RESOURCES

情報公開

取り組み実績(初年次教育)

第10回「基礎演習Ⅰ」小論文コンテスト(2018.11.21)

開催日時 2018年11月21日(水)    17時
開催場所 キャンパスセンター2F シーズ・シアター

 1121日(水)17時よりキャンパスセンター内シーズ・シアターにおいて、第10回「基礎演習Ⅰ」小論文コンテスト表彰式が挙行されました。

 法学科、政治行政学科、現代ビジネス学科、管理栄養学科の1年生741名が履修する「基礎演習Ⅰ」38クラスの代表作品の中から、最優秀作品賞(各学科1名)、優秀作品賞(各学科2名)が選ばれ、あわせて12名の受賞者に、丸山正次副学長より賞状と副賞が授与されました。

 丸山副学長は受賞作品のテーマなどを紹介されるとともに、「1年次の前半小論文を完成させる基礎ができたので、それを発展させてさまざまなことにチャレンジしてほしい」と受賞者を激励されました。

 また、最優秀作品賞を受賞した現代ビジネス学科の竹原和花さん(小論文テーマ「英語の早期教育は望ましいか」)は、受賞者の代表として喜びを語るとともに、「テーマについて調べる過程で、今まで目を向けなかったことについても自ら考え、答えを見つけていくようになったが、自分の言いたいことを分かりやすく文章にすることの難しさを実感した」と述べ、さらに、「この受賞を励みにして、どのような場面でも自分の考えをさらに上手に表現し、これからの大学生活および社会人になる際はそれが自分の強みとなるよう努力したい」と抱負を語りました。

「基礎演習Ⅰ」における小論文では、テーマの設定、問いの発見、主張やそれを支える根拠の提示方法などを学びながら論理的に書くことが求められます。1年次前半で経験した小論文作成をぜひ専門の学びへと繋げてほしいと願っています。 

前のページへ戻る