硬式野球部

硬式野球部TOP > 2017年度年間試合予定 >  2017年度試合予定 > H29 関甲新学生野球連盟秋季リーグ戦

H29 関甲新学生野球連盟秋季リーグ戦

秋季リーグ戦 入替戦 対 平成国際大学

白鷗大学野球場

2017.11.03 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 Total
山梨学院大学 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 1 3
平成国際大学 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 2
(バッテリー)梅原ー江川、丹代

1(二)島
2(中)清水
3(遊)枝川
4(一)備瀬
5(三)岡本
6(指)宮下
7(左)新垣
8(捕)江川→9表PH駒崎→9裏(捕)丹代
9(右)河本

先発の梅原は延長11回、205球を投げ抜く熱投を見せ2失点。勝ち投手。
打線は2回。先頭の4番備瀬が中越三塁打でチャンスを作る。チャンスで6番宮下が詰まりながらも右前に落とし先制点を奪う。同点の7回。先頭の9番河本が中越三塁打でチャンスを作る。チャンスで2番清水が中前安打で三塁走者が返り逆転に成功する。その後同点に追い付かれ延長に入る。ランナーを背負いながらも粘りの投球を続ける梅原。11回からタイブレークに入り、先頭は3番枝川。四球を選び1点を奪う。3-2とリードし、11回裏の守備。梅原が三振を奪い試合終了。3-2で勝利を納めた。

▲Page Top

秋季リーグ戦 第6節 対 白鷗大学

白鷗大学野球場

2017.10.09 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 Total
白鷗大学 1 0 0 0 0 1 0 0 0 2
山梨学院大学 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
(バッテリー)梅原ー江川、丹代

1(二)島
2(中)金城
3(遊)枝川→8表(遊)黒䑓→9裏PH渡辺(魁)
4(一)備瀬
5(三)岡本
6(D)宮下
7(左)清水
8(捕)江川→8裏PH知見寺→8裏PR佐藤→9表(右)佐藤
9(右)大懸→8裏PH駒崎→8裏PR新垣→9表(捕)丹代

先発の梅原は9回を投げ抜き4安打2失点の快投をみせる。
打線は初回2死から四球で出したランナーを置き4番備瀬。相手のミスがあり一塁から一気にホームイン。同点に追いつく。1点を追う9回。2死から5番岡本が二塁打でチャンスを作るが、あと一本が出ずに惜敗した。

▲Page Top

秋季リーグ戦 第6節 対 白鷗大学

白鷗大学野球場

2017.10.08 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 Total
山梨学院大学 1 0 0 0 0 3 0 0 0 4
白鷗大学 1 1 0 0 2 0 1 1 6
(バッテリー)小林、西水、堀内ー江川、丹代

1(二)島
2(中)金城
3(遊)枝川
4(一)備瀬
5(三)岡本
6(指)宮下
7(左)渡辺(魁)
8(捕)江川→6表PH砂川→6裏(捕)丹代
9(右)大懸→6表PR佐藤→6裏(右)佐藤→8表PH駒崎→8裏(右)新垣

先発の小林は3回を投げ2失点。二番手の西水は1回1/3を投げ2失点。三番手の堀内は3回2/3をなげ2失点。
打線は初回2番金城が四球で出塁すると、すかさず盗塁を決める。チャンスで3番枝川が右越二塁打で先制点を奪う。3点を追う6回。5番岡本、6番宮下の連続安打でチャンスを作る。その後満塁になり、1番島。左前安打で1点差に詰め寄る。続く2番金城が内野安打で4対4と同点に追い付く。逆転を許し2点を追う攻撃。ランナーを出しチャンスを作るがあと一本が出ず、6対4で惜敗した。

▲Page Top

秋季リーグ戦 第6節 対 白鷗大学

白鷗大学野球場

2017.10.07 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 Total
白鷗大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
山梨学院大学 4 0 1 0 0 0 0 0 5
(バッテリー)梅原ー江川

1(二)島
2(中)金城
3(遊)枝川
4(一)備瀬
5(三)岡本
6(指)宮下→8裏PR新垣
7(左)渡辺(魁)→8裏PH砂川→9表(左)清水
8(捕)江川
9(右)佐藤→8裏PH黒臺→9表(右)大懸

先発の梅原は9回を投げぬき、4安打無失点の快投。完封勝利。
打線は初回。1番島が中前安打で出塁。その後チャンスを広げ4番備瀬。右前安打で先制点を奪う。その後チャンスさらに広げ、2死満塁で8番江川。ランナー二人を返す左越二塁打で2点。初回に4得点を奪う。3回にもランナーを三塁に置き7番渡辺(魁)。左犠飛で追加点。5得点を守りぬき、5対0で勝利を納めた。

▲Page Top

秋季リーグ戦 第5節 対 上武大学

山梨学院川田『未来の森』運動公園球場

2017.10.01 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 Total
山梨学院大学 1 0 5 1 0 0 0 0 0 7
上武大学 3 0 0 4 2 0 1 0 10
(バッテリー)外山、西水、小林、堀内ー江川、丹代

1(二)島
2(中)金城
3(遊)枝川
4(一)備瀬
5(三)岡本
6(D)宮下
7(左)渡辺(魁)
8(捕)江川→8表PH砂川→8裏(捕)丹代
9(右)河本

先発の外山は4回を投げ7失点で降板。2番手の西水は1回1失点。3番手の小林は2回を投げ1失点。4番手の堀内は1回を無失点。
打線は3回。3‐1で2点を追う3回。2番金城のサード内野安打で出塁。すかさず盗塁を決め、3番枝川の右前安打で1点を返す。4番備瀬の中前安打で同点に追いつく。さらに満塁のチャンスを作り、7番渡辺(魁)の左越え安打で6‐3と逆転する。4回にも3番枝川の右前安打でさらに1点追加し7‐3とする。その後逆転を許し、10‐7。終盤にもチャンスを何度も作るが、あと一本が出ずに10‐7で惜敗した。

▲Page Top

秋季リーグ戦 第5節 対 上武大学

山梨学院川田『未来の森』運動公園球場

2017.09.30 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 Total
上武大学 0 3 0 6 0 0 0 0 1 10
山梨学院大学 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2
(バッテリー)梅原、梶尾、入倉、西水ー江川、丹代

1(二)島
2(中)金城
3(遊)枝川
4(一)備瀬
5(三)岡本
6(指)宮下
7(左)渡辺(魁)
8(捕)江川→8裏PH駒崎→9表(捕)丹代
9(右)河本

先発の梅原は、2回2/3を投げ3失点で降板。2番手の梶尾が4失点、3番手の入倉が2失点。4番手の西水が1失点。
打線は3点を追う2回。先頭の4番備瀬が左前安打で出塁する。6番宮下も中前安打でつなぐ。チャンスで1番島の遊撃内野安打で得点。押し出し四球でも得点を挙げ2得点。1点差に詰め寄る。その後ランナーは何度も出すがチャンスであと一本が出ずに10‐2で敗れた。

▲Page Top

秋季リーグ戦 第3節 対 新潟医療福祉大学

HARD OFF ECO スタジアム新潟

2017.09.18 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 Total
新潟医療福祉大学 1 0 0 0 0 0 2 0 0 0 1 4
山梨学院大学 0 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 3
(バッテリー)梅原、梶尾ー江川

1(二)島
2(中)金城
3(遊)枝川
4(一)備瀬→7裏PH駒崎→9裏PR新垣→10表(一)飯島
5(左)渡辺(魁)
6(三)岡本
7(指)知見寺
8(捕)江川
9(右)河本

先発の梅原は7回を投げ、3失点の好投。2番手の梶尾は1失点。
打線は1点を追う5回。チャンスで3番枝川の中前安打で同点に追い付く。その後逆転を許し8回の攻撃。四球でチャンスを作り2番金城の犠飛で1点差に詰め寄る。9回の攻撃。四球や途中出場の4番駒崎の右前安打でチャンスを広げる。そこで5番渡辺(魁)の四ゴロが相手のミスを誘い同点に追い付く。延長11回に相手に1点を許し、追いかける11回裏の攻撃。逆転することが出来ず、4-3で惜敗した。

▲Page Top

秋季リーグ戦 第3節 対 新潟医療福祉大学

HARD OFF ECO スタジアム新潟

2017.09.17 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 Total
山梨学院大学 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
新潟医療福祉大学 0 0 0 0 1 0 0 1 2
(バッテリー)外山、堀内ー江川

1(二)島
2(中)金城
3(遊)枝川
4(一)備瀬→9表PR新垣
5(左)渡辺(魁)→9表PH黒臺
6(三)岡本
7(指)知見寺→9表PR大懸
8(捕)江川→9表PH渡邊(拓)
9(右)河本

先発の外山7回を投げ、1失点の好投。2番手の堀内は1失点。
打線は5回。相手投手の四球、死球などでチャンスを作り、9番河本。三ゴロが相手のミスを誘い1点を先制する。その後逆転を許し9回の攻撃。先頭の4番備瀬が中前安打で出塁する。繋いで2死1.2塁のチャンスを作る。そこで代打渡邊(拓)。粘りを見せるも三振にたおれ試合終了。2-1で惜敗した。

▲Page Top

秋季リーグ戦 第3節 対 新潟医療福祉大学

HARD OFF ECO スタジアム新潟

2017.09.16 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 Total
新潟医療福祉大学 1 0 0 1 0 0 1 0 0 3
山梨学院大学 0 0 0 0 0 0 0 2 2 4
(バッテリー)梅原、梶尾、堀内ー江川、丹代

1(二)島
2(中)金城
3(遊)枝川
4(一)備瀬
5(左)渡辺(魁)
6(三)岡本
7(指)知見寺
8(捕)江川→8裏PH駒崎→8裏PR新垣→9表(捕)丹代
9(右)河本

先発の梅原は、7回を投げ3失点の好投。2番手の梶尾、3番手の堀内は無失点。
打線は3点を追う8回。先頭の7番知見寺が左前安打で出塁すると、続く8番代打の駒崎。右前安打でチャンスを広げる。チャンスで1番島が左前安打で1点を返す。続く2番金城の中犠飛でさらに1点を返し1点差。1点を追いかける9回。5番渡辺(魁)が右二塁打でチャンスを作る。続く6番岡本は左中間を破るタイムリーヒットで同点に追い付く。さらにチャンスで8番丹代の投手前スクイズで逆転し4-3でサヨナラ勝ちを納めた。

▲Page Top

秋季リーグ戦 第2節 対 関東学園大学

白鷗大学野球場

2017.09.10 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 Total
山梨学院大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
関東学園大学 4 0 0 0 0 0 0 1 5
(バッテリー)外山、梶尾ー江川、丹代

1(二)島
2(中)金城
3(遊)枝川
4(一)備瀬
5(左)渡辺(魁)
6(三)岡本
7(指)知見寺
8(捕)江川→4表PH駒崎→4裏(捕)丹代
9(右)河本

先発の外山は、7回を投げ5失点で降板。2番手の梶尾は1回を投げ無失点。打線は初回、1番島が左越二塁打でチャンスを作るが得点できず。今季、1年生で初スタメンの7番知見寺が2本のヒットの活躍。毎回ランナーを出しチャンスを作るもあと一本が出ずに惜敗した。

▲Page Top