スポーツ科学部

資格・進路

広がるフィールド

スポーツ科学部では、所定の科目を履修し、単位を修得することで、中学・高等学校の保健体育の教育免許状、小学校教諭の免許状を取得することができます。また、スポーツに関わるさまざまな資格を取得することもできます。資格の取得は、それぞれの資格に関連する専門的な職業に就く場合はもちろん必要ですが、その資格に関連しない職業に就く場合であっても、資格取得の過程(目標に向かって努力できること)などが採用側から評価される場合があります。そして、何よりも資格取得という目に見える成果によって自分の自信につながると同時に、それらの資格によって大学卒業後にさまざまな道が開けてくることになるでしょう。

取得可能な教員免許状・資格

  • 中学校教諭一種免許状保健体育
  • 高等学校教論一種免許状保健体育
  • 小学校教諭二種免許状(教育業務提携校の通信教員課程を利用)
  • (公財)日本障がい者スポーツ協会 障がい者スポーツ指導員初級・中級
  • (公財)日本サッカー協会 C級コーチほか

    スポーツに関するさまざまな資格を取得することができます。

取得を目指す資格

  • 公益財団法人 日本スポーツ協会
    コーチングアシスタント/アシスタントマネジャー/ジュニアスポーツ指導員/水泳コーチ/ホッケーコーチ
    共通科目I・II・III(受験資格)※

    ※公認スポーツ指導者養成講座における共通科目I・II・IIIの講習が免除されます。

  • 公益財団法人 健康・体力づくり事業財団
    健康運動指導士(受験資格)/健康運動実践指導者(受験資格)
  • 特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会
    トレーニング指導者(受験資格)
  • 公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会
    障がい者スポーツ指導員(初級・中級)
  • 公益財団法人 日本サッカー協会公認
    C級コーチ
  • 社団法人 全国体育スポーツ系大学協議会
    JPSUスポーツトレーナー(受験資格)

身につくチカラ

  • 競技スポーツ推進者としての実践力
  • マネジメントスタッフとしての実践力
  • スポーツ行政の場で役立つ実践力
  • 生涯スポーツ推進者としての実践力
  • 保健体育教員としての実践力
  • スポーツ関連企業で役立つ実践力

卒業後の想定進路

卒業生の主な就職先

Student Voice

在学生YGUな人

樋川 歩実さん

スポーツ科学部4年

山梨県・都留高等学校出身

夢はスポーツインストラクター 健康運動指導士の資格に挑む

学生トレーナーとして水泳部に参加 人前で指導する経験を積む

子どものころから水泳を習っていて、プール脇で活躍するインストラクターの姿にあこがれていました。自分も将来は人前で運動指導をしたいと思い、まずは健康運動指導士の資格をとるために大学を探しました。山梨学院大学に決めたのは、自宅から通えることと、他大学と比べカリキュラムに遜色がなかったからです。
入学して驚いたのは、先生方や先輩との距離の近さです。実習を通して多くの先輩たちとも顔見知りになるので、学部全体が暖かい雰囲気でした。
1年次から岸先生の主催するトレーナー育成の勉強会に参加していたのですが、2年次になるとその活動が「学生アスレティックトレーナー部」として発展。10月からはアスレティックトレーナー部の活動として水泳部に派遣され、2時間の陸上トレーニングメニューの指導とマッサージを担当しました。この経験のおかげで、人前に立って指導する大変さや、怪我に対して臨機応変に対応する大切さを学びました。大会で好成績を収めた水泳部員から「ケアのおかげです」などと声をかけてもらえると本当に嬉しく、やってよかったと、感激しました。

スタジオでのダンスレッスンの夢のため指導力やメニューの構成力を身につける

3年次の授業では「野外活動教育論」が印象的でした。小・中学生の野外活動の授業の意義のほか、教員側に求められる心構えや準備の重要性を一から学べました。加えて、怪我の危険性や保護者への理解促進など、現状の課題も含めて理解を深めることができました。
グループに分かれて障がい者向けの40分の運動メニューを考える、全15回の実習もありました。私のグループは腕が不自由な人と健常者が一緒にできる「キックドッジボール」を考案。健常者は上半身を使わないというハンデをつけました。ところが、実際にやってみると想定外の事態が続出。障がい者の気持ちになって楽しめるルールになっているか、パラスポーツのルールがどのような点に配慮してつくられているのかなどを考えるきっかけになりました。
3年次後期には就職活動も開始し、早期選考に応募しています。卒業までの残りの1年間では、トレーナーとしてもっと経験を積み、きちんとした知識に基づき、自分の意見をはっきり述べることができるように成長していきたいです。

在学生YGUな人

伊藤 裕馬さん

三重県・津田学園高等学校出身

スポーツ科学部の授業等で得ることができる知識を、自分の競技に生かすことができます。

在学生YGUな人

田澤 友梨奈さん

山梨県・日本航空高等学校出身

部活動と勉学の両立、一人暮らしを通じて得られる学び、たくさんの方々と交流することで成長できる人間性など、日々充実した日々を過ごしています。

在学生YGUな人

平松 夕佳さん

愛知県・旭野高等学校出身

先生方からの貴重な情報やアドバイスのおかげで学生生活がさらに充実しました。

在学生YGUな人

石橋 駿さん

静岡県・日本大学三島高等学校出身

野外活動・教育のゼミに所属しています。日本でも有数の山々に囲まれている恵まれた環境の中で、非日常の活動をしています。

在学生YGUな人

髙木 裕都さん

長野県・下諏訪向陽高等学校出身

大学ではスポーツを支える側、トレーナーとしてスポーツに携わっています。大学でしかできない貴重な経験をさせていただいています。

在学生YGUな人

高橋 洋介さん

山梨県・山梨学院高等学校出身

オリンピックで監督やコーチを務めた先生方と授業はもちろん授業以外の時間にもコミュニケーションを取り多くの学びがある素晴らしい環境が整っています。

先輩の声Voice

清水 千尋さん

出身:長野県塩尻志学館高等学校

進路:筑波大学大学院

興味のある分野は率先して学ぶべき

風通しの良い学部

スポーツ科学部は、先生と学生との距離が近く、授業での疑問点やわからないことを気軽に聞くことができ、非常に風通しの良い環境でした。この学部では、たくさんの分野について学ぶことができます。開講科目は、「生理学」や「バイオメカニクス」というような理系分野、「経営学」や「心理学」というような文系分野、その他にも「障がい者スポーツ」や「栄養学」というように、幅広いものです。学年が上がるにつれ専門性が増すため、1、2年生の時に興味のある分野を率先して勉強するとよいと思います。3年での「スポーツ専門演習1」は、研究や実験に没頭できる環境であるため、自分のやりたいことを選択するとよいでしょう。

大学院への進学を目指す

大学院への進学を決めたのは、大学3年生のときでした。本格的な勉強を始めたのは春休みからですが、それ以前に空いている時間を活用し、興味のある分野の研究論文を読んでいました。また、「スポーツ専門演習」では、トレーニング科学分野のゼミに所属し、研究を行っていました。ゼミでの活動がきっかけとなり、「進学」という進路が開かれてきました。大学院進学を目指している人は、先生たちの論文を読むなど、行きたい研究室の情報の収集をしっかり行うとよいでしょう。大学3年生の12月に、筑波大学で開催された研究会に参加しました。そこで行きたい研究室の先生と出会えたので、声をかけ、連絡先を交換しました。その後、イベントや実験の時に、見学に来ないかと誘われるようになりました。論文を読んで研究室で行っている研究を知ることと、実際に研究室にいる人と繋がることが、とても大事なことだとわかりました。また、英語の試験もあるため、英語の勉強もする必要もありました。

大学生だからこそできる学びを

私は、外部で野球を続けていました。夜に練習があり、練習のない日はアルバイトをしていました。大学での授業、自分の研究、野球の練習、アルバイト。これらを両立させる生活が送れるように心がけました。練習で疲れて授業中に寝るというようなことなく、集中して勉学に臨むことができました。空きコマや休みの日などの空いている時間を、何もせず過ごすのではなく、その時に熱中できることを探すと良いと思います。また、海外へ勉強目的で行くなども、大学生である今しかできないことなので、いろんなことに挑戦し、視野を広げることも大切でしょう。3年生は、就活や進学のための勉強など、大事な時期です。勉強するときは勉強する、遊ぶときは遊ぶと、気持ちを切り替えて生活をし、後悔のないように大学生活を送ってください。

先輩の声Voice

斎藤 莉奈さん

出身:山梨県立桂高等学校

進路:ツル虎ノ門病院メディカルフィットネス プラーナ

学びが競技に、将来にもつながる

幅広く学べる場所

スポーツ科学部では、「スポーツ生理学」「スポーツ医学」など、スポーツについて幅広く学ぶことができます。私は障がい者スポーツに興味があり、スポーツ科学部を選んだため、「スポーツ専門演習」では、障がい者スポーツのゼミを選択しました。ゼミ活動では、ブラインド卓球やボッチャを体験し、また障がい者の方と触れ合い、さらに障がい者スポーツ大会のボランティアにも参加し、より深く学ぶことができました。
スポーツ科学部の特徴として、先生と学生との距離が近いことが挙げられます。気軽に相談がしやすいため、知識と経験の豊富な先生方に、たくさん質問をすると良いと思います。

学びを競技実践に結びつける

私は陸上競技部に所属していたので、部活に関係のある「スポーツ栄養学」や「スポーツ心理学」を履修しました。「スポーツ栄養学」では、食事のバランスや、食事と運動の関係性について学び、それを自分の食事にも取り入れました。以前は貧血がひどく、怪我をよくしていたのですが、授業で学んだことを実践したところ、怪我をすることが減り、筋肉がつきやすくなりました。大学で学んだことを自分の競技生活に生かすことができるので、競技を続ける人は部活のことを考えた授業を履修すると良いと思います。
就職先は、トレーナー関係の仕事なので、「スポーツ傷害論」「競技スポーツトレーニング論」の授業で学んだことが役に立ちそうです。学んだことはいろんなところに応用できるので、普段の授業はしっかりと受けるべきだと思います。

自分のやりたいことをやる

履修を決めるにあたっては、友達がいるからというような理由ではなく、興味のあること、自分のやりたいことを基準にして、選択をするべきだと思います。また、資格の取れる授業もあるため、その点も考えて授業を選ぶことが大事でしょう。
3年生になると就職活動が始まりますが、強化部に所属している学生は、部活との両立が大変になると思います。しかし、就職活動をしないと、競技に集中することもできません。練習時間をずらし、午前中に就活を行う、というような工夫をすると、動きやすいのではないでしょうか。自己分析をしっかり行い、インターンシップへ行き、業界研究や職業研究をし、就職活動に臨むのがベストだと思います。

先輩の声Voice

染谷 英輝さん

出身:千葉県・昭和学院高等学校

進路:教員採用試験合格(東京都 中高・保健体育)

夢中になれることに一生懸命取り組む

大学生活

私は水泳部に所属しており、そこでの活動にほぼ全ての時間を費やしました。3年次には主務として部活動の運営を行いました。その役職を経験したことが教採に合格できた要因だと思っています。

この学部に来てよかったこと

・各スポーツに精通した教授陣の豊富さを実感できたこと。
・一人一人に手厚くサポートをしていただける環境であること。
・各スポーツそれぞれにレベルの高い人たちがいて、刺激になること。

後輩へメッセージ

何か自分の中で夢中になれることに一生懸命取り組んでほしいです。部活、勉強、バイト、趣味なんでもいいのでとことん悔いなく取り組んでほしいです。そうすれば自然と将来の理想の自分像が見えてくると思います。

就活について

就活は早く決まれば良いというものではないと僕は思います。もちろん早く終われば楽ですが、本当に自分が就きたい仕事に就くのが一番重要だと思うので、そこを最重要に考えて就職活動に臨んでほしいと思います。

先輩の声Voice

日向 琴乃さん

出身:山梨県・山梨学院高等学校

進路:株式会社プーマジャパン

スポーツを通して交友関係を広げるいい機会

スポーツを通して交友を広げる

空手部に所属していましたがスポーツ科学部の同学年で1人だったこともあり多くの人と関わることができました。実技実習の授業を多く取ることで交友関係も広がります。スポーツ科学部はスポーツが好きな人たちが集まって来ているためプレーを通してすぐに仲良くなれます。いろんな人と関われるディスカッションの授業を取ると顔見知りになれその後の授業などでも楽しく過ごせます。いろんな人と関わるチャンスは近くに転がっているので同じ部活の人達と固まるだけでなく、関わったことのない人ともスポーツを通してなら楽しさを含め交友できるようになっていきます。スポーツ科学部はみんなスポーツが好きということが前提であり「する・見る・支える」といろんなスポーツの場面で考え方を先生や友達だけでなく、後輩とも共有でき同じ空間で同じ意識の中で生活できます。先生方と生徒との距離の近さが魅力で、何かやりたいと思うことがあればすぐに相談できるし、そのことについて自分なりのしっかりとした考えがあれば真剣に生徒の意見に寄り添ってくれます。スポーツを基盤にスポーツだけでなくいろんなことが何でもでき自分の道を後押ししてくれることもこの山梨学院大学スポーツ科学部の魅力だと思います。

後輩たち・高校生へ

普段から授業にはしっかり出席しレポートなどの提出も期限内に出すなど当たり前のことをきっちり行っていたことにより単位も落とさず取れました。
スポーツ科学部は交友関係を広げるいい機会です。いつでも一緒に何かを楽しめる固定のメンバーだけだとただ面白い、楽しいだけで終わってしまいそれも必要だと思いますが、普段では吸収できないものを吸収できる状態を作ることも大事だと感じました。自分が何を吸収するのかを考えられたらいいと思います。「スポーツ科学部って何か楽しそう」だけではなく「今、自分がこれをすることで何を得ているのか」目的を自分の中で答えとして出すことで何となくという感覚で日々を過ごすこともなく何か新しい発見をすることができると思いました。また大学は高校までとは違い好きな科目を履修できるため自分の将来像に関わる必要な科目を選んで履修するべきだと思います。
就職活動は「受かりに行く」よりその会社にありのままの自分を「取らせに行く」という気持ちが大事だと思ました。面接時にありのままの自分と合わなければいつまでも合わないと思うし、合うところは頑張らなくても合うと思います。志望動機は誰かに聞いた内容や本などにある例を書くのではなく自分を信じ自分の言葉で志望動機を書くことが重要です。私は不安だからこそ興味のない会社も受けました。自己分析をすることで自分と向き合う時間を作れ、自分が将来どういうところで働きたいかなど素の自分でいられる会社とめぐりあえると思います。面接対策はキャリアセンターを利用しました。キャリアセンターに相談に行くと自分を肯定してくれます。面接やエントリーシートにおいて自分の何を推したらいいのか、自分が自分自身を信じ込むため、情報収集のためにも行けばメンタル的にも楽になりました。
何か1つでいいから、ここにいる自分を肯定できるように何かしらは得て欲しいです。後悔しないよう心がけていても、何かしら後悔すると思うので、その後悔をできるだけ減らす努力をしてほしいと思います。

先輩の声Voice

若林 頌太さん

2021年卒 大学院進学 (静岡県・加藤学園暁秀高等学校出身)

自分から積極的に行動に移すことで本気度が伝わります

遠藤ゼミに所属し3年生の時から大学院進学を目標に勉強していました。私は、ISS広報部に所属しており、ISSの魅力を知ってもらうための広報活動に全力を注ぎました。広報部では補助学生として野外実習に参加させていただき、集団をまとめることや人前で発言する事など人として成長できて良かったと思っております。また、この学部に来て一番良かった事は、たくさんの先生方と出会えたことです。先生方は学生生活での悩みや疑問を真摯に受け止めてくださり、色々なアドバイスを頂きました。その結果、 自分の中の引き出しが増え、物事をあらゆる角度から見ることができるようになりました。在学生の皆さん、先生と関わるためには自分から積極的に行動に移さなければいけません。研究室に積極的に足を運ぶことが大切だと4年間の学生生活で実感しました。

先輩の声Voice

西川 巧望さん

和歌山県・箕島高等学校出身

2021年卒 就職先:和歌山県庁

トップアスリートを指導している先生から他の大学では学べない専門的な実技や講義を受けることができます。教育を通じて競技力が向上できるのもスポーツ科学部にしかできないことだと思います。

先輩の声Voice

比嘉 和希さん

千葉県・船橋市立船橋高等学校出身

2021年卒 就職先:富士山の銘水株式会社

たくさんの競技者が在籍するため、他クラブの成績の報告が入ると、私も頑張ろうと切磋琢磨できます。どのクラブもレベルが高く、互いに刺激しあえるので、とても良い環境だと思っています。

先輩の声Voice

室伏 絵夢さん

静岡県・伊豆中央高等学校出身

2021年卒 就職先:一般社団法人ホッケージャパンリーグ

ビジネス、マネジメントなどの文系、バイオメカニクスや生理学などの理系、スポーツについて幅広く学ぶことが出来て良かったです。

卒業生YGUな人

沼田 空さん

富山県・石動高等学校出身

2022年卒 就職先:富山県公立学校教員(中高保健体育)

ホッケー部主将と勉強を両立させ教員採用試験(保健体育)に合格

両親の応援を受け、ホッケーと教員免許取得ができる環境に進学

高校まで続けてきたホッケーと体育教諭の夢の両方に取り組める大学として、山梨学院大学に進学しました。大学周辺は自然の豊かな環境で交通の便もよく、ここでの生活がすっかり気に入りました。
授業は興味のある内容が多く、理解しやすかったです。1年次は一般教養がメインですが、2年から教職課程が始まることを念頭におき、教員免許に必要な単位は早めに取得するように心がけました。授業とクラブの活動で忙しかったですが、どちらも全力で取り組みました。
2年次以降はコース選択があります。私は「競技スポーツコース」を選択し、必修単位を落とさないようにしつつ、教職課程のカリキュラムもこなしていました。授業の内容は1年次よりもさらに専門的になります。たとえば「競技スポーツ障害論」は概論的だった1年次の「スポーツ障害論」の発展授業で、競技別、シーン別に怪我の状況などが例示されました。テーピングやストレッチの指導もあり、すぐにでも使える知識が身につきました。自分が経験したことのない競技の事例に触れるのはとても新鮮で、体育教諭としても重要なものばかりだったので、こまめにノートをまとめました。

自信のなかった採用試験 周囲のサポートを得て乗り越える

教員採用試験に向けての準備は3年次の12月くらいから本腰を入れ、地元である富山県の採用試験に向けて対策をしました。4年次からはホッケー部の主将もしていたので大変でしたが、限られた時間内で集中して勉強ができたおかげで生活にメリハリが出ました。二次試験では模擬授業、面接、作文があります。ゼミの先生と共に準備をしました。模擬授業では、知識を教えるだけではなく、グループワークやブレインストーミングの時間を取り入れ、短時間でも生徒が主体的に参加できるようにしました。
この大学はスポーツ活動に理解があり、授業に出られない時は先生が相談にのってくださいます。おかげで、大会運営関係者の方などと交流をする機会がもて、コミュニケーション能力も身につきました。ここで教えていただいたことを、今度は自分が先生となって中高生たちに伝えていきたいです。

卒業生YGUな人

髙木 裕都さん

長野県・下諏訪向陽高等学校出身

2022年卒 就職先:フィットネス関連企業

陰でスポーツ選手を支えるトレーナーの知名度を上げたい

体育教諭を目指して進学 スポーツにかかわる業態の多さを知る

体育教諭の資格取得を目指して山梨学院大学に入学しました。1年次のうちに野外実習があり、友人もできたので、大学生活を安心して楽しめました。
1年次で忘れられないのが「スポーツ障害論」の授業です。テーピングの小テストがあったのですが、テスト前にもっと練習をしたい人向けに、担当の岸邦彦先生が勉強会を開いてくださいました。これがきっかけで、先生にトレーナーの役割も教えていただくようになり、勉強会はいつしか「学生アスレティックトレーナー部」へと発展。学生トレーナーの育成の場となりました。この活動がとても楽しく、私の大学生活は部活動中心となり、4年次には部長も務めました。
2年次は選択コースに応じた授業と教職課程が始まります。このころにはトレーナーに魅力を感じていたので、「競技スポーツコース」に進みつつ、時間の許す限り「生涯スポーツコース」の授業も受講し、とにかく知見を広げました。プロアスリートの取り組みや高齢者指導など、スポーツに関わる人の層の厚さや、業態、職種の幅広さも知ることができました。

トレーナーとして幼馴染の引退試合に同行 将来の選択肢が一気に増える

3年次は教職課程の実習がありました。介護実習での入浴介助や特別支援学校での実習を経験して、人々との接し方などについて考えさせられました。部活動もさらに活性化し、小・中学生のバレースクールへの参加、フィットネスジムでのパーソナルトレーニング、男子ホッケー部の全日本選手権にトレーナーとして参加するなど、多くの実践を積めました。さらに4年次には専属のトレーナーとして1年間バレー部に参加。テーピングやウォーミングアップ、練習後のトレーニングメニューを指導したほか、けが人が出た場合のリハビリ指導も行いました。また、バレー部には小学校からの幼馴染が所属していて、大切な友人の引退試合も見届けることができ、感慨深かったです。
初めは体育教諭を目指して入学しましたが、トレーナーという仕事に出会い、多くの経験まで積めたことで人生が変わりました。今はトレーナーの技術を活かして多くの仕事を経験しながら将来の目標を見つけたいと考えています。スポーツ活動が盛んな大学だからこそ積めた多様な経験に感謝しています。

SNS

学部の魅力をSNSでも発信しています