アクセス お問い合わせ

卒業後の想定進路

中学校・高等学校

保健体育教員など

競技スポーツの場

マネジメントスタッフ、トレーナーなど

子どもや高齢者・障がい者のスポーツの場

指導者、サポートスタッフ など

スポーツ関連企業の場

企業人

地方自治体などのスポーツ行政の場

公務員

身体能力が要求される職種

警察官、消防官、自衛官 など

競技スポーツや生涯スポーツに関わる国際的活動の場

国際的に活躍できる人

高度の専門知識・技能を身に付ける場

大学院への進学 など

取得可能な教員免許状

免許状の種類 資格取得受験資格の別
中学校教諭一種免許状(保健体育) ●資格取得
高等学校教諭一種免許状(保健体育) ●資格取得

取得可能な民間資格

名称 認定団体 資格取得受験資格の別
共通科目Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ* ●公益財団法人 日本体育協会 ●資格取得
スポーツリーダー ●公益財団法人 日本体育協会 ●資格取得
アシスタントマネジャー ●公益財団法人 日本体育協会 ●資格取得
ジュニアスポーツ指導員 ●公益財団法人 日本体育協会 ●資格取得
健康運動指導士 ※ ●公益財団法人 健康・体力づくり事業財団 ●受験資格
健康運動実践指導者 ※ ●公益財団法人 健康・体力づくり事業財団 ●受験資格
トレーニング指導者 ●特定非営利活動法人日本トレーニング指導者協会 ●受験資格
障がい者スポーツ指導員(初級・中級) ●公益財団法人日本障がい者スポーツ協会 ●資格取得

上記記載の内容は一部予定であり、変更する可能性があります。
*公認スポーツ指導者養成講座における共通科目Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの講習・試験が免除されます。
※健康運動指導士、健康運動実践指導者は今後申請予定です。

先輩メッセージ・藤原 優司さん(山梨県・山梨学院高校出身)

僕は小学生時代からのサッカー少年。高校のサッカー部では全国優勝にも立ち会いました。卒業後、一度は他大学の建築学科に進学したのですが、スポーツに関わる仕事をしたいという思いを捨てきれず、スポーツ科学部に入学し直しました。今、私がやりたいと思っているのは、幼い子どもから高齢者までがスポーツを楽しめる社会環境づくり。具体的には総合型地域スポーツクラブの活動などを通して、スポーツの喜びを一人でも多くの人に味わってもらうことです。授業では一流のアスリート・指導者の教授陣に教わる実技などとともに、将来、指導者として必要になる心理学や生理学、教育論など理論的・学術的な専門知識の習得にも力を入れていきたいと思っています。

先輩メッセージ・鰻池 琴美さん(山梨県・甲府西高校出身)

陸上競技部で400mと800mの短距離走選手としての練習に励みながら、将来は高校の保健体育の教員になることを目指しています。陸上競技部ではリオデジャネイロ五輪で日本チーム監督を務められた麻場一徳先生をはじめとする一流の指導者から直接指導を受け、合理的な練習メソッドと的確なアドバイスによって、日々の成果が着実に身につくのを実感しています。将来、教員として自分が部活動の指導を行う際、こうした素晴らしい先生方の指導者としての“技”が良いお手本になるでしょう。また、スポーツ指導者としての可能性を広げるため、在学中に教員免許状だけではなく、ジュニアスポーツ指導員や障がい者スポーツ指導員などの資格も積極的に取得したいと思っています。

ページトップへ