1年生からインターンシップに参加しようと思った理由は?

これまでは、学生同士の関わりしかありませんでした。そのため、社会というコミュニティから見たときの自分を知りたいという思いが強くありました。1年生の今、自分を広い視点から客観視し、自分に足りないものに気づくことで、今後の大学生活を有意義なものにできると考え、インターンシップへの参加を決めました。

研修内容は?

部活動向けのサービスの新しい企画を、4人グループで1から作り上げました。実際に山梨県内の県立高校に行き、部活動の現状について、顧問の先生からヒアリングを行いました。ヒアリングの結果を踏まえての企画提案を会社の方に向けて行い、フィードバックを経て改善、再提案という流れで企画を完成させました。また、山梨県庁の国体推進室に伺い、部活動向けサービスと、インターンシップ中に自分が考えた企画の紹介をする機会をいただきました。

インターンシップで学んだ事は?

今回参加させていただいた課題解決型インターンシップでは、ただ仕事を体験するだけではなく、実際に企画を作り上げるというものでした。自分が考えた企画や自分の行動などに対して、企業の方から意見をもらい、改善をするという流れがあることで、成長が実感できました。ただ自分が良いと思うだけ、やりたいだけでは企画は通らず、ビジネスとしての考え方や伝え方が重要だと知りました。また、グループで企画をすることで、自分個人の能力と成長に焦点を当てるだけでなく、チームビルディングの能力を磨く必要性を強く感じました。

Profile

堀内舞奈(ほりうちまいな) 現代ビジネス学科
インターンシップ先:アスフィール株式会社(山梨県甲府市・ https://www.asfeel.jp/

【センターご利用時間】  
窓口 午前9時〜午後5時  相談対応 午前9時〜午後5時40分