特色
  少人数教育 臨床科目の充実 文部科学省支援プロジェクト 未修者教育の充実 ウォーミングアッププログラムの充実

少人数教育

学生の状況に応じて徹底した少人数授業

本法科大学院では、学生の状況等を踏まえて、14名の専任教員を含む38名の教員が密度の濃い少人数授業を展開しています。講義はオーラルコミュニケーションを中心に、思考のプロセスを重点的に鍛えることを基本にしています。板書や口頭による解説と共に、議論を通じた講義・演習、研究者教員と実務家教員による協同指導(理論と実務の融合)に重点を置きながら、司法試験にも対応したきめ細かな教育を推進しています。 学生28名 教員38名 比率1:1.36 (平成27年5月1日現在)

複数の教員がペアを組んで理論と実務の融合を図る協力科目

本法科大学院では、理論と実務の融合を念頭においた少人数授業を運営することを教育理念として掲げ、各領域のエキスパートの教員が高度な専門性によりきめ細やかに指導して、プロフェッショナルな法曹を育成することをめざしています。この理念に基づく取り組みのうち、一つの授業を複数の教員が協力しながら運営する方法を「協力科目」として、授業実践の特徴のひとつとして位置づけています。

協力科目 協力科目


協力科目一覧

 法律基本科目  公法分野  憲法基礎1、憲法基礎2、憲法総合、公法演習1、公法演習2
 民事法分野  民法基礎4、民法基礎5、民法基礎6、
 民法総合1、民法総合2、民法総合3、民法総合4
 民事法演習1、民事法演習2、民事訴訟法総合1民事訴訟法総合2商法総合1
 刑事法分野  刑事訴訟法基礎、刑法総合1、刑法総合2
 刑事訴訟法総合、刑事法演習1、刑事法演習2
 その他の科目群  地域社会と法、刑事裁判実務、民事裁判実務、法曹倫理
 民事実務演習、刑事実務演習、法と政治
 倒産法刑事政策現代社会と憲法
(太字は2016年度追加科目)
山梨学院大学法科大学院 サイトマップ