山梨学院カレッジスポーツセンター山梨学院カレッジスポーツセンター山梨学院カレッジスポーツセンター

アスリート支援

科学的サポート

スポーツ科学部と連携、医科学(生理、体力、バイオメカニクス)系実習室、低酸素ルームを備えたトレーニング実習室、リハビリテーション実習室、情報分析実習室などの施設を活用した科学的なトレーニングの強化を図っています。

科学的サポート

医療支援

キャンパス内に「山梨学院アスレチック&コンディショニングセンター」を開設。鍼灸やマッサージによる治療・調整からリハビリテーションに関するアドバイスまで、専門の資格をもつスタッフが選手のコンディションづくりに幅広く対応しています。

医療支援

学習支援

各クラブごとに少人数の授業を行う「アスリートキャリア形成」科目を設け、各学部の教授陣と連携し、強化育成クラブの学生に対するきめ細かな学習支援を行っています。また、遠征や合宿で遅れがちな選手の勉強を各学部の学生がスチューデントアドバイザーとなってサポートする体制も整えています。

経済支援

選手への経済支援として、独自のスカラシップ制度を設けています。スポーツ強化指定選手制度の「特別強化指定選手I種・II種・III種(学費減免)」に加え、全国大会優勝者を対象とした「スポーツ奨学金」なども用意しています。

寮と生活環境

強化育成クラブの選手のための寮は全部で26棟あります。各部屋はバス・トイレ・キッチン付きで冷暖房を完備しています。
寮やスポーツ施設はすべてキャンパスのまわりにあるので通学にも便利です。富士山や南アルプスの雄大な景色を眺めながら生活やトレーニングができる素晴らしい環境にあります。

寮と生活環境

カレッジスポーツ
センターによる
総合的支援

競技力向上のために選手や指導者に対して総合的なサポートを行っているのが、「山梨学院カレッジスポーツセンター」です。大学直轄の組織として1977年に設置され、以来40年にわたってカレッジスポーツの振興に力を注いできました。センターは55人のスタッフで構成され、強化育成クラブに所属するすべての選手に対してきめ細かなサポートを行っています。

カレッジスポーツ

文部科学省
「スポーツ功労団体表彰」
JOC
「トップアスリートサポート賞」

山梨学院大学では、2010年、2013年、2017年の三度、文部科学省の「スポーツ功労団体表彰」を受けました。また、JOCが2004年度に新設した「トップアスリートサポート賞」の初代優秀団体賞も受賞しています。カレッジスポーツの振興に取り組み、選手や指導者を長年にわたりサポートしてきたことが評価されての受賞です。

文部科学省「スポーツ功労団体表彰」JOC「トップアスリートサポート賞」

ページトップへ