スポーツ科学部
スポーツ科学科
Institute of sport science

スポーツ科学部のコンセプト

実践知・経験知・学問知に富む教員陣が「最先端のスポーツ科学の知と技」を教育。スポーツを通して得られる豊かな人間力をもった人材を輩出します。

競技スポーツコース

ジュニアからシニアまでの競技者の競技力の向上に貢献できる“競技スポーツの推進者”に必要な科目を選択して学びます。

生涯スポーツコース

子どもから高齢者までのあらゆる人のQOL(Quality of Life、生活の質)や健康体力の向上に貢献できる“生涯スポーツの推進者”に必要な科目を選択して学びます。

1第一線で活躍する経験豊かな教授陣

国際大会メダリストをはじめ競技スポーツの場で活躍する人材の育成実績を持つ指導者、競技・生涯スポーツ双方に精通する研究者など、経験豊かな教授陣が揃い、最先端のスポーツ科学を実践と理論の両面から学ぶことができます。

2様々な領域に関わる人材を育成

プレイヤーとしての力を伸ばすだけでなく、スポーツをする人々を広く支えていくために役立つ知識・技術も修得可能。障がい者スポーツ、高齢者スポーツ、スポーツ事業のマネジメントなど、将来につながる実践的な授業を展開しています。

3豊かな環境と充実の施設・設備

国際規格を満たした競技施設や先進的な教育研究棟を完備しており、存分に研究や実習に打ち込めます。また、周辺の豊かな自然環境を活かした野外活動プログラムも充実しています。

取得可能な教員免許状・資格

  • ◇ 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • ◇ 高等学校教論一種免許状(保健体育)
  • ◇ 健康運動指導士
  • ◇ トレーニング指導者
  • ◇ 障がい者スポーツ指導員
  • ◇ アシスタントマネジャー ほか

スポーツ科学部で身に付く力

  • 競技スポーツ推進者としての実践力
  • 生涯スポーツ推進者としての実践力
  • マネジメントスタッフとしての実践力
  • 保健体育教員としての実践力
  • スポーツ行政の場で役立つ実践力
  • スポーツ関連企業で役立つ実践力

カリキュラムの体系

画像

総合基礎教育科目

1〜2年次に、[基幹・基礎(5科目)][人間・文化(6科目)][国際・社会(5科目)][環境・科学(7科目)][教育・社会(9科目)]の5群からなる一般教養科目を、幅広く選択して学びます。

外国語教育科目

スポーツにおける国際交流の場や、スポーツ系クラブの海外遠征等の際にも利用価値が高い「英語」を必修として学びます。

教職専門科目

1〜4年次に「中学校教諭一種免許状(保健体育)」「高等学校教諭一種免許状(保健体育)」の取得に必要な科目(教職概論・教育課程論・教育方法論・教育実習など14科目・28単位)を、卒業に要する単位(124単位)とは別に学びます。教職を目指す人には必修科目です。

専門教育科目

共通科目(基礎)

1年次の「スポーツ基礎演習」、2年次の「スポーツキャリア形成」を通して、大学・学部での学修のしかた、クラブ活動を含む大学での生活のしかた、卒業後の将来設計の立て方などを学びます。また、1〜2年次にかけて、スポーツ科学の基礎知識やスポーツ技能を幅広く身に付けるための科目を履修します。

コース科目(発展)

2年次から、各自の興味・関心や卒業後の将来設計と関連付けて、「競技スポーツコース」「生涯スポーツコース」に分かれて学びます。さらに3〜4年次にかけて、コース共通の専門演習の履修を通して、研究能力(問題解決能力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力)を身に付けます。

キャリア形成科目(応用)

2〜4年次にかけて、キャリア形成(社会的・職業的自立の促進)を図るために、各自の興味・関心や卒業後の将来設計と関連のある科目を、5群42科目の中から選択して学びます。

  • 4年間の学び
1年次
2年次
3年次
4年次
学修のしかたや将来設計の立て方などを学びます。また、スポーツ科学の基礎知識や各種のスポーツ技能を幅広く身に付けます。
2年次から「競技スポーツコース」と「生涯スポーツコース」に分かれて学びます。また、各自の興味・関心や卒業後の将来設計と関連のある科目を選択して学びます。
保健体育の教員免許状の取得を目指す学生は、専門教育科目とは別に教員免許状取得に必要な科目を履修します。
詳細カリキュラムはこちらclick