目 次

はじめに…椎名 慎太郎(1)

第4回「経験交流集会」および本報告書について…永井 健夫(2)

I 開会のことば

椎名 慎太郎(生涯学習センター長・法学部行政学科教授)(3)

II 報告

1)高等教育における「評価」…伊藤 美輝(短期大学保育科教授)(4)

2)教育評価委員会の取り組み…丸山 正次(法学部行政学科教授)(7)

3)授業の評価…松本 武彦(一般教育部助教授)(9)

4)語学教育における評価…大神田 丈二(一般教育部教授)(12)

5)「出席」の意味…萩原 夏樹(大学院公共政策研究科院生)(15)

6)学生像をめぐって…廣瀬 絵美子(法学部行政学科学生)(17)

III 意見交換

1)「教育評価」をどう捉えるか…(19)

2)「出席」をめぐって…(25)

3)評価の基準・公平性…(30)

4)学生の「多様化」…(33)

IV 閉会のことば

古屋 忠彦(山梨学院大学学長)…(39)

 

当日配布資料 : 「教員・学生合同会議の会議記録」(42)

参考資料 : 「21世紀の大学像と今後の改革方策について―競争的環境の中で個性が輝く大学―」(大学審議会答申)[抜粋](47)