トップページ > お知らせ一覧 > 国の「高等教育の修学支援新制度」について(2022年度)

山梨学院大学お知らせ一覧

2021年10月21日(木)

国の「高等教育の修学支援新制度」について(2022年度)

※国の「高等教育の修学支援新制度」に関する「2022年度」の新規手続についてご案内します。

2020年度から開始された、国の「高等教育の修学支援新制度」について、本学は機関要件の確認申請を行い、2020(令和2)年9月11日付けで文部科学省から対象校として確認されました。
この制度は、経済的な理由で大学進学や学びの継続をあきらめることが無いよう、日本学生支援機構(JASSO*)の給付型奨学金(返還が不要な奨学金)及び対象校の授業料等減免(授業料と入学金の免除または減額)により、学修意欲のある学生・生徒を支援する国の新たな制度です。
これにより、山梨学院大学に在学されている方及び進学される方で、「家計」及び「学業成績」の両要件を充足する方は、この支援を受けることが可能となりました。

*JASSO(Japan Student Services Organization)

○大学等における修学の支援に関する法律第7条第1項の確認に係る申請書は、こちらをご覧ください。

○修学支援新制度の詳細は、以下のウェブサイトからご確認ください。
文部科学省「高等教育の修学支援新制度」
日本学生支援機構(JASSO)「奨学金の制度(給付型)」


○日本学生支援機構のホームページから「進学資金シミュレーター」を利用して、新制度の対象となるかどうかのおおよその確認が可能です。(試算によるものであるため、実際に申し込んだ場合の結果とは必ずしも一致しません。)
日本学生支援機構(JASSO)「進学資金シミュレーター」

○修学支援新制度を利用するためには、「日本学生支援機構(JASSO)給付奨学金」及び「授業料等減免」の両制度への申請が必要です。本学における申請手続は、以下のとおりです。

○本ページの内容は、日本学生支援機構(JASSO)のスケジュールが公開され次第、適宜更新されますので、申請手続を予定される方は定期的に最新情報をご確認ください。


 新入生

○高校在学時にJASSO給付奨学金に申請し、「予約採用候補者」に認定されている新入生

本学入学後に必要となる手続を完了し、支援対象者としての審査が確定した後、納入いただいた前期分授業料等に対する減免分の還付を行います。還付時期は、7月末頃を予定しております。
なお、後期授業料に関しては、後期の支援区分が確定後、10月末~11月初旬頃を目安に別途、新しい区分が適用された学費等納入通知書をお送りいたします。
また、予約採用候補者として決定している方も、本支援制度をご利用いただくためには、進学後に所定の手続を行っていただく必要がありますので、ご留意ください。(現在は、まだ「候補者」です。)

 申請手続について 

<入学前>
学費等納入通知書の納入区分を「分納」の金額で、前期のみ納入してください。

<入学後>
(1)JASSO給付奨学金の「予約採用」手続を行ってください。
手続の詳細は、本学ホームページ「日本学生支援機構(JASSO)奨学金を希望する皆さんへ」(2022年3月末掲載予定)をご確認ください。

(2)授業料等減免に関する手続を行ってください。
本学における授業料等減免に関する手続は、以下の資料を各自でダウンロードの上、提出書類については「A4」サイズで印刷し、該当書類を作成の後、JASSO給付奨学金の申請書類と一括して提出(郵送)していただきます。

[資料のダウンロード]
①2022年度 高等教育修学支援制度の申請をご検討されている方へ(ハンドアウト)
②授業料等減免の対象者の認定に関する申請書(A様式1)
③国の高等教育修学支援制度に係る振込口座報告書

〇大学進学後に新規採用の申請を希望する新入生(高校在学時に申請しなかった新入生


大学進学後に新規採用に申請する新入生は、本学入学後に必要となる手続を完了し、支援対象者として採用された場合には、支援区分確定の後、納入いただいた前期分授業料等に対して当該支援区分に基づく減免額の還付を行います。還付時期は、7月末頃を予定しております。
なお、後期授業料に関しては、後期の支援区分が確定後、10月末~11月初旬頃を目安に別途、新しい区分が適用された学費等納入通知書をお送りいたします。

 申請手続について 

<入学前>
学費等納入通知書の納入区分を「分納」の金額で、前期のみ納入してください。

<入学後>
(1)JASSO給付奨学金の「在学採用」
手続を行ってください。
手続の詳細は、本学ホームページ「日本学生支援機構(JASSO)奨学金を希望する皆さんへ」(2022年3月末掲載予定)をご確認ください。

(2)授業料等減免に関する手続を行ってください。
本学における授業料等減免に関する手続は、以下の資料を各自でダウンロードの上、提出書類については「A4」サイズで印刷し、該当書類を作成の後、JASSO給付奨学金の申請書類と一括して提出(郵送)していただきます。

[資料のダウンロード]
①2022年度 高等教育修学支援制度の申請をご検討されている方へ(ハンドアウト)
②授業料等減免の対象者の認定に関する申請書(A様式1)
③大学等への修学支援の措置に係る学修計画書(山梨学院大学)
④国の高等教育修学支援制度に係る振込口座報告書

 在学生

                                        
〇春採用に申請を希望する在学生(現在、本制度の支援を受けていない在学生


在学生は前期開始後に本制度に申請することができます。

本制度への申請を検討している方は、通常手続における学費等納入通知書での納入はせず、支援対象者としての審査が確定の後、学費等納入金を納入してください。
支援対象者として採用された場合には、支援区分確定の後、当該支援区分に基づく減免額が適用された学費等納入通知書をあらためて送付いたしますので、指定期日までに学費等納入金を納入してください。
なお、後期授業料に関しては、後期の支援区分が確定後、10月末~11月初旬頃を目安に別途、新しい区分が適用された学費等納入通知書をお送りいたします。

 申請手続について  

<前期開始後>
(1)JASSO給付奨学金の「在学採用」手続を行ってください。
手続の詳細は、本学ホームページ「日本学生支援機構(JASSO)奨学金を希望する皆さんへ」(2022年3月末掲載予定)をご確認ください。

(2)授業料等減免に関する手続を行ってください。
本学における授業料等減免に関する手続は、以下の資料を各自でダウンロードの上、提出書類については「A4」サイズで印刷し、該当書類を作成の後、JASSO給付奨学金の申請書類と一括して提出(郵送)していただきます。

[資料のダウンロード]
①2022年度 高等教育修学支援制度の申請をご検討されている方へ(ハンドアウト)
②授業料等減免の対象者の認定に関する申請書(A様式1)
③大学等への修学支援の措置に係る学修計画書(山梨学院大学)
④高等教育修学支援制度に係る学費等特別延納願

[申請手続前に学費等納入金を納入済みの方は、④に代えて⑤を提出してください。]
⑤国の高等教育修学支援制度に係る振込口座報告書

 お問い合わせ 
 
山梨学院大学 学生センター
TEL 055-224-1240(平日 午前9時~午後5時)
電子メールアドレス shogakukin@c2c.ac.jp

Page Top