トップページ > 学部・学科案内 > 経営情報学部経営情報学科
department 一覧に戻る 学部・学科案内
〈2016年度から募集停止〉
経営情報学部経営情報学科
情報関連資格の取得を徹底サポート!時代を担う未来派の新型企業人を育成
教職課程で取得できる免許
  • 高等学校教諭1種免許状(情報)
「経営」と「情報」の専門スキルを養成
情報技術が社会基盤となっている現代では、情報の取り扱いがビジネスの成功を大きく左右します。そこで経営情報学部では、経営学と情報科学の専門的な知識・技術の習得をめざし、1年次よりきめ細やかな少人数教育や、情報技術論、経営論、スポーツマネジメント論など多彩な専門教育を実施。また、情報技術系資格の取得やキャリア教育などの実践力の育成にも力を注いでいます。こうした学びにより、次世代を担う起業家・IT技術者・経営管理者などの育成をめざします。
履修モデル
今や「情報学」は、どんな分野でも生かせる力です。また、人や組織をマネジメントする「経営学」も、社会人には必須の知識です。この経営・情報をバランスよく学び、現代社会で幅広く活躍できる力を身につけるのが経営情報学部の学び。また、将来の進路を見据えて「マネジメント」「情報マネジメント」「情報処理」という3分野における7つの履修モデルを用意しているので、目標に合わせて効率的に学習を進めることが可能です。
経営情報学科チャート
最近の主な就職先一覧
東日本旅客鉄道(株)/(株)ノジマ/コカ・コーラウエスト(株)/郵便事業(株)/(株)カワチ薬品/(株)マルゼン/(株)サンドラック/NTTデータ東京SMS/(株)ジェアイピー/(株)幸楽苑/吉田工業(株)/キング工業(株)/(株)日本セルカ/リコーテクノシステムズ(株)/日建リース工業(株)/(株)ニッテイ/岡野薬品(株)/(株)TアンドK TOKA/新潟運輸(株)/第一電材(株)/大分瓦斯(株)/(株)モリキ/(株)メディコム甲信越/セキスイハイム東海(株)/(株)KG情報/(株)長印/(株)ベイシア電器/大栄技研工業(株)/(株)アクシオ/佐川急便(株)/ヤマトホームコンビニエンス(株)/(株)芳和精機/(株)丸栄金属/順天堂大学医学部附属静岡病院/山梨県民信用組合/山梨県信用農業協同組合連合会/アルソア化粧品/(株)オギノ/(株)アマノ/中部食品(株)/山梨森紙業(株)/(株)山梨日立/(株)シャトレーゼ/オオタ総合食品(株)/(株)千里水産/ジット(株)/丸井産業(株)/山梨ヤクルト販売(株)/(株)アピオ/ネオス(株)/(株)エスエスワイ/千代田グループ ホテル春日居/エイベックス・グループ・ホールディングス(株)/TDK(株)/郵便局(株)/大和冷機工業(株)/(株)ヤオコー/マックスバリュ東海(株)/キャタピラーイーストジャパン(株)/(株)オンテックス/ブリヂストン・リテール関東(株)/グラクソ・スミス・クライン(株)/(株)UNコンピューターテクノロジー/IHI運搬機械(株)/トータル住器(株)/東京石油瓦斯(株)/(株)青山メインランド/(株)ドン・キホーテ/(株)ミニミニ/諏訪金属(株)/資生堂販売(株)/(株)植松商会/(株)大成/日邦プレシジョン(株)/(株)ニチレイアイス/(株)テレ・マーカー/(株)山梨中央銀行/甲府信用金庫/諏訪信用金庫/都留信用組合/(株)ティーズクラフト/(株)エラン/ミツイコーポレーション(株)/サンカプセル(株)/東京ガスリックリビング(株)/(株)アコーディアゴルフ/(株)くろがねや/(株)いちやまマート/(株)システムインナカゴミ/(株)アセラ/ホンダ自動車販売(株)/ネッツトヨタ甲斐(株)/(株)羽中田自動車工業/トヨタカローラ山梨(株)/(株)内藤ハウス/(株)ワイシーシー
フジチギラ(株)/甲斐ダイアログシステム(株)/山梨勤労者医療協会
陸上自衛隊自衛官/海上自衛隊自衛官/警視庁/甲州市役所/飯能市役所
伊豆の国市商工会/(財)山梨県体育協会/(財)やまなし産業支援機構/ホクレン業協同組合連合会
学部Q&A
Q1.
経営情報学部の特色を教えてください。
経営学(マネジメント)と情報科学(IT)の両方を学べるところが一番のポイントです。またスポーツマネジメント関連科目も多く配置されスポーツの現場で即戦力となる知識を得ることができます。カリキュラムでは、実践的な授業、少人数の授業を重視しており、基礎からじっくりと学ぶことができます。IT関連資格の対策講座や企業セミナーなど、ITに関係する課外講座も充実しています。地域と連携した学外活動、インターンシップも充実していますので実践力やコミュニケーション能力を養うことができます。
Q2.
経営情報学部で身につける専門知識は、将来どんなところで役立ちますか?
本学部で身につける専門知識は業種や職業に限定されず様々な分野で応用可能です。営利・非営利を問わず組織の運営や管理を行うにあたってはさまざまな問題が生じます。現実の問題に直面したとき、マネジメントの知識、あるいは具体的なデータに基づいて問題を分析する力は、解決策につながります。また解決策を組織的に実施するために必要な様々な知識、能力、技術を本学部で身につけることができます。
Q3.
経営情報学部で取得できる資格は何ですか?
日商簿記検定
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS Word, MOS Excel)資格
独立行政法人情報処理推進機構(ITパスポート資格、基本情報技術者資格)
日本体育協会指導者資格(共通I、II、III、アシスタントマネージャー)
日本レクリエーション協会レクリエーションインストラクター
サッカーC級ライセンス
および教職免許(情報)となっています。
Q4.
インターンシップやゼミで実践的な力を養えると聞きました。どのようなことを行いますか?
インターンシップでは県内外の多くの企業と連携し企業研修を行っています。学生のうちに就業経験をすることで自分の将来のビジョンを明確にすることができます。スポーツ分野でのインターンシップでは双方向的なプログラムで学生側からの企画提案プロポーザルも行います。このような体験は社会人になったときの即戦力として活かされるはずです。
ゼミは2年生から教員の専門に会わせて少人数教育を行っています。経営、情報、スポーツマネジメントの分野から自分の興味やキャリアプランに合わせて選択できます。研究中心、実践型、開発型と特色のあるゼミが多くあります。
Q5.
スポーツ・マネジメントを学びたいのですが、その内容を教えてください。
今日のスポーツの現場はただ競技の知識や技術があれば務まるものではありません。幅広い知識とマネジメント力、企画、実践力が求められています。本学部のスポーツマネジメントカリキュラムではスポーツマーケティング、イベントマネジメント、スポーツとメディア、スポーツ情報論等、多彩な科目を準備すると同時に、学外のスポーツ関連団体と連携して事業を企画したり、イベントや大会運営のサポートをするなど実践の場も多く提供しています。
Q6.
卒業生はどのような企業へ就職していますか?
小売業、製造業、金融業や一般的なサービス業の他、公務員、スポーツ関連団体、企業、ITシステムの開発業などさまざまな業種の企業に就職しています。また、大学院へ進学する卒業生も毎年います。在学中に取得した資格を活かした仕事、ゼミ活動等で得た経験を活かした仕事に就いている卒業生も多くいます。