法学部
法学科
Department of Law

学びのポイント あらゆる分野で役立つ法知識や
法律家としての専門知識を養成。
「公務員」「企業」「法律家」をはじめ、
幅広い目標や進路に直結する知識を学修します。

取得可能な教員免許状・資格

◇ 中学校教諭一種免許状「社会」

◇ 高等学校教諭一種免許状「公民」 ほか

法学科で身に付く力

  • あらゆる分野で役立つ法知識
  • 法律家としての専門知識
  • 公務員としての実践力
  • 問題解決型の思考力
  • 国際的な企業・機関で活かせる知識と教養

進路に応じた学び方

目指す将来によって必要な知識は異なります。法学科では、3つの履修モデルを用意し、このモデルを参考にして希望の進路に適した学びが進められるようにしています。1つのモデルを選択することも、自由にカリキュラムを編成することも可能で、将来の選択肢が広がります。

画像

公務員モデル

公務員試験に合ったカリキュラムを提供。国家公務員、県庁、市役所、警察、消防、教員、さらには裁判所事務官、検察事務官、刑務官など、多彩な職種の公務員に対応しています。

法律家モデル

将来、法律専門職や研究者を目指す学生のために、法科大学院へのサポート、資格試験対策、実務演習など、専門知識と実務への理解を修得できる科目を用意しています。

企業モデル

現代社会が求める紛争解決能力(リーガルマインド)を身に付け、商取引や各種契約、事後処理の手続きなど、実際のビジネス現場で役立つ法の知識を学びます。

  • 4年間の学び
1年次

法の基礎となる「憲法」「民法」「刑法」を学び、「法学」で法の全体像をつかむ。幅広い教養を身に付けるため「政治学」「経済学」を履修する。

2年次

法に関する専門性の高い科目を履修する。将来の希望職種にあわせて科目を履修することが望ましい。金融や不動産を目指すなら「物権法」「債権法」は外せない。

3年次

専門演習が始まるので、警察官志望なら「刑法」「刑事訴訟法」のゼミに入る。公務員受験なら「行政法」「環境法」「労働法」を履修する。

4年次

卒業論文の準備のために図書館を利用して、各自のテーマに沿った資料を収集する。年末までには卒論を完成させたい。

詳細カリキュラムはこちらclick