スポーツ科学部
スポーツ科学科
Institute of sport science

特色ある講義

実習・演習系

競技スポーツ演習4(体力)

競技のパフォーマンス向上のために
体力要素を分析しトレーニングに活かす

画像

「スポーツ生理学」や「体力論」で学んだ各種体力を実際に測定・評価する授業です。授業の到達目標は、測定・評価における信頼性および妥当性の概念を理解すること、ならびに形態の測定・評価法の習得。また、無酸素性能力、有酸素性能力、サイバネティクス系、フィールドテストなどによる体力測定・評価法を習得します。体力的な側面からみた場合、競技パフォーマンスを向上させるためには、競技特性に応じた体力要素を分析し、必要な体力要素を向上させるためのトレーニング計画の作成・その実施が欠かせません。また、トレーニング効果を把握するための形態および体力の測定・評価などが重要になります。この授業では、トレーニング効果を把握するための形態および体力の測定・評価法を、実習を通して習得します。

講義系

スポーツキャリア形成

スポーツ関連の職域について調べ
就職活動に向けた学習プランを練る

画像

将来の社会的・職業的自立を目指し、スポーツ関連の職域を調べ、課外活動を含めて在学中に何を学習し、準備すればよいか学ぶ授業です。7クラスに分かれ、前後期ともに4回(講話、討議、作文、発表)を1セットとし、自己分析・自己表現方法についての理解を深め、自己の特徴を活かした表現や活動を行えるようにします。

実習・演習系

教育キャンプ

野外活動の教育的意義やその価値
人と自然のかかわりと地域文化を理解

画像

県内の山岳地域(南アルプス、八ヶ岳周辺)での登山をメインプログラムとした、4泊5日の教育キャンプです。実習を通じて野外活動の教育的意義や価値、人と自然とのかかわり、地域文化の理解を深めることを目的とします。また、共同生活を通じて多様な人間関係、社会的態度のあり方について学びます。

講義系

スポーツ心理学

体育・スポーツ場面で生じる
「こころ」と「からだ」の現象を関連させて理解

画像

スポーツ心理学はスポーツに関する人間の心理的現象を扱う学問。授業ではスポーツに関する心理学的基礎、スキルの獲得に関わる運動学習、スポーツに関わるさまざまな心理的問題など幅広く学び、競技力の向上や体育・スポーツ指導につながる素地の形成を図ります。

講義系

スポーツ教育論

スポーツの持つ教育的可能性と
現代スポーツのさまざまな課題を考察

画像

スポーツ教育の目的、内容、方法に関わる多様な論点をグローバルかつ歴史的な視野で分析・考察。
また、スポーツのもつ教育的可能性を探りつつ、現代のスポーツ教育に関わる具体的な論点を取り上げながら、これからのスポーツのあり方などについて考えます。

実習・
演習系

スポーツ基礎演習

山梨学院でスポーツ科学を学ぶ
ベースづくりを!

画像

山梨学院大学の歴史と教育目標、競技スポーツ実績、大学生活の過ごし方、卒業後の将来設計から、スポーツ科学の全体像や学科の各学問領域の特徴などを解説します。本学教員をはじめ、卒業生、公務員や企業人の講演もあります。

実習・
演習系

実技実習(トレーニング/体つくり運動)

競技力向上だけではなく
健康な心身をつくるために

画像

さまざまなスポーツに共通して要求される筋力やスピード、パワー、持久力などを高めるためのトレーニングに加え、ウォーミングアップやクーリングダウンなどについて発育発達段階を考慮しながら、実習形式で学びます。