山梨学院大学の特長

自信なんて、最初はいらない。

最初から自信たっぷりな人なんてそうはいない。
そんなものは、考え、揉まれ、突き詰めて、努力して、最後の最後に掴み取れればいい。
何をしていいか、わからない。そう思う人もいるだろう。
でも、ここに来れば大丈夫だ。きっと自信が持てるようになる。
ぜひここで頑張って欲しい。
夢を見つけるため・・・新しいあなた自身を見つけるために。
私たちも全力で頑張る。全力で支援する。
培った全ての経験と、考え抜いたあらゆる手段を駆使して。
そして熱い想いを胸にして。
「自信なんて最初はいらない。でも、ここに来れば大丈夫」。

山梨学院大学の3つの強み

  • 国際教育

    世界を身近に感じられる環境でグローバルな感性を養う

    留学先は世界約30か国・地域、60大学以上。キャンパスには、世界39の国と地域から留学生が集まり、インターナショナルな環境で留学生とともに学び、グローバルな感性を養います。

  • スポーツ

    カレッジスポーツを支える15の強化育成クラブ

    15の強化育成クラブのうち、9つが大学日本一に輝くなど競技スポーツでも高い実績を持つ本学では、学問としてのスポーツも広く深めることができる最適な環境が整っています。

  • 就職・キャリア支援

    実践的な学びと高い就職率

    本学独自の充実した就職支援で毎年高い就職率を達成しています。特に公務員就職に強く、公務員試験対策講座を設けて専任講師を配置するなど、一人ひとりを万全な体制でバックアップしています。

  • 建学の精神

    • 本学ハ日本精神ヲ主義トスル
    • 本学ハ祖国ノ指導者養成ヲ旗幟トスル
    • 本学ハ徳ヲ樹ツルコトヲ理想トスル
  • 教育理念

    本学は、日本文化への深い理解と広い国際的視野をもって社会に貢献する人間の育成を目指し、豊かな教養と創造力を備えた人格の形成を図る。

山梨学院の校章

山梨学院の校章は「梶(かじ)の葉」を台座としています。

「梶」は「舵(かじ)」に通じ、「方向」を示すものとされています。

古くより人々は梶の葉に文字を書き、その上達を七夕の星に願いました。

また梶は和紙の原料であり、学問は紙によって発達しました。

このため梶は学問に通じるものとされており、本学の校章はこれを依りどころとして制定されました。