健康栄養学部
管理栄養学科
Faculty of Health and Nutrition

特色ある授業

実習・実験系

食品衛生学実験

実験を通して食品衛生学の知識を深め
食品の安全に対する実践力を養う

画像

この授業では食品衛生分野の基本的な検査法を学ぶことにより、食品衛生の分野の特性を把握し、実際的な実験技術を習得します。また、衛生管理の指導者としての知識・技術・問題解決能力を養います。栄養士の資格を持つ者に必要な食品の微生物学的および化学的な品質の管理、ならびに食品衛生法で定められた細菌学的規格基準、食品添加物等の使用基準について実験を進めます。授業では主に食品微生物検査、水質実験、食品洗浄の簡易検査、食品添加物の分析、アレルギー物質の検出などの実験を行います。これらの分析法の習得だけでなく、栄養士・管理栄養士として必要な食品衛生法に基づく成分規格、食品添加物などの規格基準などについて実験を通じて理解を深め、食品の安全性に対する関心・理解をさらに高めることを目指しています。

実習・実験系

給食経営管理実習

大量調理実習を通じて栄養・安全・
経営に関するマネジメント力を習得

画像

給食運営実習(基本的な給食運営の技術・知識などを学ぶ実習)の発展形で、大量調理実習を体験し、施設の対象者に合わせた給食を、各施設の特徴を理解した上で体験する授業です。グループ活動を軸に、実習と演習のローテーション形式で授業を行います。栄養面、安全面、経営面のマネジメント能力の育成を目的とします。

講義系

管理栄養士概論

専門職としての「管理栄養士」とは
どのような職業なのか?

画像

専門職としての「管理栄養士」への理解を深めるために、管理栄養士の使命・関連職種との関わり、関連する法律、管理栄養士の歴史、職業倫理、さらに生活習慣病や食糧問題、国民医療費などについて幅広く講義。 学生一人ひとりが目指す管理栄養士のあるべき姿を考え、本学科で学ぶ目的を明確にできるような授業を展開します。

実験・
実習系

食品学実験

さまざまな実験を通して
食品成分の構造や性質をより深く理解する

画像

健康における食品の役割について理解するためには、食品成分の構造や性質、変化などについて学ぶことが重要です。この授業ではまず実験の基本操作と機器・器具、廃液の取扱いから始まって、ビタミン・ミネラルなどの定性/定量方法、品質検査、物性試験、官能検査などについて、実験を通して実践的に学んでいきます。

ゼミ
ナール

基礎演習Ⅱ

食と栄養に関わる課題の考察を通して
専門分野の基礎知識を身に付ける

画像

食と健康に関わる課題の背景を文献等で調べ、課題に対し具体的な解決策をチームで考え、論理的にまとめて発表します。他の学生の発表の内容について適切な質問をする、質問に的確に応答する技術を学ぶとともに、専門教育を受ける上で必要な基礎知識を身に付けます。

ゼミ
ナール

栄養管理海外研修

グローバル社会で活躍する管理栄養士に
なるための知識と語学力を身に付ける

画像

栄養学、栄養管理に関わる語学力を養うとともに、海外の管理栄養士制度や職務についての理解を深めることを目標に、約2週間(ホームステイ)の海外研修を行います。現地では病院・高齢者福祉施設で活躍する管理栄養士やアスリートの栄養管理に携わる管理栄養士の講義を受けます。