トップページ >【注目の学びレポート】経営情報学部・スポーツマネジメント分野の学習
close up 【注目の学びレポート】
スポーツマネジメント分野の学習
将来への可能性と就職の幅を広げる
スポーツクラブやクラブチームの経営、生涯スポーツや地域の健康管理・余暇利用のイベント企画など、スポーツをマネジメントする場面が増えています。山梨学院大学なら、スポーツマネジメント分野の関連科目も数多く充実しており、学ぶ内容はスポーツビジネスにとどまらず、自治体やNPO活動、組織マネジメントなど他分野にも大いに活かせ、卒業後の進路もさらに広がります。

大学と地域社会、地域スポーツとの交流・連携 生涯学習のサポートにも貢献する実践的な学習


長倉 富貴准教授

スポーツマネジメントと一口に言っても、“何をマネジメントするのか”は多種多様です。例えば、選手の代理人として契約交渉する、チームのスポンサー契約をまとめる、競技団体などの組織を運営する、競技場やプールなどの施設を管理するなど、どれもスポーツマネジメントです。また、地域の運動会からオリンピックなどのメガイベントまで、関わる規模も広範です。 いずれにせよ、人々の豊かなスポーツ活動を支える方法を学ぶのがスポーツマネジメントという学問。それも、運動生理学的な学びではなく、マーケティングに基づく地域振興やビジネス戦略といった視点で学習するのが特徴です。 そのためには、現場での実践的な学びがとても大切です。私が担当するゼミでは、地域のスポーツイベントでのボランティアや、地元Jリーグクラブの企画ブースの運営にも取り組んでいます。 また最近では、山梨県などの依頼で、地域の方を対象とする健康づくりのためのレクリエーション研修会の企画・運営なども行いました。現場を体験することで、スポーツの持つ価値の高さやスポーツビジネス、生涯スポーツの意義などについても実践的に学ぶことができるのです。



【Student Voice】
健康づくりの研修会で、将来に活かせる力が養えました。


研修会ではゼミのみんなと相談して、参加者の方が無理なく楽しみながらできる2種目を用意しました。「キャッチング・ザ・スティック」は通常2本のスティックを使って行うのですが、参加された方の運動能力を考えてスティックを1本にするなど、ルールのアレンジには工夫を凝らしました。結果として研修会は学生と参加者が共に楽しく、活発な交流もはかられとても良いものになりました。今回の活動を通して、企画・運営・管理などの実践的なスキルやコミュニケーション能力など、どんな業界でも活かせる力が身についたと実感できたことが、とても大きな収穫となりました。



『スポーツマネジメント』の実践的&成長型の学習
スポーツマネジメントカリキュラムでは、専門科目やゼミ、インターンシップを通じて実際のイベントに参加し、実践的な学習を展開。
実践学習、運営参加、企画運営、委託運営と段階を踏みながら、スポーツマネジメントに必要な知識や能力を養います。

スポーツマネジメントカリキュラムの段階別学習

「スポーツマネジメント」の関連科目
スポーツマネジメント論Ⅰ・Ⅱ
イベントマネジメント
スポーツマーケティング論Ⅰ・Ⅱ
チームマネジメント
スポーツ産業論
スポーツアドミニストレーション概論
スポーツリーダー論
スポーツと地域貢献Ⅰ・Ⅱ
スポーツデータ論Ⅰ・Ⅱ
身体情報処理論
スポーツコミュニケーション論
スポーツアドミニストレーション実践
トレーニング論
スポーツ指導論
スポーツ社会学
スポーツ・レクリエーション特講
スポーツ情報論Ⅰ・Ⅱ など

役立つ・活かせる「スポーツ関連の資格取得」
《日本体育協会》
スポーツ指導者養成講習会免除適応コース
スポーツリーダー(スポーツ指導基礎資格)
アシスタントマネジャー
《日本レクリエーション協会》
レクリエーション・インストラクター
《日本サッカー協会》
公認C級コーチライセンス

スポーツの現場ともつながる『スポーツマネジメント研究室』
山梨学院大学スポーツマネジメント研究室では、スポーツに関する調査研究に加え、スポーツマネジメントカリキュラムに基づき、学生の企画運営力・実践力の育成とキャリア教育を目的として、積極的に学外のスポーツ関連団体と連携をとり、協働の事業やイベントの運営を行っています。

主な研究活動・学外連携活動
○Jリーグ観戦者調査など、スポーツに関する調査研究
○ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブのホーム試合時のイベント運営
○山梨クィーンビーズの大会運営サポート
○山梨県体育協会主催イベントへの協力
○山梨県レクリエーション協会主催イベントへの協力
○その他
 産官学の連携・協力をはかり、さまざまな外部機関と積極的な活動を実施