法学部
法学科
Department of Law

法学部のコンセプト

6つの履修モデルで、自分の将来を描くための材料を示すとともに、それぞれの進路で必要とされる考え方や知識を段階的に無理なく学びます。

取得可能な教員免許状・資格

◇ 中学校教諭一種免許状(社会)

◇ 高等学校教諭一種免許状(公民)

◇ 社会教育主事(任用資格)

取得を目指す資格

◇ 司法書士

◇ 行政書士

◇ 社会保険労務士

◇ 宅地建物取引士

◇ マンション管理士

◇ 管理業務主任者

◇ ファイナンシャル・プランニング技能士

法学科で身に付く力

  • あらゆる分野で役立つ法知識
  • 法律家としての専門知識
  • 公務員としての実践力
  • 問題解決型の思考力
  • 公共的な領域で幅広く活かせる知識と教養
  • 国際的な企業・機関で活かせる知識と教養
  • 4年間の学び
1年次

導入科目で大学での学びの基礎を身に付けるとともに、「法と政治入門」など全ての履修モデルに共通する基礎的な専門教育科目を履修します。また、将来の進路についてもじっくり考えていきます。

2年次

進路に応じた履修モデルを選択し、各履修モデルの中心となる専門教育科目を履修していきます。また、法学や政治学・行政学の考え方や知識を実践的に学ぶゼミナールで、思考力や判断力を磨きます。

3年次

履修モデルにしたがって、発展的・応用的な科目へと学びを進めるとともに、地域と連携した課題研究やゼミ活動を通じて、より実践的で主体的な学びの力を身に付けます。また、公務員試験対策やインターンシップなどのキャリア対策に本格的に取り組みます。

4年次

公務員試験や就職活動により、卒業後の進路を決定します。また、これまで学んだ知識やゼミでの研究など、大学での学びの集大成として卒業論文を作成します。

詳細カリキュラムはこちらclick