそれ自体が生活であり、彼らが行うすべてのことに大切な意
味があり、一人一人の人生に影響するものであることを覚えておいてほしいと思
っています。

主な教育・指導

私が担当するクラスは私自身にとっての学習体験の場でもあります。私は毎回の
授業が学生に取って意義深い体験となることを願っています。私は特に参加者と
直接対話する機会のあるセミナーや小人数のワークショップを中心に主催してい
ます。

社会活動のヴィジョン

コミュニティの一員として、自らの居住地の生活の質の改善に寄与することは私
たちの責任です。私は日本生まれではありませんが、現地コミュニティの一員で
あると自認しています。私はコミュニティ内で多様性と創造性を育むユニーク・
ヤマナシの活動を開始しました。

主な学内活動・社会活動

甲府市内の国際センターで、文化、多文化論、コミュニケーションをテーマとす
る多数のワークショップを開催し、山梨学院大学の「英語でワークショップ(
EDW)」でも同様のワークショップを開催しています。