アクセス お問い合わせ

オリンピックの総監督・コーチやメダリストを育てた指導者も含まれる充実の教授陣。
実践と理論の両側面から最先端のスポーツ科学を学ぶことができます。

遠藤 俊郎 教授

スポーツ心理学、スポーツコミュニケーション論、競技スポーツ心理論、種目別コーチング演習(バレーボール)などを担当。

スポーツ科学部は2016年度にスタートしたばかりですので、みんなで力を合わせて、ぜひ新しいスポーツ科学部の歴史を作っていきましょう。授業では、体育およびスポーツに関連する心理的諸問題を、特に社会心理学的観点から論究します。


麻場 一徳 教授

コーチング論、実技実習(陸上競技:短距離・跳躍・投てき)、競技スポーツマネジメント論、保健体育科指導論などを担当。

スポーツを理論的にとらえ、それを実践に活かすことで、自身のパフォーマンス向上や指導能力の養成につなげていってほしいと思います。

上田 誠仁 教授

競技スポーツトレーニング論、種目別コーチング演習(陸上競技:長距離・駅伝)、実技実習(陸上競技:長距離)などを担当。

チーム作りや選手育成、体調管理に至るまで科学の応用が不可欠です。現場の指導に反映させる実践を陸上競技を通じて行っています。

川上 隆史 教授

実技実習(スケート)、競技スポーツマネジメント論、種目別コーチング演習(スケート)などを担当。

スポーツを通して、豊かな人間関係や強い精神力と行動力を身につけながら、青春時代を山梨学院大学でダイナミックに謳歌しよう!


神田 忠彦 教授

実技実習(水泳・水中運動)、スポーツキャリア形成、競技スポーツ情報戦略論などを担当。

水泳・水中活動が専門です。専門教育や教養教育など多角的にスポーツをとらえて、社会に求められる人材の育成に励みます。

三本木 温 教授

健康体力論、高齢者スポーツ論、生涯スポーツサポート演習(高齢者スポーツ)などを担当。

スポーツは「みんなのもの」です。競うだけではないスポーツとの関わり方を、スポーツ科学部でともに学びませんか?


John SHEAHAN 教授

実技実習(ホッケー)、競技スポーツ戦術論、競技スポーツサポート演習(戦術・ゲーム分析)、スポーツ英語などを担当。

さまざまな競技の競技力向上のためのトレーニング法や指導法とともに、最先端のソフトを用いて競技スポーツの戦術分析方法を勉強していきます。また、スポーツは世界一国際化されている分野でもあるのでスポーツに関連する英語も身につけましょう。

下村 義夫 教授

保健体育科指導論、保健科内容・指導論、教育実践演習(中・高)などを担当。

保健授業のねらいは個人のライフスタイルを対象にするだけでなく、その個人を取り巻く環境をも、より適切なものへと変えていける能力の育成です。その授業づくりをこれまでの実践に学び探究していきましょう。


高田 裕司 教授

競技スポーツマネージメント論、種目別コーチング演習(レスリング)、実技実習(レスリング)などを担当。

私は今まで選手ならびに指導者としてレスリングに携わってきました。現在は日本オリンピック委員会の理事を務めています。今までの経験をスポーツ科学部の授業等を通して皆さんに伝えていきたいと思っています。

谷口 裕美子 教授

障がい者スポーツ論、障がい者競技スポーツ論、実技実習(キャンプ、雪上)、スポーツキャリア形成などを担当。

スポーツは大人や子ども、障がい者や健常者など、すべての人が楽しめます。スポーツを多面的に捉えることで、さらなる魅力が湧いてきます。最新施設でともに勉強しましょう!


塚田 雄二 教授

スポーツキャリア形成、実技実習(サッカー)、競技スポーツ情報戦略論、種目別コーチング演習(サッカー)などを担当。

スポーツ科学部では、サッカーを通してコーチング演習、実技実習でみなさんと関わっていきます。探究心旺盛な学生を楽しみに待っています。

寺本 祐治 教授

スポーツキャリア形成、競技スポーツコーチング論、競技スポーツトレーニング論、種目別コーチング演習(ホッケー)などを担当。

スポーツ科学部はスポーツ科学の知と実際に競技を行う技を融合させた学部です。勉強したことが現場に活かせるまさに実学です。この学部で学ぶプロセスは、あなた自身の確立に向け正しい方向に導いてくれることでしょう。


森 幸也 教授

人間と科学などを担当。

「科学的なものの考え方」や「科学理論に対する付き合い方」が身につくような講義を行っています。また、科学がどのように発達してきたかについても学びます。

太田 涼 准教授

競技スポーツコーチング論、実技実習(陸上競技)、種目別コーチング演習(陸上競技)、子どもスポーツ論などを担当。

競技スポーツコーチング論、種目別コーチング演習(陸上競技)などの授業を担当します。これまでの研究活動や指導現場で得た知識を授業を通して学生に還元していきます。


笠野 英弘 准教授

スポーツ社会学、スポーツ経営学、生涯スポーツプロモーション論、現代スポーツ論などを担当。

スポーツを通じて人生や社会のさまざまな課題(困難)解決に挑戦していく楽しさを、理論と実践を踏まえながら学ぶ環境や授業が整っています。

中垣 浩平 准教授

スポーツ生理学、体力論、競技スポーツ体力論、実技実習(野外活動:水辺)などを担当。

競技現場におけるスポーツ科学の導入・実践に力を入れています。経験知と学問知とを融合させ、効果的に競技力を高める方法を一緒に考えていきましょう。


三井 勇 准教授

スポーツ教育論、保健体育科教育法(体育)、教育実習研修、教職実践演習(中・高)などを担当。

競技者として一流を目指しながら、保健体育の教員にチャレンジできます。大きな夢と高い理想に向かい、共に一歩を踏み出しましょう。

安田 貢 准教授

競技スポーツ演習(心理)、競技スポーツサポート演習(心理)、健康心理論、実技実習(バレーボール)などを担当。

練習で身につけた「技術や体力」を試合で発揮させるための心理面のトレーニングやアスリートに見られる様々な心の問題を解決する手助けについて学びます。


苅山 靖 専任講師

スポーツバイオメカニクス、実技実習(トレーニング/体つくり運動)、実技実習(陸上競技)、競技スポーツ技術論などを担当。

私の担当するバイオメカニクスでは、スポーツ選手の動きや筋肉の活動を評価し、優れた技術について検討することができます。スポーツをこれまでと違った角度から分析し、パフォーマンス向上に役立ててみませんか。

岸 邦彦 専任講師

スポーツ傷害論、競技スポーツ傷害論、競技スポーツ演習(傷害)、競技スポーツサポート演習(傷害)などを担当。

山梨学院大学で五輪メダリスト輩出にも貢献してきた経験を活かし、アスリートのコンディショニングに関わる授業を展開します。


東山 昌央 専任講師

実技実習(キャンプ、水辺、雪上)、野外活動・教育論などを担当。

山梨の自然を「学び舎」として、野外活動の奥深さを体験します。仲間とともに、体育・スポーツ指導者としての幅を広げていきましょう。

池田 志織 助手

各授業のサポート、女子のバレーボール部コーチなどを担当。

スポーツ科学部ではみなさんの身近にある「スポーツ」について新たな発見をすることができます。新たなスポーツの価値観を構築しましょう!


ページトップへ