国際リベラルアーツ学部(iCLA)

アメリカ式リベラルアーツ教育によって高い英語力だけでなく、多角的な教養を修得。
グローバルな思考と行動力を併せ持つ、真の国際人を目指します。

国際リベラルアーツ学部(iCLA)のコンセプト

グローバル人材育成のためのアットホームな少人数制教育

ひとつの専門に絞らず、人文教養、社会科学、数理的推理、自然科学、保健体育など幅広い領域を学ぶリベラルアーツ。
1クラス20名以下という少人数制でジャンルを超えた教養、固定観念にとらわれない感性を身につけ国際社会で活躍できる人材を育てます。

学びのポイント

POINT1使える英語力を鍛えるEAE

EAEは英語による授業や海外留学に必要とされる実践的な英語力を修得するための集中プログラムです。入学時の英語力に合わせて段階的にレベルアップできる体制を整えています。

POINT2全員留学

60校を超える海外大学と提携を結び、全学生に留学の機会が準備されています。別途留学先に授業料を払う必要がなく、取得した単位も卒業単位に換算される交換留学制度でグローバルな視野を育みます。

POINT3国内にいながら留学しているような学修環境

在学生の半分は約30か国から集まる留学生。教員も3分の2が外国籍。英語が共通言語になることに加え、他国の文化を理解し、自国の文化を伝える力が身に付きます。

4年間の学び

幅広い分野にわたるリベラルアーツ型カリキュラム

一つの学問分野に集中するのではなく、幅広い分野を横断的に学ぶのがリベラルアーツの特徴です。それにより、単に知識を修得するのではなく、分野を融合させて複合的な視点で問題を考える“思考力”と、固定観念にとらわれない豊かな“感性・表現力”を養うことを目的としています。
何を学ぶかは自分次第ですが、多様な知識領域から学生たちへの道しるべとして「グローバルビジネス・経済学」「政治学」「人文教養」「日本研究」を4つのメジャーとして体系的な学修ができるようにプログラムを設計しています。
興味・関心や目標に合わせて自由に科目を選択し、一人ひとりが自らの可能性を探り、多様化する社会に対応できる国際人にふさわしい力を身につけることができます。

リベラルアーツ教育を選ぶメリット

  • 基礎力をつける「基幹教育」と学生が選択した分野において深く探求する科目の両方が提供されています
  • 幅広い分野を横断的に学ぶことで多角的な視点を育みます
  • 学生と教員の距離が近い少人数授業は、学術的な卓越性と学生の成長を促します
  • アクティブ・ラーニングの場で、他者の視点に触れ自身の視点を客観的に振り返る習慣を促進します
  • 授業参加、アカデミック・ライティング、批判的思考力の養成に加え、コミュニケーション力やチームワーク等に焦点を置き、就職や進学等の将来に向けた準備に力を入れています

海外留学

世界60校以上の大学と提携。交換留学でグローバルな思考をさらに磨く。

海外の大学と提携を結び、1年間の海外留学を全員に義務付けています。留学先はアメリカ、ヨーロッパ、アジアと広範囲にわたっており、英語圏だけを対象としているわけではありません。それは、英語を母国語としない人々と、英語でコミュニケーションを取る機会が、これからの国際社会では増えていくことを考慮しているからです。なお、提携大学とは授業料の相互免除を前提とした協定を結ぶため、留学中の授業料を別に負担する必要はありません。

海外留学先一覧(2020年2月現在) 順不同

  • ※掲載している旗は国旗の他、一部地方・地域の旗も含みます。
  • ※本提携リストは、2020年2月現在の協定提携実績に基づくもので以降変更されることがあります。

特色ある教育

  • アカデミック英語プログラム

    iCLAの目標の一つである英語による高度なコミュニケーション能力を習得し、自律学習能力を身に着けるための基礎となるのがEAEです。

    iCLAに入学後すぐに始まるのが「EAE」と呼ばれている「アカデミック英語」プログラムです。共通のテキストブックを使いながら、習熟度別のクラスに分かれて授業が行われます。担当教員は、外国籍のネイティブスピーカーから日本人の先生まで多彩な顔触れです。英語で行われる「リベラルアーツ」プログラムを目指して、まずは「読む」「聞く」「書く」「話す」という4つの技能をバランスよく伸ばし、TOEFLやIELTSの得点も上がるように設計されたプログラムです。2019年度から、日本語で行われる「リベラルアーツ入門」が開講され、EAEで使用されるテキストに出てくるテーマを題材にして、リベラルアーツ教育で求められる思考力を磨くトレーニングを開始します。

    LAC(言語学習センター)による細やかな学習支援

    LACはランゲージ・メディアセンターとリーディングセンターの2種類の区域で構成され、学生の言語運用能力を高めるために、最適な環境と教材を提供しています。また言語学習アドバイザーはEAE教員と情報共有しながら、学生が「学び方を学ぶ」ように、自律性を高める支援をします。

  • TOEFL ITP 平均スコア推移

    入学後、約半年で大幅なスコアアップ!
    1年次より集中的に英語力を強化します

    • 入学時の平均スコア
    • 10ヶ月間で獲得した最高スコアの平均

    1年次1月末までの10ヶ月間に獲得したスコアが対象

    • *TOEFL, TOEFL iBT, TOEFL ITP はエデュケーショナルテスティングサービス(ETS) の登録商標です
  • グローバルビジネス & 経済学

    経済学とビジネス分野の授業科目を学ぶことができます。
    経済学の基本科目だけではなく、グローバルな視点や歴史的な視点からも経済を学ぶ授業科目を用意しています。
    また、「起業・ベンチャー論」のような実際のビジネスとの関係を意識した挑戦的な授業も履修することができます。

    グローバルビジネス・経済学は、社会科学的アプローチをとる経済学と、応用的なアプローチをとるビジネス学を融合的に学ぶ学問です。経済学はより理論的ですが、ビジネスの現実と関連付けながら学びます。一方、ビジネス学はより実践的ですが、理論的な概念を使いながらビジネスや金融の現場で実際に起こりうる課題に取り組みます。そして、iCLAではビジネスや経済学をドル、ユーロ、円といったものさしで教えるのではなく、社会的、人間的な側面から教えます。例えば、授業では、富がどのように創造されるのか、なぜ社会全体で収入格差が生まれるのかについての考え方が何百年にもわたってどのように進化してきたのか、といったテーマを取り上げます。さらに、どの科目もグローバルな視点から学ぶため、将来どんなキャリアを選ぶかに関わらず、現代のグローバル社会で活躍するために必要な知識と経験が身に付きます。

  • 政治学

    現在の世界が直面している課題を分析して解決策を考える力を身に着けるために、多彩な授業科目が開講されています。
    「行政学入門」や「社会政策」のように国内で生じる問題を対象とした授業から、グローバルな視点からアジアや日本の立ち位置を考え直すための授業科目も用意されています。

    政治学は人類社会の根本的な問題に取り組みます。iCLAでは、経済成長と安定を目指す政府の政策、貧富の差、NGOが社会的・政治的変化に与える影響、国家間の関係、民主主義制度の危機、世界平和など全てが研究課題になりえます。学生は、これらの問題に多角的に取り組みながら、常に変化する世界の政治情勢を批判的に思考し、分析的に論じることを学びます。このようなiCLAの政治学の授業は、将来、国際関係や外交、行政、非政府組織、コミュニティー形成、学術研究、ビジネスなどの分野で進学あるいは就職し、世界で活躍できる人材を育成します。

  • 人文教養

    文学・芸術・芸能など幅広い授業科目が展開されており、自分自身の興味に応じて学際的な学修が可能となるように設計されています。
    各分野の横断的な授業履修が可能なだけではなく、英語で日本文化について学ぶことができる授業科目も多数開講されています。

    人文教養(インターディシプリナリー・アート)は、視覚芸術、パフォーマンス、文学・言語学、音響芸術、音楽など、クリエイティブな実践科目を幅広く扱います。学生は理論、実践、歴史的観点からこれらの科目を探求することにより、幅広く教養を学びながら自分の選んだ専門分野の理解を深めます。例えば、絵画や彫刻、インタラクティブ・アート、グラフィックデザイン、音楽技術、美術史、クリエイティブ・ライティングや詩を幅広く学びながら、日本美術史、琴、歌舞伎、浮世絵などの日本の芸術や美学を専門的に学ぶことができます。また授業だけではなく、パフォーマンスや作品展示を通して日頃の学習の成果を発表できる “Gala”などのイベントも毎学期開催しています。このようなiCLAの幅広い科目や学習成果発表の機会は、今どの業種においても求められているクリエイティブな人材を育成します。

  • 日本研究

    iCLAで留学生と一緒に「日本」について学ぶことができます。
    他の3つのメジャーでは、「日本」をテーマとした授業科目が多数開講されており、毎学期、交換留学生たちがこれらの授業に参加しています。
    こうした留学生と一緒に、日本の政治・経済・歴史・文化を学ぶことができます。

    iCLAの日本研究では、日本の文化・歴史・経済・政治など幅広い分野の科目をその道の専門家から学び、日本に対する理解をさらに深めることができます。例えば、柔道、空手、合気道、ナンバ術、修験道などの武術、漫画、アニメ、日本映画などの文化、さらにはトランジスタラジオ、ロボット、コンピューターゲームなどを取り上げる日本技術史も学ぶことができます。また、富士山、東京、横浜へのアクセスがよく日本の中央に位置する甲府で、学生生活を送り日本研究を体験的に学べることも、iCLAの魅力のひとつです。さらに、日本語を学びたい留学生や帰国生は、自分のレベルに合うクラスで総合的な日本語運用能力を磨くことができます。iCLAで日本研究を学ぶことで、新しい視野、見識、経験を得て、日本をより深く理解できるようになるだけでなく、今までと違った視点から日本や世界を見ることができるようになります。

SNS

学部の魅力をSNSでも発信しています