目 次

本書について…(1)

第Ⅰ部 3.11以降の学問論 ―大学・研究・社会の枠組の再検討―

今、学問はどうあるべきか─2011.3.11 が研究者に突きつけたこと─…森 幸也(4)
非日常性と対峙する生涯学習研究…永井 健夫(7)
複合大災害後の「苦悩の記憶」の記録化…小菅 信子(9)
社会科学に求められる物語論的転回…竹端 寛(13)
3.11後の社会教育を考える─「つながり」をめぐる議論から─…青山 貴子(22)
3.11東日本大震災で学び、考えたこと─「自立した個人」の形成─…黒沢 惟昭(25)
福島第一原子力発電所事故の前にも後にも環境政治理論が問うもの…丸山 正次(28)
原発事故以後、科学史に課せられた責務─科学と科学史研究の枠組の批判的再検討─…森 幸也(31)
大学教育と学問研究に関する体験的試論…椎名 愼太郎(37)

第Ⅱ部 宮坂社会教育論の再検討

宮坂先生のこと…久田 邦明(46)
社会教育の研究に通底する姿勢─宮坂広作「八〇年代の社会教育」の検討を通して─…仲村 拓真(47)
宮坂社会教育論の再検討 ─専門職化論をめぐって─…加藤 由以(49)
宮坂PTA論を読む ─『PTA改革論』(明治図書,1974)の検討─…本庄 陽子(51)
宮坂社会教育論の「遺産」 ─娯楽・教育メディア論への接続─…青山 貴子(54)
宮坂社会教育論における「社会教育職員」の位置…松橋 義樹(57)
宮坂広作『現代日本の社会教育』(明石書店,1987)から得た教え…津田 英二(59)
師の教えを受け継ぐということ…梨本 雄太郎(61)
あらためて読み直す2つの宮坂論文…稲葉 隆(62)
歴史家としての宮坂広作先生…越川 求(64)
宮坂広作著『生涯学習と自己形成』(明石書店,2010)を読む…田中 治彦(66)
「消費者教育の現代的課題」について…永井 健夫(68)
宮坂広作著『生涯学習の遺産─近代日本社会教育史論─』(明石書店,2004)を読む…相庭 和彦(70)
社会教育の〈現在-歴史〉への批判を試みた宮坂社会教育論─遺書『生涯学習と自己形成』(明石書店,2010)を中心とした考察─…松岡 広路(74)
宮坂広作「学級・講座計画の視点」(碓井正久編『社会教育の学級・講座』[講座現代社会教育Ⅴ]亜紀書房,1977)を読み直す…鈴木 眞理(78)