学生VOICE

税理士になることを目標に、大学のサポートをフルに活用しています。

現代ビジネス学部
秋山 弘明さん

税理士をめざして現代ビジネス学部に進学しました。現代ビジネス学部には将来目標とする進路に向けて効率的な学びができるようにいくつかの履修モデルが用意されています。税理士や公認会計士などのスペシャリストをめざす学生のためのコースも用意されていますので、1年次からこのコースのモデルを参考に、税理士に求められる簿記・会計学分野の専門知識を学べる科目を中心に履修してきました。また、演習(ゼミ)も、税理士試験に役立つものを履修しており、いま3年次で履修している小倉公一先生の演習では、2年次までに学んだ専門知識を土台に、財務諸表や財務諸表分析についてさらに理解を深める勉強をしています。
学部で所定の単位を取得した人や日商簿記検定1級合格者などに税理士試験の受験資格が与えられますが、さらに大学院を修了した人には税理士試験合格に必要な5科目のうち税法の2科目が免除されますので、現代ビジネス学部卒業後は山梨学院大学大学院の社会科学研究科に進学したいと考えています。




資格チャレンジ総合研究室を効果的に活用

2年次までは月曜から金曜まで授業を受けていましたが、3年次になった今年は火曜から木曜までの時間割を組み、月曜と金曜は資格チャレンジ総合研究室で専任の先生から集中して資格取得に向けた指導をしていただいています。山梨学院には、公務員研究室、法科大学院研究室、情報キャリア支援室など、希望する進路や目標とする資格に向けた勉強をバックアップしてくれる特別研究室がありますが、資格チャレンジ総合研究室もその一つです。この研究室では主に、税理士や公認会計士、日商簿記検定など、財務・会計関連の資格取得をめざす学生を対象としたサポートが行われています。関連する資格の取得をめざす学生であれば学部学科に関係なくだれでも利用することができますので、私も税理士をめざして研究室の先生の指導を積極的に受けてきました。2年次に日商簿記3級、3年次に2級を取得することができたのも資格チャレンジ総合研究室の先生方の親身なご指導のおかげです。




キャリアアップサポート制度で奨励金を受給

日商簿記のほか、大学に入学してから現代用語能力検定2級、ニュース時事能力検定3級などの資格も取得しました。これらはいずれも「YGUキャリアアップサポート制度」の対象資格になっていて、検定合格の奨励金を図書カードとしていただきました。このキャリアアップサポート制度では約60の資格が奨励金の対象資格となっていて、検定合格後に申請をすると難易度に応じた奨励金を支給していただけるようになっています。資格チャレンジ総合研究室などの特別研究室やキャリアアップサポート制度をはじめ、学生のがんばりを応援してくれる制度や環境がとても充実していることも、山梨学院大学の大きな特徴の一つです。
高校時代は空手部でしたが、大学に入ってからはバスケのサークルに入って、定期的に運動しています。また、税理士もサービス業ですから、接客マナーが身につくようにレンタルショップで社会勉強を兼ねたアルバイトもしています。高校時代はどちらかといえば部活メイン。大学に入ってからは税理士になることを目標に、将来につながる学びを中心とした生活に転換しました。今、一番学ぶことの楽しさを実感しています。