トップ >> 酒折連歌賞創設記念碑
44

酒折連歌賞創設記念碑

酒折連歌賞の由来

古代伝承上の英雄ヤマトタケルノミコトが東征の帰途に、甲裴の国・酒折宮に立ち寄り、かがり火をたく老人と
「新治 筑波を過ぎて 幾夜か寝つる」
「かがなべて 寄るには九夜 日には十日を」
と片歌による問答を交わした。
『古事記』・『日本書紀』

この問答が連歌の起源とされ、連歌発祥の地といわれるようになった。この故事にちなみ、本学では平成十年に「酒折連歌賞」を創設し連歌の普及に努めてきた。このたび、第一回大会開催から十周年を迎えたのを機に、本文学賞の更なる発展を願い、「酒折連歌賞創設記念碑」を建立し、夢を未来につなぐ。

平成二十一年二月

竣工・購入 2009年2月
設置場所 クリスタルタワー北側

印刷する
map
- +
アイコン

画像の拡大・縮小が可能です。マウスホイールかタッチスクロールでご覧下さい。

ACCESS MAP

印刷用PDF ダウンロード

  1. 山梨学院キャンパスマップ
    (建物名・部署名・英訳有) 2.99MB
  2. 山梨学院広域マップ 892KB
DOWNLOAD DOWNLOAD
トップへ戻る